» » イリュージョニスト
The Illusionists

こちらの演目は2019年11月29日から2020年1月5日までの期間限定公演です。

Neil Simon Theatre(地図
上演時間:2時間10分(途中休憩1回あり)

イリュージョニスト(The Illusionists)|基本情報

劇場:Neil Simon Theatre 250 W 52nd St, New York, NY 10019(地図
初公演日 2019年11月29日
公演終了予定日 2020年1月5日

公演スケジュール

基本的に平日は一日1公演、週末は一日3公演ございます。
以下の表にて、各月の「+」をクリックすると、スケジュールが表示されます。
※お申込みの際は、ご希望の日時を第2希望までお伝えください。

11月29日(金) 3:00 PM, 8:00 PM
11月30日(土) 11:00 AM, 3:00 PM, 8:00 PM
12月1日(日) 1:00 PM, 6:30PM
12月3日(火) 7:00 PM
12月5日(木) 7:00 PM
12月6日(金) 8:00 PM
12月7日(土) 11:00 AM, 3:00 PM, 8:00 PM
12月8日(日) 11:00 AM, 3:00 PM
12月10日(火) 7:00 PM
12月12日(木) 7:00 PM
12月13日(金) 8:00 PM
12月14日(土) 11:00 AM, 3:00 PM, 8:00 PM
12月15日(日) 11:00 AM, 3:00 PM
12月17日(火) 7:00 PM
12月19日(木) 7:00 PM
12月20日(金) 8:00 PM
12月21日(土) 11:00 AM, 3:00 PM, 8:00 PM
12月22日(日) 11:00 AM, 3:00 PM, 8:00 PM
12月23日(月) 11:00 AM, 3:00 PM, 8:00 PM
12月25日(水) 7:00 PM
12月26日(木) 11:00 AM, 3:00 PM, 8:00 PM
12月27日(金) 11:00 AM, 3:00 PM, 8:00 PM
12月28日(土) 11:00 AM, 3:00 PM, 8:00 PM
12月29日(日) 11:00 AM, 3:00 PM, 8:00 PM
12月30日(月) 11:00 AM, 3:00 PM, 8:00 PM
1月1日(水) 7:00 PM
1月2日(木) 3:00 PM, 8:00 PM
1月3日(金) 3:00 PM, 8:00 PM
1月4日(土) 11:00 AM, 3:00 PM, 8:00 PM
1月5日(日) 11:00 AM, 3:00 PM

イリュージョニスト(The Illusionists)|みどころ

11/29~翌1/5:期間限定!世界トップクラスのマジックを目の前で!

2019年ホリデーシーズン限定ショー「The Illusionists—Magic of the Holidays」
毎年冬になると、ブロードウェイでは1ヶ月期間限定のマジックショーで盛り上がります。イリュージョニスト(The Illusionists)は、毎年会場を変えて、出演メンバーを変えて興行する事でも有名ですが、今年も、2019年11月29日~2020年1月5日の期間限定で世界トップレベルのマジシャンが、ブロードウェイでイリュージョンを魅せつけます。
2014年からブロードウェイ公演が開始し、2015年、2016年、2018年と公演を大成功させたイリュージョニストの2019年版のタイトルは「The Illusionists—Magic of the Holidays」。日本ではなかなか見ることのできない大規模なマジックは、上演時間ずっと息を飲むほどハラハラ・ドキドキの連続です。ホリデーシーズン限定のプレミアム公演を是非体験して下さい。

イリュージョニスト(The Illusionists)|動画紹介

イリュージョニスト(The Illusionists)|座席表

Neil Simon Theatre の座席表

Neil Simon Theatre の座席表

イリュージョニスト(The Illusionists)|豆知識

今年で5度目となる「イリュージョニスト(The Illusionists)」 はサイモン・ペインター(Simon Painter)を筆頭に、製作総指揮のティム・ローソン(Tim Lawson)、マジックスペース・エンターテインメント(Magic Space Entertainment)、ザ・ワークス・エンターテインメント(The Works Entertainment)によって制作されており、毎年度マジシャンが変わることでも有名です。

サイモン・ペインター(Simon Painter)

イギリス・ロンドン生まれ。カリフォルニア州在住。クリエイティヴ・プロデューサーとして2004年から世界各国で活躍。次代のシルク・エンタテインメントを担う演劇プロデューサーの一人。ラスベガスで上演された『Spirit of the Dance』のソロ・ヴァイオリニストとして演奏家活動をスタートし、同公演の世界ツアーに参加。08年にシドニー・オペラ・ハウスで上演した初プロデュース作品『ル・グラン・シルク』は10日間で4万人以上を動員、同劇場の歴代最高興行記録を打ち立てる。続いて『Aerial Dreams』『Adrenaline』を2作連続上演し、高い評価を得る。また、ル・グラン・シルクは10年に世界各国で異例の5作同時上演を実現。同年、新たな試みとしてさまざまなジャンルのマジシャンたちを結集させたマジック・ショー『The Illusionists』を製作し、オーストラリア、アジア、南米でのツアー公演を成功に導いた。本作『ルノア』で日本初上陸を果たす。

出演マジシャンの紹介

クリス・コックス

クリス・コックス(Chris Cox)

