Gerald Schoenfeld Theatre(地図
上演時間:1時間40分(途中休憩なし)

カム・フロム・アウェイ(Come From Away)|基本情報

劇場:Gerald Schoenfeld Theatre 236 West 45th Street New York, NY 10036(地図
公演スケジュール 火~日(日・水・土は昼公演あり)
休演日:月
初公演日 2017年02月28日:プレビュー
2017年03月12日:オープニング

カム・フロム・アウェイ(Come From Away)ご観劇の前に

今作品はセリフも多く、劇内で多くのアメリカンジョークが飛び交います。
これから観劇を予定している方や英語が苦手な方には、是非このページ読んでからご観劇されることをお勧めいたします。

カム・フロム・アウェイ(Come From Away)|みどころ

9.11アメリカ同時多発テロ事件の裏で起きた真実の物語

本作品は、大惨事となった911同時多発テロの裏で本当に起こった実話を基に作られたミュージカル作品であり、元々あまり知られていなかった物語でしたが、ブロードウェイミュージカル作品となったのをきっかけに全世界広まった作品です。

「38つの異なる国から着陸した飛行機、7000人の乗客、1つの小さな町」という看板が劇場入り口に掲げられている

38の飛行機で7000人の乗客が1つの町へ

合計38つの異なる国から来た飛行機が、
行き先を失った総数7000人の乗客を、
カナダにあるガンダーという1つの小さな町が、
町総出ですべての人々を迎え入れてお世話としたという、数字だけ見ると本当に信じがたいほどの奇跡の物語を題材にしています。

人種を超えて 人と人が支え合う心温まる物語

心温まる実話を基に制作されたカムフロムアウェイ
本作品のタイトルでもある「Come From Away(カム・フロム・アウェイ)」の意味は、「遠く離れた場所から来る+人種」を指します。“Come from=~から来る” そして“Away=離れた所”。悲惨な事件の裏で起こった知られざる人間物語、人種差別なく人と人との思いやりを描いた今作品は、人種を超え多くの人の心を強く温かくしてくれる作品です。絶対に二度と起きてはいけない事件だからこそ、舞台を通してこの事実を知ってほしい。そんな気持ちの込もった影響力のあるミュージカルを是非ご覧ください!

カム・フロム・アウェイ(Come From Away)|ストーリーあらすじ

舞台の背景となるのは、誰もが記憶している、2001年9月11日に起きたアメリカ同時多発テロ事件。
テロ事件の影響で北米の空域を閉鎖したために、アメリカ国内に入る予定だった38機の飛行機がと7,000人の乗客・乗員が目的地を失いました。目的地に行けない38機の飛行機は、カナダ・ニューファンドランド・ラブラドール州・ガンダーにある「ガンダー国際空港」に降り立ちます。ガンダー空港とは、カナダのニューファンドランド島のガンダーの街に隣接していて普段は合衆国からヨーロッパへの飛行機が燃料補給をする為の国際空港です。

わずか人口1万人であるカナダの小さな町に、人口の約2倍の人種も出身も様々な7,000人もの足止めされた乗客を、ガンダーの住人は温かく受け入れます。さらに、住民たちは自分たちの家に泊めたり、食事を提供し、またバーでは心身とも疲れ果てた7,000人もの人たちと一緒に過ごし、ガンダーの住民は広い心で乗客たちをもてなしました。
果たして行き場を失った7,000人の乗客たちは、無事に自分たちの居場所に戻ることができるのだろうか‥.

