New Amsterdam Theatre地図
上演時間:2時間30分(途中休憩1回あり)

アラジン(Aladdin)|基本情報

劇場:New Amsterdam Theatre 214 West 42nd Street
New York, NY 10036(地図
公演スケジュール 日~土(日・水・土は昼公演あり)
休演日:月
初公演日 2014年2月26日:プレビュー
2014年3月20日:オープニング
年齢制限 4歳以上 ※子供料金設定なし

アラジン(Aladdin)|みどころ

英語が分からなくても楽しめるディズニー・ミュージカル

1993年に公開された同タイトルの大ヒットアニメ映画は誰もが一度は見たことがあるはず。
全世界中の子供から大人までを魅力したアラジンの物語が頭に入っていれば、英語を気にせず目の前で繰り広げられる魔法の世界に身を預けるのみ。言葉の壁がないミュージカルの決定版です。

ブロードウェイの演出が魔法の世界に連れて行ってくれる

火花が出る、演者が客席にまで走ってくる、目の前を通り過ぎながら歌い踊る。
ブロードウェイならではの迫力満点の演出を体感したら、釘付けになる事間違いなし。
お子様連れで家族で見に行くお父さん・お母さんも、お子様そっちのけで楽しんでしまうでしょう。

アラジン(Aladdin)|ストーリーあらすじ

砂漠の王国アグラバーには貧しくも清らかな心を持った青年アラジンが住んでいました。
ある日、宮殿を抜け出して市場に遊びに来ていた王女ジャスミンをトラブルから助けて心を通わせるのですが勘違いから捕まえられ、牢屋に入れられてしまいます。

しかしそれは王国の支配を企む国務大臣の魔法使いジャファーが、入る者を厳しく選ぶ虎の姿をした魔法の洞窟に選ばれたアラジンを使い洞窟の奥にある、不思議な魔法のランプを取って来させようとする策略だったのです。ジャファーはみすぼらしい老人の姿で牢へ現れると、ランプを取って来るのと引き換えに、アラジンを脱獄させます。

魔法のじゅうたんの協力で無事にランプを手に入れたものの、ジャファーとの行き違いから、 自らランプを擦ったアラジンはランプの魔人ジーニーの主人となります。どんな願いも3つだけ叶えてやるとジーニーに言われたアラジンは、法律で王子としか結婚出来ないジャスミンとの恋を叶えようと王子アリ・アバブアに変身して宮殿に向かいます。その頃ランプを手に入れそこなったジャファーは自らの魔力で国王のサルタンを操り、ジャスミンと結婚して王位に就こうとしていました。そこへアリ王子として現れたアラジンがジャスミンやサルタンに瞬く間に気に入られていくのを邪魔に思ったジャファーはアリ王子の暗殺を計るものの失敗。ジャファーは失脚し、その裏切りを見事に暴いたアリ王子はジャスミンの結婚相手として大々的に告知されます。

順風満帆な未来が待つかに見えるアラジンでしたが、ジャスミン達を欺いている事実「もし今ジーニーの魔法が解け、アリ王子でなくなったら…」という自分の立場の危うさに、怯えを感じ始めていました。また、失脚し天から地に落とされたジャファーも王国支配を諦めた訳ではありませんでした。

アラジンとジャスミン、そしてジーニーは幸せな未来を手に入れることが出来るのでしょうか…?

アラジン(Aladdin)|動画紹介

アラジン(Aladdin)|座席表

New Amsterdam Theatre の座席表

ニューアムステルダム劇場の座席表

アラジン(Aladdin)|豆知識

2013年のオープン以降、ディズニーファンだけでなく多くの人を魅了し続けているアラジン。
その勢いはニューヨークだけにとどまらず、2015年の劇団四季をはじめ、2016年にはロンドン・ウエストエンド、そしてシドニーでも現在上演されています。

ミュージカル「アラジン」フィナーレ

「千夜一夜物語」の「アラジンと魔法のランプ」を元に作成されたアニメ映画「アラジン」は アメリカでは1993年のビデオ販売数で2400万本を出荷し、日本でも220万本を売り上げ歴代1位を獲得しました。身分の差を越えた愛、種別の差を越えた友情を通して、生きる勇気や希望を与えてくれる素晴らしいストーリーを 砂漠の国アグラバーを舞台にした美しい情景、空飛ぶ絨毯で舞う神秘的な世界観、美しい音楽などで彩ります!

