» » キス・ミー・ケイト
Kiss Me, Kate

こちらの演目は2019年6月30日で終演となりました。

Studio 54(地図
上演時間:2時間30分(途中休憩1回あり)

【公演終了】

キス・ミー・ケイト(Kiss Me, Kate)|基本情報

劇場: Studio 54 254 W 54th St, New York, NY 10019(地図
公演スケジュール 火~日(日・水・土は昼公演あり)
休演日:月
初公演日 2019年2月14日:プレビュー
2019年3月14日:オープニング
公演終了日 2019年6月30日

キス・ミー・ケイト(Kiss Me, Kate)|みどころ

ジャズのスタンダード・ナンバーとして愛され続ける名曲の数々

1949年公開のオリジナルブロードウェイ:キス・ミー・ケイト
1949年の初演以來、作曲家コール・ポーターによるキス・ミー・ケイトの楽曲の数々は、多くのアーティストによってカバーされ、ジャズのスタンダード・ナンバーとして知られています。
本作品の代表曲となる「ソー・イン・ラヴ(So in Love):動画 ▶」「トゥ・ダン・ホット(Too Darn Hot):動画 ▶」「アナザー・オープニング(Another Op’nin, Another Show):動画 ▶」は、19世紀を代表する歌手(パティ・ペイジや、エラ・フィッツジェラルドなど)によってジャズの定番曲として世界中に広まりました。

キス・ミー・ケイト(Kiss Me, Kate)|ストーリーあらすじ

メリーランド州ボルチモアにある劇場で、シェイクスピアの「じゃじゃ馬ならし(The Taming of the Shrew)」の試演が行われていました。
劇団の主演男優フレッドと主演女優のリリーは、些細なことで喧嘩をし、ふとした意地の張り合いが原因で離婚したばかりの夫婦で、お互い相手の存在が気になりつつも、フレッドにはいい感じの若手女優ロイスという存在がおり、リリーには将軍の恋人がいました。

そんなある日、舞台開演前にリリー宛てに大きな花束が届きます。送り主を見てみると、なんと離婚をした元夫フレッドからのものでした。リリーは大喜びし、花束と一緒に添えられていたメッセージカードとともに舞台に上がりますが、そのメッセージカードの中身を見てみると、実はその花束はフレッドの恋人ロイスに宛てたものだったのです。それに気づいたリリーは大激怒、舞台に出演しないと言い放って劇場から去ってしまいました。

当然のごとく大騒ぎとなっている舞台裏に追い打ちをかけるように、騒ぎの発端であるフレッドが抱えていた借金のために、取り立て屋が楽屋まで押し寄せてくる始末。フレッドは、借金を返すお金を稼ぐために何としても主演女優であるリリーを舞台に引き戻し、この公演を成功させる必要があるのですが…。

キス・ミー・ケイト(Kiss Me, Kate)|動画紹介

キス・ミー・ケイト(Kiss Me, Kate)|座席表

Studio 54 の座席表

スタジオ 54 の座席表

キス・ミー・ケイト(Kiss Me, Kate)|豆知識

渡辺謙と共演したベテラン女優ケリー・オハラが登場!

ベテラン女優ケリー・オハラ(Kelli O’Hara)
2019年2月14日~6月2日までの4ヶ月限定公演の新作リバイバル作品「キス・ミー・ケイト」に、2015年公開の「王様と私(The King and I)」で渡辺謙と共演したベテラン女優ケリー・オハラ(Kelli O’Hara)が主役として登場します!ミュージカル「王様と私」では、ミュージカル主演女優を受賞した実力派女優の演技と歌声に注目です!

ジャズの巨匠:コール・ポーターによる作詞・作曲を基に制作

新作ミュージカル「キス・ミー・ケイト(Kiss Me, Kate)」舞台の様子
1949年のオリジナル作品の楽曲を手がけた作曲家コール・ポーター(Cole Porter)による名曲と、1953年公開の同名のミュージカル映画で台本を務めたベラとサミュエル・スペアック(Bella and Samuel Spewack)の脚本をベースに、今回新しく、監督にスコット・エリー(Scott Ellis)、振付に、2014年公開のミュージカル「アフターミッドナイト(After Midnight)」でトニー賞振付賞を受賞したウォーレン・カーライル(Warren Carlyle)が担当します。劇中の見どころとなるダンスシーン「トゥ・ダン・ホット(Too Darn Hot):視聴はこちら ▶」で魅せる迫力の振付に注目です。