カム・フロム・アウェイ(Come From Away)|動画紹介

カム・フロム・アウェイ(Come From Away)|座席表

Gerald Schoenfeld Theatre の座席表

ジェラルド・ショーンフェルド劇場の座席表

カム・フロム・アウェイ(Come From Away)|豆知識

カム・フロム・アウェイ(Come From Away)の原点

ミュージカル「カム・フロム・アウェイ(Come From Away)」
2015年サンディエゴ公演・シアトル公演から始まり、カナダやアメリカの劇場でのトライアウトを重ね、長い道のりを経てブロードウェイに辿り着いた「カムフロムアウェイ」は、2017年3月にブロードウェイのジェラルド・ショーンフェルド劇場にて開幕しました。2017年第71回トニー賞ではミュージカル演出賞を受賞をし、「9.11」をテーマにしたミュージカル作品として多くのメディアに注目を浴びました。
作詞・作曲と脚本はカナダ人夫妻アイリーン・サンコフ(Irene Sankoff)とデヴィッド・ハイン(David Hein)、演出は第55回トニー賞ミュージカル演出賞「The Rocky Horror Show」や第64回トニー賞ミュージカル演出賞「Memphis」を手掛けたクリストファー・アシュリー(Christopher Ashley)です。

何百人もの登場人物を演じ分ける12人の役者

何百人もの登場人物を演じ分ける12人の役者
今作品と他ミュージカルとの大きな違いは、主演という位置づけの役者がおらず、ソロナンバー(独唱)がほどんどいないことです。
主役がいない舞台のことをミュージカルでは“アンサンブルミュージカル”と言います。
役者紹介では12人全員が「代表的な役名+その他」と紹介されており、何百人にものぼる登場人物を12名で演じ分けています。よってトニー賞の主演男優賞と主演女優賞の選考対象者もなく、公演終了後のカーテンコールの並びでも、役者12名が平等の配置です。

また、舞台演出では衣装替えはほとんどなく、小道具、ナレーション、演技、そしてアクセントの使い分けのみで、何百人もの登場人物を演じます。絶え間なく役が入れ替わり、変化する舞台環境の中、どの役にもそれぞれ個性と見せ場があり上手く役割を配分しています。ガンダーの住人と乗客・乗員の日常から非現実的な事件を、リアルに演じる個性豊かな役者に注目です。

実話を基に作成された作品

舞台の基となるアメリカ同時多発テロ事件とは、2001年9月11日にアメリカ合衆国で発生した4つのテロ事件。航空機が使用されたハイジャックは、史上最大規模のテロ事件として、全世界に衝撃を与えました。

キャストと制作軍がガンダーへ降り立った時
今作品は惨事の中で、多くの人々を救ったガンダー住民へ敬意を払って作られた作品だと言われています。ミュージカルの登場人物の多くは、名前まで実在する住人から由来しています。脚本・作詞・作曲を手掛けたアイリーン・サンコフとデヴィッド・ハインは、「カムフロムアウェイ」を制作するにあたり、自ら現地ガンダーに出向き、当事者の方に会いに行きました。また役者も自分たちが演じる役のモデルになった人たちに直接会うなど、当時の場面をそのまま表現することで、より確実にガンダーの方々が行った活動を表現することに力を入れました。

当時、実際に時間を過ごした乗客とガンダーの住民は、現在もなお、その頃の絆が繋がったままです。事件から10年後、彼らが再会した時に残した言葉がこちらです。“Tonight we honor what was lost, but we also commemorate what we found.(私たちが無くしたものは大きいけれど、それ以上に人生において大切な事を見るけることができた。)”また、ブロードウェイ開演直後に、カナダ首相が観劇をした際に残した言葉”The world gets to see what it is to lean on each other and be there for each other through the darkest times.(このミュージカルは、辛いときに頼り合いお互いのために存在する意味を教えてくれる。)”のように、決して他人事ではなく、見ず知らずの人たちを助けることが今の世界に必要なことであると、今作品は私たち世界中に教えてくれます。

歴史上初のアメリカ人女性機長の実話

このミュージカルで一番おすすめの楽曲は、実在の人物ビバリー・ベース(Beverley Bass)の半生を描いた「Me and the Sky」(是非見てほしい動画はコチラ)です。ビバリー・ベースは劇中のパイロット役として登場する人物で、彼女は1976年にアメリカンエアラインに入社後、1986年に歴史上初のアメリカ人女性機長になった人物です。パイロットは男性、フライトアテンダントは女性といった女性パイロットなどあり得なかった第二次世界大戦後の当時に、世界初となる女性機長は世界に大きな男女差別を訴える大きな促進となりました。

