Music Box Theatre(地図
上演時間:2時間30分(途中休憩1回あり)

ご希望の日時がない場合はコチラからお問い合わせください。

ディアー・エヴァン・ハンセン(Dear Evan Hansen)|基本情報

劇場:Music Box Theatre 2239 West 45th Street New York, NY 10036(地図
公演スケジュール 火~日(日・水・土は昼公演あり)
休演日:月
初公演日 2016年11月14日:プレビュー
2016年12月04日:オープニング

ディアー・エヴァン・ハンセン(Dear Evan Hansen)|みどころ

今までにない「重さ」を感じる事ができるミュージカル

ディアー・エヴァン・ハンセン(Dear Evan Hansen)
現代ならではのソーシャルメディアと社会関係を描いた今作品は、良くも悪くもネット社会に依存しその中に埋もれてしまった私たちに、人生において大切なものとは何かを改めて考えさせてくれる作品です。ここ数年の社会現象などをリアルに再現した完全オリジナルストーリーは、今を生きるあなたの心に必ずどこか響くはずです。

聞く人の心を揺さぶる名曲ぞろい

ズバリ見どころは、本作品の代表曲でもあるオープニング2曲目の「Waving Through a Window」です。 動画はコチラ>
アコースティックギターとシンセサイザーから始まるイントロは一度聴くと絶対に忘れる事はできませんが、何よりも歌のメロディーが日本人の耳にも心地よすぎるラインとなっており、英語が分からない人でも観劇後に口ずさんでしまうほどです。悲しくも美しく仕上がっている歌詞も是非、ミュージカルを見る前、見た後で調べてほしいくらいです。

トニー賞6部門を受賞した話題作を見る

2017年度第71回トニー賞でミュージカル作品賞を含む6部門を受賞したこの作品チケットは、公演開始から1年経過しても連日完売となっており、チケット入手困難です。その人気ぶりは既に前述した通りですが、あっとブロードウェイでは独自ルートでチケットがお手配可能となります。本作品のようなプレミア演目のチケットはお問い合わせベースとなりますので、今すぐコチラからお問い合わせください!

ディアー・エヴァン・ハンセン(Dear Evan Hansen)|ストーリーあらすじ

物語の主人公エヴァン・ハンセン(ベン・プラット)は母子家庭育ちの自分の居場所が見つけられない17歳の高校生です。
友達と呼べる存在が1人もいない恥ずかしがり屋で対人恐怖症の彼は、セラピストからの宿題で自分自身への手紙を書きます。
”Dear Evan Hansen…”この手紙からエヴァンの今までとは違う夢に見ていた人生が始まります。

ある日エヴァンは木から落下し腕を骨折してしまったためギブスを付け始めます。アメリカでは子供の頃ギブスをはめて登校すると、早く完治してほしいという願いから親しい友人がギブスにメッセージやサインを書きます。しかしながら、孤立しているエヴァンのギブスには誰からのメッセージもなく真っ白のギブスのまま、一人孤立した日々を過ごしていました。

変わらない日常を過ごしていたある日、同級生のコナー・マーフィーが突然自殺をしてしまいます。
コナーは遺書を残すこともなく、彼もエヴァンと同様で親しい友達もいなかったため自ら命を絶った原因が誰にも分かりませんでした。
そんな中、コナーのポケットからエヴァンが自分宛てに書いた手紙”Dear Evan Hansen…”が見つかったのです。
残されたコナーの両親はこの手紙がコナーがエヴァン宛てに書いたものだと勘違いし、
またエヴァンもコナーとは仲むつまじい関係(親友)だったと嘘をついてしまいます。

この嘘によってエヴァンの生活は大逆転し始めます。
コナーの両親はエヴァンを自分の息子のように可愛がり、貧しい母子家庭で育ったエヴァンにとって両親がいる生活、
また密かに恋心を抱いていたコニーの妹ゾーイに近づけるこんな夢にまでみていた生活に抜け出せずにいました。
今まで周囲に馴染むことができず孤独に過ごしていたエヴァンは、
この事件がきっかけで学校でも注目を集め、ソーシャル・ネットワーク(SNS)を通じて一躍有名の人になったのですが・・・。

“A letter that was never meant to be seen, a lie that was never meant to be told, a life he never dreamed he could have.”
“決して誰にも見られることがなかったはずの手紙、決して知られるはずのなかった嘘、決して手に入るとは夢にも思っていなかった人生。”
エヴァンがずっと欲しかった「普通の人生」がついに今目の前に - それが偽りという形であったとしても…。

