Ambassador Theatre(地図
上演時間:2時間30分(途中休憩1回あり)

シカゴ(Chicago)|基本情報

劇場:Ambassador Theatre 219 W 49th St, New York, NY 10019(地図
公演スケジュール 木~火(土・日は昼公演あり)
休演日:水
初公演日 1996年10月23日:プレビュー
1996年11月14日:オープニング
年齢制限 4歳以上 ※子供料金設定なし

シカゴ(Chicago)|みどころ

大人向けのセクシーなダンスと名曲ジャズ

「ジャズ・エイジ」と呼ばれる1920年代の禁酒法時代のシカゴを舞台に、ゴージャスでセクシーなダンスアメリカの古き良き時代のジャズを満喫できる今作品は、ストーリーの展開も早く、観る者の目と心を奪います。ニューヨークの夜にセクシーで格好いいダンスと音楽を観劇されたい方にお勧めの大傑作作品です。

日本人初のブロードウェイ・シカゴの舞台に立った米倉涼子

日本人の方で、女優:米倉涼子さんがきっかけでミュージカル「シカゴ」の名前を耳にした方が多いのではないでしょうか。
2012年と2017年にブロードウェイの舞台に立った女優米倉涼子さんですが、実はミュージカル「シカゴ」でアメリカ人の役をアジア人が演じるのは史上初の快挙でした。そんな日本にも馴染みのあるミュージカルの劇場に一度足を運んでみてはいかがでしょう。

ブロードウェイの舞台から生まれた名作映画

2002年に公開された同作品の実写映画「シカゴ」は、アカデミー最優秀映画賞を受賞、世界興行収入は370億円を突破した大ヒットとなりましたが、実はこのブロードウェイ・ミュージカル版の「シカゴ」を基に制作されています。よって、こちらの映画を事前にご覧いただくと、舞台もより分かりやすく楽しむ事ができるだけでなく、何よりもミュージカルという形で、映画スクリーンではなく、生(ライブ)の歌とダンスで目の前で見ることができます

シカゴ(Chicago)|ストーリーあらすじ

売れない若手女優、ロキシー・ハートは彼女を見捨てた愛人を殺害してしまいます。
夫エイモスは、自分が犯人だとあっさりばれるような嘘をついてしまうほどのお人よし。
投獄されたロキシーを待っていたのは、ヴェルマをはじめ
自分たちの罪を正当化し、出獄を願う女囚たちでした。

監察官ママ・モートンの手引きで、悪徳敏腕弁護士ビリー・フリンの力を借り
ロキシーは正当防衛の悲劇のヒロインとして
またシカゴで最もキュートな殺人犯として、一躍スターダムへと登りつめることに。

一方ヴェルも、新たなスキャンダルを追いかけるメディアの注目を取り戻そうと
ロキシーに結託しないかともちかけるものの、有頂天になっているロキシーは見向きもせず
さらには自らの妊娠をでっちあげ、再び話題を独占。
調子に乗って、弁護士ビリーをも解雇してしまいます。

しかしその後、囚人仲間に絞殺刑が下るや否や、あわててビリーを呼び戻すロキシーでしたが
そんな彼女に対してビリーは
「裁判や世間なんて、全てショー。あんたには超一流のスターがついている」と安心させます。

そしてロキシーは偽のお腹の子供を盾に、まんまと正当防衛を勝ち取ったのですが
その劇的な裁判結果が紙面で踊ることはなく、
メディアは新たなスキャンダルを追いかけ続けていていました。

出獄したロキシーとヴェルマの行く末は一体どうなるのでしょうか…?