初代アラジン役はアダム・ジェイコブス(Adam Jacobs)

2014年「アラジン」の主人公アラジン役を務めたのは、カリフォルニア出身の若手舞台俳優のアダム・ジェイコブスでした。 ブロードウェイミュージカル「レ・ミゼラブル」でのマリウス役や「ライオンキング」でのシンバ役など、数々の舞台に立ってきた実力派です。ちなみに現在アラジン役を務めているのは、香港出身の両親を持つブルッククリン出身の中国系アメリカ人のテリー・レオン(Telly Leung)で、歌声がアラジンのキャラクターにぴったり合っていると高評価を得ています。

ジャファー役は声優時代からのベテラン俳優

アラジンシリーズに欠かせない名悪役のジャファー役には、声優兼俳優のジョナサン・フリーマン(Jonathan Freeman)が務めていますが、1992年のアニメシリーズからジャファーの声を担当しており、声優での活躍に加え、1970年代からブロードウェイの舞台にも立ち続けています。その合計およそ26年間!過去にはディズニーのブロードウェイシリーズである「美女と野獣」「リトルマーメイド」「メリーポピンズ」にも出演経験がある大ベテランで、若手のサイドを固めてくれる、重要な役割を担ってくれます。

映画からミュージカル舞台化に4年の歳月をかけた名作

「美女と野獣」、「ライオンキング」に「リトルマーメイド」、ディズニーがブロードウェイに送り込んだミュージカルたちはいつも名作揃いです。その中でもアラジンの原作は、1992年の最も成功した映画と言われ、アカデミー歌曲賞をも受賞しています。そして、この名作を舞台化するためになんと製作期間約4年を費やした夢と希望に溢れたトニー賞受賞作品となります。
アニメーションからの舞台化を実現するために、ミュージカルは誰もが驚く仕掛けの連続となっています!大人でも十分お楽しみいただけ、劇場の前は連日家族連れの観客で溢れかえっています。アラジンと言えば空飛ぶ絨毯のイメージがありますが、どのようなワイヤーアクションで表現してくれるのか楽しみです。

ディズニー音楽の巨匠アラン・メンケン(Alan Menken)による楽曲作り

ディズニー音楽の巨匠アラン・メンケン(Alan Menken)
「アラジン」の原作・ミュージカル共に音楽を手がけているのは世界的作曲家アラン・メンケン(Alan Menken)です。 「リトルマーメイド」や「アラジン」を始め「美女と野獣」等、数々のディズニー映画の楽曲、主題歌を手がけ、今まで8つのオスカー賞を受賞し、オスカー賞の最多 受賞記録保持者でもあります。その他にも11のグラミー賞や7つのゴールデングローブ賞など、名実ともに世界にその名を轟かせる作曲家です。今回のブロードウェイ版では、名曲「ホール・ニュー・ワールド」はもちろんのこと、映画版ではカットされた友人についての曲「Omar, Babkak and Kassim」や母親の歌う「Proud of Your Boy」なども歌っています。

さらに舞台用に書き下ろされた新作で、アラジンとジーニーの友情を歌う「Somebody’s Got Your Back」が追加されていてミュージカル界だけではなく、音楽界やディズニーファンからも大注目となっています。