ディアー・エヴァン・ハンセン(Dear Evan Hansen)|動画紹介

ディアー・エヴァン・ハンセン(Dear Evan Hansen)|座席表

Music Box Theatre の座席表

ミュージック・ボックス劇場の座席表

ディアー・エヴァン・ハンセン(Dear Evan Hansen)|豆知識

ディアー・エヴァン・ハンセン(Dear Evan Hansen)
ディアー・エヴァン・ハンセン(Dear Evan Hansen)は人生について、また生き方を学ぶ事ができる新しいブロードウェイミュージカルです。今作品のタイトルと表紙である、孤独で社会不安障害に苦しんでいた少年が自分宛てに書いた手紙”Dear evan hansen”によって、ギブスに書かれた”you will be found(自分の居場所は必ずある)”と自分の居場所を自分自身で見つけていく物語です。
簡単に見えてそうではない。世界中で多くの人が子供の頃体験をした出来事を表現している作品だからこそ、知らない内に心の底から感情移入してしまうミュージカルとなっています。

ニューヨーク・タイムズ紙にて、“A gorgeous musical for anyone with a beating heart.”(心を揺さぶられる素敵なミュージカル)と賞賛されており、舞台終了後も劇場全体から聞こえるすすり泣きが止まない、と言われています。

オフ・ブロードウェイから生まれた名作

ディアー・エヴァン・ハンセン(Dear Evan Hansen)
実はこの作品、ブロードウェイ・ミュージカルに進出する前に2015年ワシントンで、約2ヶ月限定初公演オフ・ブロードウェイとして上映されていました。その後2016年3月の約1ヶ月間にオフ・ブロードウェイとして登場。驚く事にワシントンDC初演から主演は一貫してベン・プラット。それにに加え、メインメンバーも初期から変わらず同メンバーで今作品を作り上げてきました。オン・ブロードウェイに劣らず、2015年オフ・ブロードウェイ版はアウター・クリティクス・サークル・アワードで6部門にノミネートされるほど、オフ・ブロードウェイの時代から一目置かれる作品でした。

そしてなんといっても、オフ・ブロードウェイ時代から主演を務めるたエバン役のベン・プラット(Ben Platt)の熱演は、2017年度第71回ミュージカル主演男優賞を見事に受賞しました。一躍話題となったベン・プラットはカリフォルニア出身の若手舞台俳優。過去に、2012年と2014年に「ブック・オブ・モルモン」のアーノルド役など数々の舞台に立ってきた実力派です。

ニューヨーク・タイムズ誌では彼の演技について、以下のように賞賛しています。
“the marvelous young actor Ben Platt is giving a performance that’s not likely to be bettered on Broadway this season.”(ベン・プラットが見せる素晴らしいパフォーマンスは、今シーズンにおけるブロードウェイで1番を誇る。)上演中、彼自身泣きながら演じる力強い迫真の演技は、主人公エヴァンそのままが反映されています。多くのメディアから注目を浴びた彼の演技は、2015年初演から同メンバーと下積みを重ねてきた長年の努力の結晶ともいえるでしょう。

初代エバン役のベン・プラット(Ben Platt)
さらに監督は日本でも上演された「レント」「ネクストトゥノーマル」で知られる実力派演出家マイケル・グリーフ、脚本はスティーブン・レヴェンセンが担当していることでも話題になりました。ハイディ(エヴァンの母)役のレイチェル・ベイ・ジョーンズ(Rachel Bay Jones)の演技も助演女優賞にノミネートと予想されたほど賞賛されています。
主役エヴァン・ハンセン役のキャストについて ▶︎

映画「ラ・ラ・ランド」のベンジ・パセックとジャスティン・ポールが全面作詞担当

ベンジ・パセック&ジャスティン・ポール
今作品で全曲作詞作曲を手がけているのは、映画「ラ・ラ・ランド」で有名なベンジ・パセック&ジャスティン・ポールのコンビです。「パセク&ホール」の相性で呼ばれるベンジ・パセック&ジャスティン・ポールはブロードウェイで大活躍中の若手音楽家です。2017年度アカデミー歌曲賞を受賞した映画「ラ・ラ・ランド」では「アンジェリーク・シネルによって作詞された「Start a Fire」を除いた全作品(英語版)の作詞を担当しました。また、作詞作曲を手掛けたミュージカル「クリスマス・ストーリー」では2013年度第67回トニー賞のミュージカル部門作品賞にノミネートを獲得した現在もっとも注目度の高いコンビです。

パセク&ホールによって描かれた「ディアーエヴァンハンセン」は2017年度第71回トニー賞作曲賞を受賞しています。彼らが手がける音楽は、ミュージカルの物語に沿った現代的な社会背景、コナーの死とエヴァンの行動によって生まれた二つの家族の葛藤を上手に表現しており、聞く人の心を揺さぶります。また、彼らが手掛けた「ディアーエヴァンハンセン」のキャストアルバムはアメリカのBillboard 200チャートで初登場8位入りするなど、今後の活動が見逃せません。

