Brooks Atkinson Theatre(地図
上演時間:2時間30分(途中休憩1回あり)

ウェイトレス(Waitress)|基本情報

劇場:Brooks Atkinson Theatre 256 West 47th StreetNew York, NY 10036 (地図
公演スケジュール 火~日(日・水・土は昼公演あり)
休演日:月
初公演日 2016年03月25日:プレビュー
2016年04月24日:オープニング

ウェイトレス(Waitress)|みどころ

ブロードウェイ史上初!女性のみで制作された作品

2007年に公開された同名の映画を元にしたウェイトレスは、ブロードウェイ史上初の女性クリエイターのみで作られた作品です。全曲作詞作曲を担当したシンガー・ソングライターのサラ・バレリス(Sara Bareilles)に加え、脚本家、演出家、振付家の全てが女性!女性だからこそ描くことができる、女性が自分の人生を切り開いていくたくましさ、そして女性同士の友情などに心動かされること間違いなし。

ザ・アメリカンコメディー・ミュージカルを見たい方にお勧めの作品

一件どこでもありそうな不幸な女性を描いた物語に見えますが、その不幸を笑いに変えてしまう”ザ・アメリカンコメディーの王道“といえる作品です。笑いあり涙あり、どこか心温まる本作品は、元気になるミュージカルを観劇されたい方にお勧めの作品です。さらに物語だけでなく、小道具として出て来るパイにも大注目。休憩時間にお土産として販売しているビン入りのパイを食べて、ダイナー気分を味わうのもいいかもしれません。

ウェイトレス(Waitress)|ストーリーあらすじ

田舎にあるダイナーでウエイトレスとして働くジェナは、パイを作ることに関して天才で、毎日頭の中に思い浮かんだパイを作ってはお店に出しています。しかし、私生活では嫉妬深く、すぐに仕事をやめてしまう夫のアールにうんざり。
そんなある日、ダイナーの常連であるジョーから、パイコンテストが開かれることを教えてもらい、ジェナはこの賞金を得て、家を出ることを考えつきます。
ところがそんなタイミングで、妊娠が発覚。通っていた産婦人科に行くと、かかりつけの先生がいなくなっており、代わりにいたのが若いジム・ポマター医師。ジェナはこの妊娠は嬉しくないから、おめでとう、などとは言わないで欲しいと頼みます。
何度か検診でポマター医師の元を訪ねているうちに、二人は深い関係になります。一方で同じダイナーで働くドーンは オンラインデートで出会ったオギーに付きまとわれています。もう一人の同僚のベッキーも、何やら秘密が…。3人はそれぞれ幸せを勝ち取ることができるのでしょうか。

ウェイトレス(Waitress)|動画紹介

ウェイトレス(Waitress)|座席表

Brooks Atkinson Theatre の座席表

ブルックス・アトキンソン劇場の座席表

ウェイトレス(Waitress)|制作スタッフ

制作スタッフ

音楽・歌詞 Sara Bareilles
台本 Jessie Nelson
監督 Diane Paulus
振付 Lorin Latarro
舞台デザイン Scott Pask
衣装デザイン Suttirat Larlarb
照明デザイン Christopher Akerlind
音響デザイン Jonathan Deans
オーケストラ Sara Bareilles
The Waitress Band

ウェイトレス(Waitress)の感想|口コミ情報

  1. EMIRI
    |

    衣装がまさにアメリカのダイナーにいそうな感じでとても可愛い!
    役者もそれぞれのキャラが個性高く、アメリカンジョークは分からないけど見ていて面白かったです。
    パイがたくさん出てくるので観劇後に食べにいっちゃいました!笑

    4
  2. みみた
    |

    映画が大好きで、せっかくならということで見てました。衣装も演出も可愛いかったです♪
    アメリカンジョークが飛び交うので、英語が分からないと少し難しいかも?

    3
  3. えさき
    |

    とても良かったです!初めてのニューヨークでちゃんとチケットが取れるか心配でしたが、あっさりとチケットをゲット。
    ミュージカルはさすがのクオリティーで楽しめました。
    舞台自体もコメディタッチで笑いが止まりませんでした。
    正直セクシャルなジョークも多いので、子供向けではないと思いますが、
    やはりアメリカは多少開放的なようで、
    ちらほらとお子様連れも見かけました…

    3
  4. ばとー
    |

    友人に進められて見に行ってみたのですが、英語が得意ではない私には少しむずかしい内容でした。
    まず友だちから大体の話の内容を聞いていたのにも関わらず、途中から話を見失ってしまい、
    舞台上で役者さんがジョーク(多分)を連発していても、周りが笑う中意味もわからずひたすら苦笑い、
    少し英語の実力が求められるミュージカルかもしれません。
    舞台の歌と踊り自体はとてもよくて楽しめたのですが、少し残念です…

    2
  5. 無名
    |

    映画を見たことがあるのですが、正直映画の方が良かった気がします…
    舞台版はあまりにコミカルに描かれていて、映画にあったシリアスさがなくなっていて脚本が台無しでした。
    がっかりです。

    1

口コミ情報をお寄せください