シカゴ(Chicago)|動画紹介

シカゴ(Chicago)|座席表

Ambassador Theatre の座席表

アンバサダー劇場の座席表

シカゴ(Chicago)|豆知識

1927年にサイレント映画「シカゴ」から始まった作品

本作品の歴史は、1927年にサイレント映画「シカゴ」が公開された頃まで遡ります。アメリカ社会を痛烈に風刺したこの映画は、当時の腐敗した政治に辟易していた民衆の心を掴みました。その後も関連映画等数多くの作品が世に出回り、1975年から1977年にオリジナル作品「シカゴ」がブロードウェイで開幕され、約2年間の公演期間で936回が上演がされました。1979年にウエスト・エンドに進出、1996年にが再びブロードウェイに舞い戻りました。

ブロードウェイでの上演は、1996年にリバイバル版として再開し、トニー賞で2部門でノミネート、5部門受賞。 ブロードウェイの王道ミュージカル「オペラ座の怪人」に続き第2位のロングラン公演の記録を持っています。

実際に起きた事件を元に制作された

ミュージカル「シカゴ」と言えば思い浮かべるのは、セクシーな身なりで男たちを誑かす悪女たちではないでしょうか。
本作品の物語は、愛人を殺害した女優が、女であることを武器に悪徳弁護士の力とマスコミを味方に付け、ジャズ・エイジと呼ばれる1920年代のシカゴで報道機関や民衆は2人の女性殺人犯、ビューラ・アナンとベルヴァ・ガートナーに釘付けになっていました。 確固たる証拠が有るのにもかかわらず、無罪放免となった殺人犯、また当時の陪審員が全て男性であったことから、シカゴでは「魅力的な女性は決して有罪判決にはならない」という、法治国家としてはあるまじき言い伝えがあります。

世論を武器にし、罪を犯しながらも無罪放免を勝ち取る・・・・、そんなミュージカル上のお話は、実は1926年に本当に合った事件を元に作られています。事実、「シカゴ」のモデルとなった、ビューラ・アナンとベルヴァ・ガートナーは共に無罪を勝ち取り、一部ではセレブリティとしてすら扱われていました。 そんな、事件をもとに作られた脚本、世の中の司法の不条理や政治の腐敗を風刺した演劇脚本は生まれ、民衆と批評家の賞賛を受け、ミュージカル「シカゴ」が誕生しました。

鬼才振付師ボブ・フォッシー(Bob Fosse)によるダンスの魅力

ミュージカルといえば豪華な舞台道具と華やかな衣装、飾り立てた舞台役者たちが優雅に歌い踊るのを想像する方が多いかと思いますが、ミュージカル「シカゴ」はそんな美しい幻想的な雰囲気とは一風変わった舞台が特徴です。

鬼才振付師ボブ・フォッシー(Bob Fosse)
犯罪を犯した女囚人たちを題材にした、風刺に満ちた作品、悪女たちのショーは歌やダンスを中心とした迫力満点の舞台。名曲の数々も然ることながら注目するべきはそのダンスです。
鬼才と名高いボブ・フォッシー(Bob Fosse)が振り付けを担当、過去にトニー賞最優秀振付賞を8回も受賞したその記録は彼の没後も尚破られてはおらず、監督作品の「キャバレー(CABARET)」ではアカデミー賞最優秀監督賞を受賞。彼のゴージャスでダイナミックな振り付けでアメリカのショービジネスを肌で感じて下さい。

シカゴ(Chicago)|制作スタッフ

音楽・歌詞 John Kander
Fred Ebb
台本 Fred Ebb
    Bob Fosse
監督 Walter Bobbie
振付 Ann Reinking
舞台デザイン John Lee Beatt
衣装デザイン William Ivey Long
照明デザイン Ken Billington
音響デザイン Rob Fisher
オーケストラ Ralph Burns

シカゴ(Chicago)の感想|口コミ情報

  1. アーミン
    |

    事前にyoutubeで予習していて正解♪
    会場は冷房がんがんなので寒いので上着を持っていくこと!

