こちらの演目は2015年4月12日に終演となりました

The Harold And Miriam Steinberg Center For Theater(地図
上演時間:2時間40分(休憩なし)

イントゥ・ザ・ウッズ(Into the Woods)|基本情報

The Harold And Miriam Steinberg Center For Theater 111 West 46th Street New York, NY(地図
プレビュー公演 2014年12月18日
オープニング公演 2014年01月22日
公演終了日 2015年04月12日

イントゥ・ザ・ウッズ(Into the Woods)| 見どころ

2014年の年末にアメリカで封切られ、2015年3月に日本でも上映開始となる、メリル・ストリープ、ジョニー・デップ出演の話題のディズニー映画『Into the Woods』が、13年ぶりにブロードウェイの舞台に帰ってきました!
魔女に呪いをかけられたパン屋の夫婦とおとぎ話の主人公たちが、協力しあって魔女からの課題に挑む、ファンタジックでいてメッセージ性の強いこの作品は、もともとは約30年前に創られた舞台作品。日本でも話題必至の最新映画の”オリジナル”を、ミュージカルの本場・ニューヨークで観るチャンスです!

1986年にカリフォルニアで初演され、翌1987年にブロードウェイで幕をあけた本作は、おとぎ話のハッピーエンドの向こう側を描いた意欲作でした。また世界中で親しまれている『シンデレラ』『塔の上のラプンツェル』『ジャックと豆の木』『赤ずきん』の登場人物たちが、ひとつの世界で冒険を繰り広げるという奇想天外な設定は、当時の目の肥えたブロードウェイの観客たちにも驚きをもって迎えられました。 このユニークな作品をより魅力的にしているのは、何といってもスティーブン・ソンドハイムが作詞・作曲した音楽!『ウェスト・サイド・ストーリー』『太平洋序曲』『スウィーニー・トッド』といった名だたる名作ミュージカルを手がけてきたソンドハイムが紡ぎ出す音楽は、ポップでありながら美しい旋律にのせて、物語を分かり易く伝えています。また、自身もトニー賞、ピューリッツァー賞受賞者であるとともに、ソンドハイムの長年の盟友でもある、ジェイムズ・ラパインの脚本・演出は、この奇想天外な物語に、哲学的な深みと普遍性を与えています。
今回の公演は、1名のピアニストといくつかの役を演じわける10名の俳優のみで構成する、初演時にも引けをとらない意欲的な舞台となっています。ユニークでいて深い味わいのある物語を楽しむのもよし。ファンタジックな世界をピアニストと数名の俳優で表現する舞台の素晴らしさを楽しむのもよし。もちろん、映画版と見比べるのもよし。色々な楽しみ方の出来る、売切れ必至のミュージカルです。

イントゥ・ザ・ウッズ(Into the Woods)|あらすじ

おとぎ話の登場人物たちが暮らす世界。そこに子どもをとても欲しがっているパン屋の夫婦がいた。しかし、魔女に子どもが授からない呪いをかけられており、それを解くためには、おとぎ話の主人公たちと、いくつかの課題をクリアしなければならなかった。呪いを解くための課題とは、『シンデレラ』『塔の上のラプンツェル』『ジャックと豆の木』『赤ずきん』の主人公たちと協力し、ミルクのように白い牛、血のように真っ赤な頭巾、とうもろこしのように黄色い髪の毛、黄金に光輝く靴を集めることだった。

幾度かの失敗の後、ついにパン屋の夫婦は、呪いを解くために必要な課題をクリアすることができた。パン屋の夫婦のためにたてた目標を達成できた主人公たちは、そこから強欲であることの落とし穴を学ぶのであった。そして、ジャックとの対決により死んでしまった天空の巨人の妻が復讐のためにやってきた時、主人公たちは、協力し助け合える仲間や家族の大切さに気づくのであった。

イントゥ・ザ・ウッズ(Into the Woods)|動画紹介

イントゥ・ザ・ウッズ(Into the Woods)|座席表

The Harold And Miriam Steinberg Center For Theater の座席表

The Harold And Miriam Steinberg Center For Theaterの座席表

イントゥ・ザ・ウッズ(Into the Woods)の感想|口コミ情報

口コミ情報をお寄せください