コール・ポーター(Cole Porter):プロフィール

1891年6月9日 – 1964年10月15日 アメリカ合衆国の作曲家・作詞家
アメリカ・インディアナ州生まれ。幼い頃からヴァイオリンやピアノを習い、イェール大学卒業後、ハーバード大学に入学するも音楽家としての道を選ぶ。1951年公開のミュージカル「Hands Up」で楽曲制作をし、本格的に作曲家として活動を開始するもブロードウェイでは上手く行かずパリへと渡る。その後、1920年代にブロードウェイの楽曲制作に再び取り掛かり、1932年公開のミュージカル「陽気な離婚(Gay Divorce)」や1949年公開のミュージカル「キス・ミー・ケイト」が大ヒットし、トニー賞受賞の快挙の成し遂げた。当時発表された名曲の数々は、今日のジャズのスタンダード・ナンバーとして受け継がれている。

シェイクスピア喜劇:じゃじゃ馬ならしとは

Kiss me Kateは、1594年にウィリアム・シェイクスピアによって執筆された初期の恋愛喜劇の1つである「じゃじゃ馬ならし(The Taming of the Shrew)」の舞台裏側で起こった、離婚したカップルの男女関係を描いた物語です。身分、容姿、財産などで結婚相手を決める恋愛模様を描いた物語は、その後、世界中で映画、オペラ、バレエ、ミュージカルなど様々な作品の見本となっています。

戯曲「じゃじゃ馬ならし」
シェイクスピアが「じゃじゃ馬ならし」を執筆した時代は、男を優先し女は男に従う男尊女卑が根付いていた時代であり、そんな背景から作品にも数多くの男尊女卑を描いた部分が存在します。当時からこの作品を批判する者は多く、1912年にジョージ・バーナード・ショー(George Bernard Shaw)が執筆した戯曲「ピグマリオン(Pygmalion)」は「じゃじゃ馬ならし」への批判を反映する戯曲だと言われたほどです。ちなみに、戯曲「ピグマリオン(Pygmalion)」は、「マイ・フェア・レディ(My Fair Lady)」の原作という事でも有名です。

初のトニー賞ミュージカル作品賞を受賞した作品

主役のケリー・オハラ(Kelli O’Hara)とウィル・チェイス(Will Chase)
ブロードウェーで上演された演劇・ミュージカル作品に対して与えられる最高峰の賞「トニー賞」。そのトニー賞を発表する場「トニー賞授賞式」は、1947年から開始され、第1回目のトニー賞では11部門を対象に各賞が授与されました。その後、第3回目となる1949年から、7つの部門が追加され、その記念すべき第1回目のミュージカル作品賞に輝いたのが、この「キス・ミー・ケイト(Kiss Me, Kate)」でした。ちなみに、オリジナル作品の舞台に出演していたキャストボブ・フォッシー(Bob Fosse)は、ブロードウェイ作品の振付および演出家、俳優、そして映画監督として名を残した人物で、1987年に亡くなるまで、トニー賞受賞8回、ノミネート11回を授与しました。

実は3度目のリバイバルとなるKiss Me Kate

3度目のリバイバルとなる「キス・ミー・ケイト(Kiss Me, Kate)」キャスト全員
1949年の初演以来、世界中で繰り返し上演され、日本でも1966年から宝塚歌劇団や東宝ミュージカルで上演された事もあり、名前を知っている方も多いはず。
初演が行われた年の第3回トニー賞受賞式ではトニー賞ミュージカル作品賞を含む4部門で受賞し、1952年にブロードウェイ劇場で最初のリバイバル公演が実現します。1999年にマーティンベック劇場で2度目のリバイバル公演が行われた時には、第53回トニー賞にてトニー賞ミュージカル・リバイバル作品賞を含む10部門で受賞、12部門でノミネートする快挙を成し遂げました。今回、19年振り、3度目となるリバイバル公演でもトニー賞への期待が大きくかかっており、2018年度の注目作品となっています。

キス・ミー・ケイトのキャストと制作スタッフ

音楽・歌詞 Cole Porter
脚本 Sam and Bella Spewack
監督 Scott Ellis
追加脚本家 Amanda Green
振付 Warren Carlyle
舞台デザイン David Rockwell
照明デザイン Donald Holder
衣装デザイン Jeff Mahshie
音楽デザイン Paul Gemignani
音響デザイン Brian Ronan

キス・ミー・ケイト(Kiss Me, Kate)の感想|口コミ情報

  1. KURODA
    |

    コールポーターのナンバーだけでも素晴らしいですが、舞台装飾と衣装も色鮮やかでとても良かった。
    そしてなんと行っても今回のお目当ては、ケリー・オハラさんです。
    彼女の生の歌声が一度聞きたくて観劇したといっても過言ではありません。
    彼女が舞台から出てくる時はものすごい脚光を浴びていて、やはり人気の舞台女優さんなんだなあと思いました。

    5
  2. SAKIKO
    |

    日本で1度舞台を見たことがあります。その時も思ったのですが、曲はソー・イン・ラヴが一番好きです。

    5

口コミを書く