Eugene O’Neill Theatre  (地図
上演時間:2時間30分(途中休憩1回あり)

ザ・ブック・オブ・モルモン(The Book of Mormon)|基本情報

Ekugene O’Neill Theatre 230 West 49th Street New York, NY 10019 (地図
プレビュー公演 2011年02月24日
オープニング公演 2011年03月24日
年齢制限 4歳以上 ※子供料金設定なし

ザ・ブック・オブ・モルモン(The Book of Mormon)|みどころ

アメリカならではの笑いとユーモアで徹底的に表現したミュージカル

日本人にはあまりなじみのない”モルモン教“という宗教がメインテーマの「ザ・ブック・オブ・モルモン」。
今作品が大人気な理由は、舞台上で繰り広げられる面白おかしいモルモン教に対するギリギリのブラックジョークの連発をするところ。モルモン教で守られている規則や熱心な信者の行動などをネタに、実力派の制作陣が凝りに凝ったユーモア溢れるコメディにすり替えてしまうんです!2時間30分の上演時間、笑いっぱなしの王道・コメディーミュージカルです。

モルモン教ってなに?

モルモン教は、お茶、アルコール、コーヒーなどの刺激物は一切摂取しない、起きている間は原則的に働き収入の十分の一を教会に納める、最近までは一歩多妻制を奨励していたりと厳しい教えを推奨している宗教で、従来のキリスト教と異なることから、アメリカ国内では特殊な宗教として知られています。そんな中、ミュージカル「ブック・オブ・モルモン」では、派遣先のウガンダにて宣教師がコーヒーをガブ飲みしたり、同性愛禁止だが、ゲイの宣教師が毎日悪夢を見てうなされていたりと現在でも守られている規則をお笑いに変えてしまうんです。日本では絶対にあり得ない、アメリカならではの作品を楽しむことができます!

ザ・ブック・オブ・モルモン(The Book of Mormon)|ストーリーあらすじ

ブックオブモルモンは、北ウガンダの辺鄙な村に送られた2人のモルモン教信者を主人公とした宗教風刺ミュージカル。

モルモン教の本拠地ソルトレイク・シティの布教訓練所で、若き伝道師たちが世界各地への派遣を言い渡されることになる所からストーリーは始まります。

ハンサムで意欲的なプライスと、シャイでずんぐりしたカニングハム。
彼らは予期せずも、ペアを組んでウガンダに送られることになってしまいます。
ディズニーワールドのあるオーランドに憧れていたものの、夢が破れて落胆するプライスと空港で母親にジュースを飲ませてもらっているほど、子供っぽいカニングハム。なんとも先行きの不安な2人の旅が始まります…

ウガンダ北部の村に着くと、早速軍の兵士たちに所持品を巻き上げられる2人。
村人たちからは「Hasa Diga Eebowai」という歌と踊りで歓待されるのですがプライスが現地ガイドにその意味を問うと「ファック・ユー・ゴッド」だと聞かされ、2人はお先真っ暗。

人々は、戦争、飢饉、エイズ、軍の圧政といった現実の厳しさに直面しており、宗教どころではなかったのです。
それでも世間知らずで楽天的な2人の信者はモルモンの教典を片手に、モルモン教の流布を計ろうと奔走することに。
2人は村の人々と環境の落差や価値観の違いからトラブルを起こしつつも次第に人々を変え、そして自分自身をも変えていきます…

ザ・ブック・オブ・モルモン(The Book of Mormon)|動画紹介

ザ・ブック・オブ・モルモン(The Book of Mormon)|座席表

ユージン・オニール劇場の座席表

ザ・ブック・オブ・モルモン(The Book of Mormon)|豆知識

豪華制作軍によるミュージカルコメディーの傑作

7年近くもの年月をかけて製作され、ついに2011年3月にブロードウェイにて幕を開けたブックオブモルモン。同年のトニー賞では9部門を受賞しドラマディスク賞やグラミー賞も受賞するなど、現在でもまだ数カ月先まで完売状態が続いている大ヒットミュージカルです。今作品のネタとなるモルモン教は、正式名称 Church of Jesus Christ of Latter-day Saints; LDS.(末日聖徒イエス・キリスト教会)の俗称であり、1830年にアメリカ合衆国にてジョセフ・スミス・ジュニアによって創始され、末日聖徒イエス・キリスト教会として知られています。