「ブック・オブ・モルモン」でトニー賞を受賞した演出と振り付けを担当

本作品の物語は、魔法のランプが登場する不思議な世界、そしてディズニー映画ならではの軽快なテンポで語られています。走って、逃げて、闘って、笑って、泣いて、出会って、別れて、結ばれて・・・。 そんなアクション・アドベンチャーを舞台化するにあたり、ミュージカル「ブック・オブ・モルモン」でトニー賞を受賞した、ケイシー・ニコロウが演出、振り付けを担当しています。

コミカル、また圧倒的なパフォーマンス、演劇界で知られるトリックというトリックを全て使った舞台演出となり、幼いころ誰もが一度は夢見た空飛ぶ魔法のじゅうたんが目の前に現れるシーンは目を疑う演出で、釣ってるワイヤーなどが一切見えない・・・!?
まばたきさえできないマジカルな演出続きに夢の世界に引き込まれること、間違いなしです!

アラジン(Aladdin)|制作スタッフ

音楽・歌詞 Howard Ashman
Alan Menken
Tim Rice
Chad Beguelin
台本 Chad Beguelin
監督・振付 Casey Nicholaw
舞台デザイン Bob Crowley
衣装デザイン Gregg Barnes
照明デザイン Natasha Katz
音響デザイン Ken Travis
オーケストラ Danny Troob

アラジン(Aladdin)の感想|口コミ情報

  1. ともえ
    |

    昨年あっとニューヨークでアラジンのチケットを直前購入しようとしたら、直前すぎて割引チケットがなくて断念していたので、今回、2ヶ月前に問い合わせしたらこのサイトを教えてもらって、ばっちり手配できました。
    1階席の真ん中で(そこまで前じゃなかったですが・・・)とても楽しめました。
    お電話で話した魔法のじゅうたんのトリック、私は分かりましたよ!
    またここでチケットを購入させていただきます。

    4
  2. mori
    |

    家族で楽しめる作品。
    普段はうるさくしている子供たちもミュージカルに夢中でした。
    親はビールを飲みながらいい気分でした♪

    3
  3. 家族
    |

    オーケストラ席の真ん中でした!!座席指定不可で購入時は不安でしたが、劇場でチケットを交換していざ座席へ向かうと、
    ドマン中の席でした!ジーニーが目の前に見れて大興奮!!実は友達はジーニーが好きで、ジーニーTシャツを着てきていたので、気づいてくれるかなと期待してみたり。。笑 アラジン見て良かったです★

    5
  4. ALADDIN
    |

    チケット窓口がわかるかなとか不安で、たくさん質問してすいませんでした。。(^_^;)
    開演前にもかからず、窓口ではチケットを買う長蛇の列ができており、
    アラジンは本当に人気な演目なのだと思いました!ちらっと料金みてみたら、ん!?$212!?
    高くてびっくりしました、自分はバウチャーで100どる以下の安い席を購入したので、
    窓口で買うとこんなに高いんだと..。日本で事前に購入してよかったです♬

    5
  5. じょじょの奇妙な体験
    |

    人気のミュージカルなので、予約しておいて正解でした。
    子供から高齢者までわんさかわんさか、劇場前はタイムズスクエアのど真ん中で人だかりがすごかった
    さすが世界の中心地だな~と実感しました。

    4
  6. じょー
    |

    誰もが楽しめるショー。
    日本人には分かりやすいんじゃないかな。

    4
  7. まじんぶう
    |

    せっかくのニューヨーク旅行だったので、ミュージカルは絶対観たい!と思い、
    ニューヨークに住んでいる友人にどのミュージカルがお勧めかと聞いてみるとアラジンがいいよとのこと!
    友人のアドバイスを元にアラジンを観ることにしました。
    綺羅びやかな舞台衣装、ジャスミンがとても可愛かったです!
    話の内容も分かるので、英語は分からなくても楽しめます!!
    見終わったあともしばらく夢見心地な気分が抜けず。。やはり本場のミュージカルには圧倒されますね!