若い頃の機長ビバリー・ベース(Beverley Bass)
そして彼女は、2001年9月11日パリからダラスへ向かう飛行機を操縦中に「8時46分にニューヨークでテロ行為が確認された」と報告を受け、彼女もまたアメリカに戻ることできなくなった難民の一人だったのです。この実話を元にした楽曲は、自分の人生の一部である飛行機が一瞬にして多くの犠牲者を出す爆弾として変わってしまった彼女の悲しみと、それでも生きて行かないといけないんだという人々の強い心が歌詞と曲で表現しており、実際に体験した人々の体験談だからこそ、他人の心に生きるということの大切さを響かせてくれる楽曲だと思いました。以下にて、その歌詞を一部ご紹介します。

Me and the Sky

Suddenly I’m flying Paris to Dallas
パリからダラスに向かって飛んでいて

Across The Atlantic and feeling calm
穏やかな気持ちで大西洋を横断していた

When suddenly someone on air to air traffic says
その時突然、誰かが航空無線に向かって言った

“At 8:46 there’s been a terrorist action”
「8:46amにテロ行為が確認された」

And the one thing I loved more than anything was used as the bomb
私が他の何よりも愛したものが爆弾として使われた

カム・フロム・アウェイ(Come From Away)|制作スタッフ

制作スタッフ

音楽・歌詞・台本 David Hein
Irene Sankoff
監督 Christopher Ashley
振付 Kelly Devine
舞台デザイン Beowulf Boritt
衣装デザイン Toni-Leslie James
照明デザイン Howell Binkley
音響デザイン Gareth Owen
オーケストラ August Eriksmoen

カム・フロム・アウェイ(Come From Away )の感想|口コミ情報

  1. まりりんもん
    |

    あっという間の100分でした。
    途中休憩がないという事に劇場に行ってから気付いて慌ててトイレに行きました。
    女性機長役の人の歌声に惚れてしまいました。かっこいい、の一言です。
    最初から最後まで、アメリカの勇姿、みたいな感じが演出されていて、
    余計にアメリカっぽいと思いました。

    ミュージカルとしては、セリフが多い方だと思います。
    役が多すぎてちょっとわかりにくかったのですが、
    とにかく一人二役の人がセリフをあんなけ覚えている、という事に地味に感動してしまいました。

    4
  2. まさのり
    |

    確かに心があたたまると言われれば、温まる。
    このページを読んでから、チケット購入した事については、まったく後悔していないが、
    独特なミュージカルだったが故に私の想像していたのとはちょっと違っていた、という事で3つ星評価。
    おそらくドキュメンタリー系のミュージカルが好きな人はハマると思われる。

    3
  3. マシンガン田中
    |

    9.11の裏でこのようなことが起きていたことをこのミュージカルで知りました。
    自分がもし知らない土地で何が起こったかも分からず何日間も居続けると考えたら、
    想像しただけでも早く自分の家に帰りたいと思います。
    この実話はもっともっと世界の人々が知るべきだと思いました。
    重いだけでなく、ジョーク混じりの舞台に、陽気な音楽は、
    見た後になんだか心が暖かくなるミュージカルでした。

    3
  4. PIKA
    |

    9.11テロが起こった際に、アメリカとカナダでこんな事件が起こっているなんてまったく知りませんでした。悲惨な事件ばかりかと思っていましたが、辛い中見知らぬ人同士が支え合う人間ドラマは本当に感動した。実は観劇前に9.11メモリアルを観光していたこともあり、この作品は人間として生きる意味や、人種を考えさせられる作品でした。主役がいない所もすごいなと。アンサンブル?の舞台は初めてみましたが、ここにも平等というテーマがあるのではないかと感じました。見て良かったです。

    5

口コミ情報をお寄せください