ブックオブモルモン ミュージカル会場ユージン オニール劇場
過激な社会風刺のTV「サウスパーク」とミュージカル「アベニューQ」のクリエーター達のコラボレーションにより制作されたこの作品は、過激な社会風刺で知られるサウスパークの世界観が見事に演出されており、アメリカならではの過激なジョーク、ブラック・ユーモアが満載。 物語の面白さ・バカバカしさを、歌とダンスによって増幅した抱腹絶倒のミュージカル、さらに下品で不謹慎かつ脚本の面白さとキャストの演技と踊りと歌で見せてくれる今作品は、最後には観客全員が大笑いするほどユーモアと笑いを表現している作品となっています。

第65回 トニー賞ミュージカル作品賞作品

ブックオブモルモン ミュージカル
2011年のトニー賞9部門を総なめしたした「ブックオブモルモン」はその年最高のミュージカルと大評判された作品です。
ブロードウェイで開幕した直後には、オリジナルブロードウェイキャスト録音によるCDがリリースされ、 ビルボードチャートにおいて過去40年間のブロードウェイキャストアルバムの中で、3位にランクインしたことでも話題になりました。また、楽曲を提供したのはアナと雪の女王の代表曲「Let it go」の作者であるロバート・ロペス(Robert Lopez)が担当し、アップテンポなリズムに下品なブラック・ジョークは観客全体を終始爆笑の嵐に変えます。

アメリカでしか体験できない宗教をネタにしたミュージカル

笑いだけではなく、ザ・ブック・オブ・モルモンメイン曲の歌詞内では宣教師のモルモン教に対する信仰が多く飛び交い、モルモン教に対する熱い想いを熱演しているところも見どころです。
代表曲である神の存在を信じて歌う「I Believe」では、”I believe that the Garden of Eden was in Jackson County, Missouri(エデンの園があったのはミズーリ州ジャクソン郡と僕は信じる)”と訴えるシーンがあります。
こらは昔、教会の創設者ジョセフ・スミス・ジュニアが、ミズーリ州とカンザス州の境界にある場所が「地上の楽園地」だと宣言したところから来ていますが、当時はそれは認められず、モルモン教徒は州全体からも立ち退きを命ぜられ、ジャクソン郡やミズーリ州に戻ってくることありませんでした。舞台の終わりには、今世紀になっても自分たちの教えを信仰をしているモルモン宣教師たちを音楽で描き、宗教批判することなく素敵なエンディングで幕を閉じます。

ザ・ブック・オブ・モルモン(The Book of Mormon)|制作スタッフ

音楽・歌詞 Trey Parker, Robert Lopez
Matt Stone
監督 Casey Nicholaw
Trey Parker
・振付 Casey Nicholaw
舞台デザイン Scott Pask
衣装デザイン Ann Roth
照明デザイン Brian MacDevitt
音響デザイン Brian Ronan
オーケストラ Larry Hochman
Stephen Oremus

音楽デザイン Stephen Oremus

ザ・ブック・オブ・モルモン(The Book of Mormon)の感想|口コミ情報

  1. 勉強不足
    |

    言ってる事が半分も分からなかったけど、周りがゲラゲラ笑ってました。
    あとで一緒に観に行った友達に説明してもらいましたが、これは絶対に英語がわかった方が楽しいミュージカルだと思います。
    人気でチケットが取れないと思ってたのに、このサイトであっさり取れたので驚きました。ありがとうございました。

  2. 田中
    |

    ニューヨーク在住の田中です。初めて利用させていただきました。
    休日を使って何かミュージカルをと思い、ずっと気になっていたブック・オブ・モルモンを購入させていただきました。
    内容はさすがアメリカというかニューヨークですね。
    宗教を題材にした作品はこれまでに幾つか見てきましたが、ここまで客生が爆笑するショーもなかなかないかと思います。
    他の作品でも是非利用させていただきます。

口コミ情報をお寄せください