    5
  8. あさこパパ
    |

    音楽と衣装とダンスとこれぞブロードウェイ!という感じですな
    娘も楽しんでくれてチケット買って良かったです。

    5
  9. にも
    |

    やっぱり本場のブロードウェイは違う!
    役者さんとオーケストラが息を合わせて、生の舞台を作り上げているのが伝わります。
    歌もダンスも伸び伸びしていて、楽しかったです。
    おすすめの席はオーケストラの中央。
    歴史あるニューアムステルダム劇場の重厚感も感動的でした。

    4
  10. L>L
    |

    急な購入にも関わらず、メールにて対応してくださり本当に感謝しております。
    今回が初のブロードウェイ観劇だったのですが、最後は感動のあまり涙が止まらなくなるほど、素晴らしい体験をすることが出来ました。ご準備いただいた座席からも舞台の様子、俳優さんの表情などが観ることができ肌で感じることができました。
    次回、ニューヨークへ再び行く際にはまた利用したいとおもいます。

    5
  11. りも
    |

    とても面白い作品でした!特にジーニー役の俳優さんの歌と踊りとジョークがとにかく凄くてみる価値があります。
    魔法を実現させている舞台装置やキラキラでカラフルでエキゾチックな衣装、夢のある物語設定など感動することばかりでした。
    映画の世界を見事に表現していて急に衣装が変わったり、空飛ぶ絨毯や、激しいダンスなどなど。。
    過去に見たブロードウェショーの中でも最高でした。
    俳優さんの出待ちをしようかと思うくらい素敵なショーでした。行ってよかった!

    5
  12. アラキ
    |

    マジックが終始行われているような空間!
    あれはどうやってやったんだろうとか考えているうちにストーリーもどんどん展開していって、
    目が離せなくなりました!!
    絶対お勧めなので見て欲しいです!

    5
  13. レッド
    |

    ジャスミン役の子がナイスバディ!歌もうまくて最高でした。
    結構笑えるところもあって、うまくストーリー構成できているなと思った。

    4
  14. sachi
    |

    もう一回みたい!夢の世界に行った気分でした。
    小さい頃からよくアラジンを見ていたので魔法の絨毯のシーンは鳥肌でした。

    5
  15. 竜一
    |

    個人的にはライオンキングより断然面白かった。
    レベルが劇団四季とかと比べると一流すぎてびびる

    4
  16. ひろ子
    |

    チケット購入しようと色々探していたところこのサイトにたどり着きました。
    全て日本語なので助かりました。ありがとうございました。

    会場はそんなに大きくはなく、満席。ディズニー映画「アラジン」を観た人は絶対観るべきだと思いました。
    開始が5分くらい押してはじまりましたが、休憩までの約1時間半まであっというまで15分の休憩後もすぐにあっという間に終わってしまったという感じです。
    女性トイレは必ず混みますので、真ん中の席の人は要注意してくださいね。ここの会場のトイレは数が多かったのでまだスムーズに行ったとは思いますが。「アラジン」ファンの人には絶対観てほしい作品です。

    4
  17. ママ友
    |

    ミュージカルは6歳以上から、と聞いていたので、子供を預けて見に行きましたが、いざ行ってみたら小さい子供たくさんいっぱいいたし!こんなことなら一緒に連れてきてあげたら良かった…。次回は絶対!
    3歳くらいの子供も普通に膝上で見てました。多少騒いでも大丈夫な感じでしたよ。

    3
  18. みそじ
    |

    席は2階席メザニンの一番前で見ました!
    チケットはちょっと予想以上に高かったけど、その分見ごたえのあるミュージカルでした!!
    踊りと衣装がそれぞれマッチしていました。空とぶ絨毯には本当にびっくり!