メンタリスト(読心術)。2019年ロンドン公演とノースアメリカツアー公演に参加。
世界各国のトップマジックショーの常連マジシャンである彼は、話術と人間心理を熟知した「世界有数のマインドリーダー」と称されています。実際のパフォーマンス動画はコチラ >>

ポール・ダベック

ポール・ダベック(Paul Dabek)

コメディアン術師。2019年ロンドン公演とノースアメリカツアー公演に参加。
ユーモアさと個性さ、そしてカリスマ的才能を持ち合わせた彼のパフォーマンスは、若手ナンバーワンマジシャンと称さるほど絶大な人気を誇るイギリスを代表するマジシャンです。実際のパフォーマンス動画はコチラ >>

ケビン・ジェームス

ケビン・ジェームス(Kevin James)

マジシャン。2度出演経験有り。
デビューしてから25年以上の経歴を持つアメリカの大御所マジシャン。彼が生み出した紙のバラを本物のバラに変えてしまうマジックは、彼の代表マジックの一つして知られています。実際のパフォーマンス動画はコチラ >>

キム・ヒョンジュン

キム・ヒョンジュン(Hyun Joon Kim)

奇術師。ブロードウェイ公演は初登場。
カードを用いたマニピュレーションを得意とする彼は、本物の魔法と見分けがつかないまでに技術を高めていると絶賛されるほど、韓国を代表する若手マジシャンです。実際のパフォーマンス動画はコチラ >>

エスオーエス&ビクトリア・ペトロシャン

エスオーエス&ビクトリア・ペトロシャン(Sos and Victoria Petrosyan)

幻想変換術師。1度出演経験有り。
ロシア出身の男女カップルである彼らは、2分で16の衣装の早着替えの世界記録保持者としてギネスブックに登録されています。実際のパフォーマンス動画はコチラ >>

エンゾー・ウェイン

エンゾー・ウェイン(Enzo Weyne)

マジシャン。ブロードウェイ公演は初登場。
一般人のときに出演したTV番組からデビューを果たしたマジシャン。彼が魅せるダイナミックなパフォーマンスに注目です。実際のパフォーマンス動画はコチラ >>

イリュージョニスト(The Illusionists)過去の公演情報

2014年の初公演から、今回で5度目となるイリュージョニスト。
クリスマスホリデー期間限定の演目にも関わらず、毎年注目されるには理由があります。

初公演となった2014年の「The Illusionists – Live from Broadway」では、当時テレビに引っ張りだこのアダム・トレント率いる有名マジシャン7名が出演して、TVではなく生のステージで手品が見れる期間限定演目として一躍有名となりました。当時、ブロードウェイでは、劇、ミュージカルはもちろん、シルク・ド・ソレイユのアクロバティック・サーカスなどでも賑わっていましたが、「マジック・手品」というジャンルで大きく興行しているものがなかったため、自然と注目が集まりました。

「ニューヨークにまで来てマジック・ショーなんて見たくない」と思われるかもしれません。気持ちは分かりますが、世界中のTVで報道されたような、世界トップクラスのマジシャンが来る、としたら話は別だと思います。

過去に4度ブロードウェイで成功しているThe Illusionists

2015年度のイリュージョニスト(The Illusionists)
しかも、そのマジシャンの人数が1人ではなく、たくさんいて、それぞれが得意とするマジックを1つのステージで惜しみなく堪能できるとすれば、とても贅沢な話です(しかも全員がソロツアーでチケット完売させるレベルのマジシャンです)。初公演で大成功を収めたイリュージョニストは、翌年の第二回公演では「The Illusionists – Turn of the century」というタイトルで、マジシャンの人数を増やした9名で公演し、さらに反響を呼びました。この頃から、「毎年手品師が代わり、マジックの内容や規模も異なる」という事がニューヨーク中に口コミで広がり、今ではニューヨークの年度末の風物詩となるほど成長したエンターテイメントとなっています。

ブロードウェイ初公演:The Illusionists – Witness the Impossible

劇場: Marquis Theatre 210 W 46th St, New York, NY 10036(地図
初公演日 2014年11月26日:プレビュー
公演終了日 2015年1月4日

第2回:The Illusionists – Live from Broadway

劇場:Neil Simon Theatre 250 W 52nd St, New York, NY 10019(地図
初公演日 2015年11月19日:プレビュー
公演終了日 2016年1月3日

第3回:The Illusionists – Turn of the Century

劇場:Palace Theatre 1564 7th Ave & W 47th Street, New York, NY 10036(地図
初公演日 2016年11月25日:プレビュー
公演終了日 2017年1月1日

第4回:The Illusionists—Magic of the Holidays

劇場: Marquis Theatre 210 W 46th St, New York, NY 10036(地図
初公演日 2018年11月23日:プレビュー
公演終了日 2018年12月30日

イリュージョニスト(The Illusionists)の感想|口コミ情報

  1. 世界1のエンターテイメント
    |

    こういうのいいですね!ラスベガスのように観光にきた感じがします。
    にしてもマジシャンって本当にすごい、真ん前の席でみましたが、まったくわからなかったです笑

    4
  2. MIHIRO
    |

    イリュージョニストですね!チケットの販売があるといきいてとても嬉しいです。
    私は2014年に見に行ったことがあるのですが、その時の感動が忘れられません。
    また今年、ニューヨークへいくチャンスができたので、チケットのお問い合わせしたいと思います。

    4

口コミを書く