こちらの演目は2013年5月12日に終演となりました

Marquis Theatre (地図
上演時間:2時間(途中休憩1回あり)

ジキルとハイド(Jekyll & Hyde)|基本情報

Marquis Theatre 210 West 46th Street New York, NY(地図
プレビュー公演 2013年04月05日
オープニング公演 2013年04月18日
公演終了日 2013年05月12日

ジキルとハイド(Jekyll & Hyde)| 見どころ

2012年の秋から全米各地を巡演して来た今回の「ジキルとハイド」ですが、いよいよ最終公演地であるNYのブロードウェイの舞台に登場です!

スティーブンソンの小説を元に人間の心に潜む善と悪の葛藤を描き、過去作品ではトニー賞に4部門ノミネートされ3年8ヶ月のロングランとなった今作品。 この舞台を何度も見るために劇場へ足を運ぶ固定ファンも多く、その人たちを “Jekkies”と呼ぶ造語が生まれたほど、リピーターの多い人気ミュージカルです。

主役を務めるのは俳優コンスタンティン・マルーリス。ジキルとハイドを演じ分ける彼の巧みな演技に大注目! ミュージカル版では、原作には無い婚約者“エマ”や、娼婦の“ルーシー”も登場。美しい彼女たちとジキル・ハイドのロマンスもミュージカル版のみの見どころになっています!

ジキルとハイド(Jekyll & Hyde)|あらすじ

19世紀後半のロンドン。老いてボケてしまった父を元に戻したい一心で、若き医者であり科学者のジキルは人間の心に潜む善悪の別人格について研究に打ち込み始めます。

幾度となく研究を積み重ねついに「人間の善と悪を分ける薬」を作ることに成功したものの、この薬を使った人体実験は神に対する冒涜であると却下されてしまいます。 失意の中向かった夜の街で娼婦のルーシーに出会い、ジキル博士は自らの体でその薬を試してみることを決意します。

薬を飲んだ彼の前に、ジキル博士の悪意であり凶悪な人格のハイドが現れます。 時間が経つにつれ、薬無しでも現れるようになるハイドをジキル博士は止めることが出来なくなり、街では次々と不可解な事件が起きていきます。

自分の記憶が曖昧になっていることや、ルーシーの怪我などの状況から全てを察したハイド博士。
彼は自分の二重人格を元に戻すべく、研究室にこもるのですがはたして…

ジキルとハイド(Jekyll & Hyde)|動画紹介

ジキルとハイド(Jekyll & Hyde)|座席表

Marquis Theatre の座席表

マーキス劇場の座席表

ジキルとハイド(Jekyll & Hyde)の感想|口コミ情報

口コミを書く