    3
  19. さちこ
    |

    友達が魔法のじゅうたんがどうやって飛んでるか絶対分からないから見てみて!と言ったので見ましたが、感動しすぎてトリックを見破るどころじゃなかったです。

    4
  20. しゃちほこ
    |

    やはり映画と違って人で演じてしますとディズニー間がなくなってしまい残念でした。ジーニーは人気な理由が分かるほど、きちんと演じてお~となりました。まあ映画と舞台は違うからこそ味がでていいんでしょうね。日本人なら好きかも。

    1
  21. クロキ
    |

    主役が代役の方で少し残念。。
    歌はまあまあでしたが、当日にならないと誰が出るかわからないからしょうがないですよね。。
    本物が観たかっただけに残念でなりません

    1
  22. しんしや
    |

    息子も大満足の舞台でした!ディズニーの映画を観たことがあったので、役者さんが何言っているのかはさっぱりでしたが問題なく楽しめました。やはり家族連れの方が多いようで、私達が見に行った日は劇場はほぼ満席状態でした。歌も踊りも満載でとても良かったです。

    2
  23. 匿名
    |

    高いお金を払ってチケットを買ったのにガッカリでした。本当にミュージカルなのか疑わしい程の低クオリティー、2時間半もただただ舞台上で役者が下手なパントマイムを披露しているだけの舞台、ブロードウェイミュージカルを見に来たつもりが、学芸会の出し物でも観ている様な気分でした。歌も踊りも本当に微妙としか言いようがなく、本当にこれが大人気な理由がわかりません。

    1
  24. オーケストラで’
    |

    ショー自体はとても良く舞台もきれいで素敵でしたが、公演当日にようやく見る決心をしたこともあり、
    当日は既にバルコニー席しかない状態、あまり見えないかもと言う助言をいただきましたが、
    翌日に帰国することもあり、なんとか帰る前の思い出づくりをと思い、バルコニー席のチケットを購入、
    結果で言うと、やはりバルコニー席を買うべきではなかったです。舞台を上から見下ろす形で、役者たちの頭のてっぺんばかり見える上、ステージ裏のスタッフの動きまでも見えてしまい、少し興ざめしました。歌や踊りはとても素晴らしかったのですが、いかんせん席があまりに微妙過ぎる。もしチケットが残っているならばオーケストラかせいぜいメザニン席までを買うことをおすすめします。

    2
  25. チムチムチェリー
    |

    衣装やセットがとても凝っていて開演前からテンションがあがってしまいました。
    そして開演後はただただ舞台に釘付けになってしまいました、
    特にジーニーを演じる役者さんが素晴らしかったです。
    正直ランプの精はあまり好きではなかったのですが、一気にファンになってしまいました!
    実際、アラジンよりもジーニーのほうが舞台上で存在感があり、歌も踊りも良かったです(無論アラジンもいいのですが…)

    5
  26. みきし
    |

    曲を事前に予習していたのでもっと入り込んで楽しむことができました♪
    毎日こんな公演をこなしているブロードウェイの方たちはすごいなと関心します。

    3
  27. ジャスミン茶
    |

    アラジンを見たことある人ならわかるおなじみの曲ばかりで楽しめます。家族連れが多く、小さな子どもも多かったです。
    空飛ぶ絨毯のシーンも楽しみにしていたのでみれて感激。A Whole New Worldも聞けてテンション上がりました!
    一度は観に行ってほしい~!

    4
  28. 53
    |

    生まれて初めてのニューヨークで生まれて初めてのミュージカルを鑑賞してきました。とても素敵な思い出ができたと思います。
    この舞台を観たことでミュージカルに目覚めてしまい、日本に帰ってからも劇団四季の舞台を見に出かけたりしましたが…やはり本場のミュージカルは段違いです!特にジーニーは本当に印象的で、他の役者が霞んで見えるほどの存在感でした。
    アラジンよりもジーニーの方が主人公としてふさわしい気がします。絶対見るべき作品です!