    3
  2. フカミ
    |

    歌、ダンス、ジャズ好きな方必見!
    終わった後もテンション上がりすぎてそのままジャズバーへ直行。
    最高な夜となりました。

    5
  3. ちか
    |

    会場はそこまで広くないですが、迫力のあるパフォーマンスと生演奏に感動!
    これに米倉涼子が出演していたのかと思うと本当にすごい!
    お手洗いは開始前に済ませておくのがベター。

    4
  4. kenken
    |

    主役級の人はそうですが、その他の脇役的な演者の方たちも本当に役に入り込んでいて、
    演技を休めることなく続けているのが、プロ意識が高い!と関心しました。
    初めての観劇でしたが、シカゴでよかったー。

    4
  5. ジー
    |

    前から3列目の席でした!
    そんなに大きな劇場ではないのでステージと近く、最高でした!
    あっというまの2時間半、満足です。

    5
  6. Akiko
    |

    米倉涼子さんが昨年ブロードウェイ公演を行いましたが見に行くことができませんでした。もう今年はやらないのでしょうか。もしお分かりになりましたらお知らせ下さい。

    1
  7. ポムポムぷりん
    |

    女性は憧れるセクシーさ!
    ジャズダンスを元々習っていたので観ながら体が踊りたくなりました(笑)
    映画を見てからの方がいいと聞いていたのですが、映画を見ていて正解!世界観になおさら入り込むことができました。
    米倉涼子さんがこの舞台に立ったのかと思うと、本当に凄いなと思います。

    4
  8. nakayama
    |

    ニューヨークにくるたびに観劇しているのがシカゴ。
    とにかく女が主役で、圧倒的なダンスと歌は毎回ワクワクしちゃいます。
    見応え十分にありです。

    5
  9. 晶子
    |

    シンプルな舞台衣装と装置。
    黒い衣装と赤い証明のためか、どことなくオトナのショーという感じでしたが、いやらしさはなく。
    ダンサーの演技はもちろん、肉体美にも注目です。

    4
  10. 朋美
    |

    ダンサーがとにかく美しい。
    ダンスをみることが好きなひとは絶対はまると思います。

    4
  11. 指原
    |

    大好きな映画♪舞台もさすがロングランっていう感じで迫力ある堂々とした舞台でした。
    シカゴ名物とも呼べるヴェルマ・ケリー役のアムラ・フェイ・ライトも見れて、
    あの歳でも体型を維持して舞台で輝く姿は、女性の鏡だと思いました。
    あ~セクシーでした!!大好きな作品です!

    5
  12. はな
    |

    ブロードウエイと言えば豪華な衣装と大がかりな舞台装置、というイメージだったので、ほとんど同じような黒の衣装と、全く変わらない地味な舞台装置にちょっと驚きました。
    逆にシンプルな分、演技力や歌唱力、ダンスの上手さが際立ち、ロングランだと納得。
    大人のおしゃれなミュージカルです。

    4
  13. ケリー
    |

    シンプルな演出には本当にびっくりだけど、このミュージカルは
    歌唱力とダンスで勝負しているなと感じました。

    代わり映えのない衣装でしたが、飽きることはなく
    純粋に楽しむことができましたよ

    4
  14. 長野
    |

    アンバサダーシアターは、かなり小ぶりの劇場で、どの席でも大迫力で鑑賞できると思います。
    日本では考えられない完成度のエンターテイメントで、本場の力をマジマジと見せつけられましたねえ。
    キャストは、みんな美男美女、完璧な体、歌唱力…日本のレベルの低さを感じずにはいられません。
    本当にあっという間に時間が過ぎ、最後キャストさんを出待ちしようかと思いましたが、寒すぎて諦めました

    5
  15. いきものがかり
    |

    たまたまかな?前から二番目の席でびっくり!
    シカゴあまり期待しておりませんでしたが、とっても良かったです!
    女って怖い生き物ですね、と自分も同じ女ながら思っちゃいました。。(笑)
    映画もあるそうなので、日本に帰ってきたら見ようと思います。

    5
  16. いきものがかり
    |

    たまたまかな?前から二番目の席でびっくり!
    シカゴあまり期待しておりませんでしたが、とっても良かったです!
    女って怖い生き物ですね、と自分も同じ女ながら思っちゃいました。。(笑)
    映画もあるそうなので、日本に帰ってきたら見ようと思います。

