こちらの演目は2014年8月24日に終演となりました

St. James Theatre (地図
上演時間:2時間35分(途中休憩1回あり)

ブロードウェイと銃弾(Bullets Over Broadway)|基本情報

St. James Theatre 246 West 44th Street New York, NY(地図
プレビュー公演 2014年03月11日
オープニング公演 2014年04月10日
公演終了日 2014年08月24日

ブロードウェイと銃弾(Bullets Over Broadway)| 見どころ

アメリカを代表する映画監督ウディアレンが1994年に制作し、アカデミー賞7部門にノミネート。 助演女優賞を獲得し、ウディ作品の中でも名作との呼び声が高い映画「ブロードウェイと銃弾」が 本人脚本のもと、ストーリーの舞台となる本場ブロードウェイでミュージカル化!

“狂騒の20年代”のブロードウェイ演劇界を描く、明るく愉快なバックステージコメディです。

ウディアレンは、世界の映画ファンから絶大な支持を得ているニューヨーク出身の映画監督であり俳優、脚本家。 数え切れないほどの受賞歴を誇り、名作と評されるものは数知れないウディ作品達ですが ミュージカル化はこれが初めての試みとのことで、ファンならずとも期待がかかります!

演出を担当するのは「クレイジーフォーユー」や「プロデューサーズ」でトニー賞最優秀振付賞を含む 5回のトニー賞やドラマデスク賞など数多くの受賞経験を誇る、スーザン・ストローマン。 ウディ監督の妹で、映画版のプロデューサーを務めたレッティ・アロンソンとジュリアン・シュロスバーグがプロデュースを担当 音楽は、1920年~30年の禁酒法時代の音楽を使用する予定となっています。

映画版では、ジョン・キューザックが演じた主人公役には「マンハッタン殺人ミステリー」でアレンと アレンの元恋人・ダイアンキートンの息子を演じたザック・ブラフが大抜擢。 ドラマや映画での演技に加え、2005年度公開のアニメ映画「チキン・リトル」にて主人公チキン・リトルの声を担当したり 2004年には映画監督デビューを果たすなど、その多才振りを認められているブラフですが 実は本作が彼のブロードウェイデビュー作となります!

ウディアレンの初ミュージカル作品とあって、マスコミはもちろん各界からも注目されている今作品。
ぜひ話題の新作を、演目の舞台でもあるブロードウェイでお楽しみ下さい!

ブロードウェイと銃弾(Bullets Over Broadway)|あらすじ

1920年代後半、禁酒時代のニューヨーク。
売れない劇作家のデイヴィッドは、ブロードウェイの晴れ舞台でようやく自分の作品をデビューさせる機会を与えられ、張り切っていました。

しかし、プロデューサーのマルクスが見つけて来た、舞台のスポンサーはマフィアの親玉ニック・ヴァレンティ。
期待に胸がいっぱいだったデイヴィッドにニックは、ろくに台詞もいえない自分の愛人で女優志望のオリーブを主演に据えろと要求してきます。渋るデイヴィッドは、ニックの怖さに押され渋々オリーブの出演を承諾するものの、開き直ってニックの財力を頼りに、一流の俳優を雇うことに成功。

大女優のヘレン・シンクレアと、相手役に名優ワーナー・パーセルという面々を向かえついに舞台稽古が始まるのですが、癖のある面々に様々なトラブルが勃発します。自分の役をもっと良い物にしようと、色仕掛けで迫ってくるヘレン。過食症で女癖が悪く、命知らずにもオリーブとも関係を持ってしまうワーナー。全くのド素人でキンキン声がやかましいオリーブ…

しまいにはオリーブのボディガードの下っ端マフィアチーチまでが、演出に口を挟んでくる始末に
デイヴィッドはうんざりするのですが、観念的過ぎて硬いデイヴィッドの台本に、的確にダメだしをするチーチに初めは面白くは思わなかったデイヴィッドも、最終的にはチーチに改訂を手伝ってもらうことに。
この改訂版が大評判となり、デイヴィッドを前途有望だと踏んだヘレンは彼を愛人にするのですがこれが恋人のエレンにバレて、情事を問い詰められます。その頃、自分の台本に傷をつけるという理由でチーチがオリーブを射殺しそれを知ったニックが、チーチに刺客を差し向けます。

それぞれの思惑が交差する中、ブロードウェイ初日の幕が上がるのですが…

ブロードウェイと銃弾(Bullets Over Broadway)|動画紹介

ブロードウェイと銃弾(Bullets Over Broadway)|座席表

St. James Theatre の座席表

セント ジェームス劇場の座席表

ブロードウェイと銃弾(Bullets Over Broadway)の感想|口コミ情報

口コミを書く