ディアー・エヴァン・ハンセン誕生秘話

実はこの作品の物語は、楽曲担当のパセクとポールの実体験が元になっています。
原作アイデアは、2つの体験が元になっており、1つ目は、ベンジ・パセック自身が高校生のときに体験した「ドラッグ中毒による同級生の死」です。本作品で自殺をしてしまうコーナーのように、彼の同級生もまた、友人が居らず、誰も彼の存在を良く知らなかったため、彼の死後、学校内で彼のことを忘れないようにと、生徒が集まって「同級生を忘れないための活動」を行ったという事です。2つ目は、2001年9月11日に起こったアメリカ同時多発テロ事件です。事件当時、各ソーシャルメディアがあらゆる情報を世界中にリアルタイムで配信する事ができるツールであると世間に認められた事実を、この悲しく切ない物語に取り込んだのです。

PPL Projectによって約5年の歳月を掛けて作られたディアー・エヴァン・ハンセン
「Dear Evan Hansen」とタイトルが付けられるずっと前に、新しい舞台プロジェクトの構想が始まっていました。映画「ラ・ラ・ランド」でアカデミー賞作曲賞を受賞した名コンビ、ベンジ・パセック(Benj Pasek)&ジャスティン・ポール(Justin Paul)が、2011年に脚本家スティーブン・レベンソン(Steven Levenson)に声を掛けたことから始まり、3人の頭文字を取って「PPL Project:パセック(Pasek)・ポール(Paul)・レベンソン(Levenson)・プロジェクト(Project)」という名で、5年の歳月を掛けてこのミュージカルを完成させたという事です。

ディアー・エヴァン・ハンセン(Dear Evan Hansen)|制作スタッフ

制作スタッフ

音楽・歌詞 Benj Pasek
Justin Paul
台本 Steven Levenson
監督 Michael Greif
振付 Danny Mefford
舞台デザイン David Korins
衣装デザイン Emily Rebholz
照明デザイン Japhy Weideman
音響デザイン Nevin Steinberg
投影デザイン Peter Nigrini
オーケストラ Alex Lacamoire
音楽デザイン Ben Cohn

ディアー・エヴァン・ハンセン(Dear Evan Hansen)の感想|口コミ情報

  1. 心にきます
    |

    良かったの一言です。今まで見てきたミュージカル作品とは全く違う新しいミュージカルを見ることができます。
    チケットは他の演目より少し高額ですが、高いお金を出してでも見る価値ありです
    SNSが反映している時代だからこそ成り立つというか、すごく考えさせられました。

    5
  2. 大吉
    |

    劇場が案外狭いので、どこに座っても舞台がそこまで遠く感じないのがよかった。
    さて感想は、出演者の人数は少なめですが、一人一人の演技が光っていました。その中でもはやはり主人公エヴァンを演じた役者さん(名前忘れた)が上手でした。周りとうまく溶け込めない高校生役がぴったりで、緊張した時にやたら早口で視線が泳いでる感じとかもリアルでした。

    あと劇中歌う曲たちがが本当に素敵です!耳に残るメロディばかりなのでいつのまにか観劇後のホテルまでの帰り道もずっとwaving through the windowsを口ずさんでましたからね!笑
    初めてミュージカルでもう一度観たいと思いました。それぐらい、やられた

    5
  3. モッチー
    |

    主役の方の演技に圧巻されました。演技ではなく、本当に1人の人間としてその役にのめり込んでいて、素晴らしいの一言です。舞台前から知っていた曲はWaving Through a Windowのみでしたが、この曲がかかると観客もきたぞ!という雰囲気で、舞台一体でその瞬間を楽しむことができました。座席はほぼ満席状況で、この演目を見れただけでもラッキーなんだなと思いました。

    5
  4. よっすぃ
    |

    ついに観てきました。
    DEAR EVAN HANSENはダンスシーンはほぼゼロで華やかなこれぞブロードウェイ!
    という感じではないのですが、誰しもが抱えたことある悩みに共感することができるので、最後はとても感動しました。
    ストーリー性もとても良く、舞台も凄く凝っているので是非観ていただきたい作品です。

    5
  5. 号泣しました
    |

    2つミュージカルを見る予定を1つにしてまで、1階オーケストラ席で観てきました。
    フィナーレ近くで泣いてしまいましたが、周り皆さんみんな泣かれていました。
    センシティブな10代の気持ちをちょっと思い出してしまったり、
    最近のアメリカの子はこんな感じなんだと思ったり。
    何よりも主役のエヴァン役の歌声に完全に魅了されてしまいました。
    もう一度見たいです。

    5

口コミを書く