    4
  17. サンシャイン
    |

    映画版シカゴをみた方がよりミュージカルを楽しめると思います。
    歌やダンスには圧倒されます!
    強い女像ってなんだかかっこいいですよね

    3
  18. chi★
    |

    英語に自信がない場合は事前にあらすじだけでも頭に入れておかないと難しい内容だと思いました。
    劇場はそんなに大きくないので、パフォーマーの動きや歌唱がダイレクトに伝わってきて迫力がありました。
    女性には人気がある演目じゃないかなと思いました。
    ちなみに一緒に観に行った夫は男子トイレが混んでるとか言ってました。トイレに行く際は早めに行くことですね。

    2
  19. シカゴファン
    |

    エロカッコいい。この一言ですね。
    どうやったらあんな身体になれるのかしら。

    4
  20. おばさんふたり旅
    |

    前日の急なチケット手配にも迅速に対応してくださり、有難うございました。
    こっちへ来てから、空港からホテルまでタクシーにぼったられるなど、災難続きでしたので、
    久しぶりの日本語のサービスに本当に安心して購入することができました。
    シカゴは非常に楽しかったです、女おばさんふたり旅ですので、セクシーな踊りと歌を見て刺激うけました★
    本当におせわになりました。

    4
  21. しぇるみ
    |

    面白くなかった。
    キャストがちょっと年とりすぎな気もした。
    露出も激しいし、エネルギーが感じられなかった

    1
  22. さいのこう
    |

    大好きなミュージカルです!元々映画から好きになりましたが、ミュージカルを見てブロードウェイで1番好きな作品になりました!!!!セクシーで映画のあの女性軍の雰囲気も上手く演出してして本当にかっこよかったです。また見に行きます!!

    5
  23. おおた
    |

    ホールは比較的小さいですが満席でした。
    家内と二人分予約頂いた席は舞台に近く、迫力満点で最高の席。

    ダンサー達のダイナミックな動き、踊りはすばらしい。
    またバックの演奏が舞台の中央奥に配置され、ダンサー・観客と一体感。
    指揮者は全米でも女性の有名な方。

    隣のシカゴ中年のご婦人も年1、2回はオハイオ州からブロードウェイにくるという。
    会場内は写真等は禁止ですが、しっかり目、記憶に焼きついています。最高の体験に感謝。

    5
  24. ニューヨークの歩き方評論家
    |

    シカゴは大人のミュージカル。
    ダンスもレベルが高く、オーケストラのメンバーも交えた独特な味のある演出が気に入った。

    3
  25. MATSUA
    |

    チケット手配有難うございました。
    前から4列目の中央と非常に良い席を確保いただき感激しました。
    劇場が狭いため、後ろの方でも気にならないと思いますが・・)

    日本においても何回か見ていたため、キャスト的には若干不満足ではありましたが
    十分楽しませていただきました。

    今後行く方への注意事項です。
    男性用トイレが4つしかなくすごい列になり、
    途中休憩時間に行くには速攻でいかないと後半スタートに間に合いません。
    (女性用も長蛇の列ですが、これは日本と一緒です)

    2
  26. NBA
    |

    10月14日に見てきました。歌と踊りは普通なのだけど、キャストが良くない。
    男どもを翻弄するセクシーさがシカゴのシカゴらしいところなのに、それが全く無い。
    他のキャストに比べてコミカルでさえあった。

    シカゴはキャッツのようなミュージカルと違って、主役の2名が命。
    せっかくニューヨークまで行ったのに残念です。
    ただ、看守役(ママ)は素晴らしかった。

    2
  27. elflute
    |

    先日取っていただいたチケットで良席で観てきました☆
    シカゴは映画の大ファンで、内容も殆ど頭に入れて観にいきました。

    舞台や衣装チェンジが少ないので
    映画やミュージカル的な華やかなものをイメージして行くと、「想像と違う」と思ってしまうかと。
    シカゴは本当に歌と踊りがメインです。
    台詞回しも早いので、ストーリーを頭に入れていかないと転回に着いていけないと思います。

    会場が小さい?分あの迫力を本当に全身で感じられるし、
    生演奏が目でも楽しめるのがまた良かったなぁと思います。

    映画好きの方は「映画とは違うぞ」と思って観にいけば
    内容も分かっていると思いますし、楽しめると思います。
    ロキシーは映画より、舞台の方が歌も踊りも多くてずっと良かったです!