    5
  29. つーるん
    |

    ライオンキングとアラジンで迷いましたが最終的にアラジンを選択、自分にとっては決して安くない値段のチケットを買い、
    面白くなかったらどうしようかと思いましたが…後悔しない結果となりました。
    舞台セットの色使いから衣装のデザイン、そして劇中の様々な仕掛けがすばらしくて終始感嘆の声を上げていました。
    特に空飛ぶ絨毯が印象に残りました、どうにかして仕組みを見切ってやろうと目を凝らしてワイヤーを探したりしましたが、結局見つからなかったので、次の機会があれば今度こそ看破しようと思います。
    そして主人公のアラジンの演技も素晴らしくて、アニメーションの舞台化程寒いものは無いと思っていましたが、
    さすがはブロードウェイクオリティー、ガッツリ世界観に引き込まれてしまい、あっという間の2時間半でした。

    4
  30. たつろう
    |

    想像以上に良かったです。金曜日の朝に思い立ちチケットを購入、当日と言うことで売り切れていないか少し心配でしたが、幸運にも1階のオーケストラ席でチケットをゲット。1階と言っても一番うしろの席だったので期待はしていなかったのですが、思いの外ステージが近く感じました。一人で見に行ったのが良かったのか、最後列でしたがど真ん中の席だった上、前の席がちょうど空いていて、視界を遮るものがなく、とても満足しました。
    ミュージカル自体も素晴らしく、正直アラジンは少し子供向けだと認識していましたが、そんなことはなく、
    いい大人が一人で魔法の絨毯に大はしゃぎしてしまいました。
    英語はちんぷんかんぷんですが、大体の話は知っていたので全く問題なく楽しめました。

    4
  31. タメック
    |

    以前にライオンキングのミュージカルを観て大変満足したこともあり、今回はアラジンをと言うことで妻と一緒に観てきました、全体的にとても良かったと思います。
    ショー自体は素晴らし方のですが、少し残念だったのジャスミン役の方の声量がイマイチだったことでしょうか、
    一番楽しみにしていた「a whole new world」が少し微妙な仕上がりになっていました。
    少し残念ではありましたが満足の行く物を見れたと思います。

    2
  32. 杉田
    |

    心から笑って楽しめました!ミュージカルがこんなに楽しいなんて!!
    アラジン役は個人的にイマイチでしたが、ジーニーは最高でした。
    ディズニーのアニメを見て予習していきましたが、アニメ以上の存在感でした。子供でも、大人でも十分笑えます。感動できます。劇団四季も評判良いようですが、やはり、日本人ではなく、英語でやるのが、このミュージカルは素晴らしいです。

    5
  33. 風君まま
    |

    息子はアラジンよりはキャッツを見ようと意気込んでいたのですが、お姉ちゃんに負けて渋々アラジンを見ることに。
    開演前まではふてくされて大変でしたがいざ開演してみるともう舞台に釘付けでさっき不機嫌だったのに一気にご機嫌に。
    フライングカーペットの登場で姉弟揃って大はしゃぎ。ミュージカルが終わる頃は満面の笑みでにっこにこ、思わず笑ってしまいました。
    やはり子供連れが目立っていましたが、大人の私が観ても十分に面白い内容でした。

    3
  34. ドリ
    |

    3歳の娘は爆睡。親の私の方はずっと釘付けでした!

    4
  35. ランプの精
    |

    アラジンは原作映画をなんども観た大好きな作品です、ブロードウェイでミュージカル化したということで、
    これは絶対に見逃せないと弾丸で三日間ミュージカル三昧の旅行を敢行。
    一言で言うとミュージカルにはミュージカルの良さがあるということです。
    舞台自体はとても良くて、衣装もセットも役者も文句なしですが、
    映画とは別なものだと認識して行ったほうがいいのかもしれません。
    やはり人間だと動きに限界があるのかもしれません…
    ですが魔法の絨毯の演出には驚きました、絶対にワイヤーで釣っていると頭でわかっていても、
    まるで本当に浮いているように見えてしまいます。
    「Friend like me」と「a whole new world」には本当に感動すら覚えました。
    素晴らしかったです!

    3

口コミ情報をお寄せください