    5
  28. なっち
    |

    チケットの手配有難うございました!

    せっかくニューヨークにまで行ってシカゴを観るので
    念入りにビデオまで買って予習していきました。ストーリーは簡単。しっかりと頭に入りました。

    実際のミュージカルは迫力が全然違いました。
    映画よりもダンサーの凄さとか迫力が違いました。
    1階の後ろの席でしたが、ステージまでは遠い感じはありませんでした。
    臨場感というか、ダンサーや役者さんが非常に身近に感じられたのが映画との違いでしょうか。

    歌と踊りが好きな人にはたまらないミュージカルだと思います!!

    5
  29. kazu
    |

    ちょっと物語的に難しいので、あまり英語が聞き取れない人は
    ガイドブックやインターネットである程度展開を読んでいったほうがいいかも☆

    3
  30. Anonymous
    |

    つい昨日観てきました。
    本当に素晴らしかった!!歌唱力と演技力に脱帽しました。

    これを日本版でするのは絶対にありえないです。
    というか不可能だと思います。
    なので日本語版は絶対に観ないでください…

    舞台で大成功し、映画化になったので、
    舞台ファンは映画版を駄作と言っていました。
    逆に映画ファンは舞台を見て駄作と言っていました。

    本場のショーは最高傑作です。
    常にジョークや笑いを誘うシーンがあるので、
    楽しみたい方は英語をしっかりマスターしないとだめかな。
    そうじゃないと”つまらない”で終わります。

    5
  31. カサブランカ
    |

    私は昔「レ・ミゼラブル」を見ましたが、時差ぼけの関係もあってか半分寝ていました。

    今回、妻と一緒に見ましたが、最後まで寝る暇なし。
    ミュージカル、初めての妻も、私も感動。劇場が余り大きくなく、臨場感がありました。

    4
  32. なお
    |

    最悪でした。時間もお金も捨ててしまった!!!!
    映画で観てる方がよっぽど楽しかったです。

    1
  33. よう
    |

    映画を見てから行ったのでストーリーは完璧に頭に入っていたのですが
    途中のジョークが英語力不足によってわからないのが残念。

    でも、ショーのレベルは最高!!出待ちでサインも貰えました。

    ただ、ホントに冷房がキツイので弱い方は上着プラスひざ掛けを持っていたほうがいいですよ。
    ボクはジャケットを着てても寒かったデス

    3
  34. まち
    |

    何を見るか全く最後まで迷いましたが、映画でみたシカゴならと思い見ました。
    ロキシー役が変わってたみたいで少し残念でしたが、歌とダンスは感動しました。

    ただし、大人向けですかね。(ディズニー系と比べると)
    ジョークも結構言ってたみたいで、
    アメリカンジョークがわかる程度の英語力があればもっと楽しめるぽいなあと。

    初めての本場のミュージカルでとても楽しかったです。

    小奇麗な格好の夫婦が前に座っていて、帰る時はリムジンで帰ってました
    大人って感じでそれもまた見入ってしまいました。
    逆に、ジーンズにTシャツという方もいましたが、
    全体的に普通~やや小奇麗な格好のほうが良いなあと思いました。
    年齢層高めでした。

    3
  35. 大山
    |

    昨年10月にNYで観劇(感激)したが、エロカッコイイ舞台でした。
    今度は日生劇場に行ってきます。

    3
  36. さっちん
    |

    役者によって、いろいろな深みの出るミュージカルです。
    過去に見た事がある方でも、役者が違う様でしたらもう一度、見てみるのもいいかも。
    アッシャーが出てた時も、なかなかでしたよ。

    4

口コミ情報をお寄せください