こちらの演目は2007年4月22日に終演となりました

St. James Theatre (地図
上演時間:2時間30分(途中休憩1回あり)

プロデューサーズ(The Producers)|基本情報

St. James Theatre 246 West 44th Street New York, NY(地図
プレビュー公演 2001年03月21日
オープニング公演 2001年04月19日
公演終了日 2007年04月22日

プロデューサーズ(The Producers) | 見どころ

ミュージカル・Producers(プロデューサーズ)は、ミュージカル・コメディとしては最も愉快で、最もブロードウェイらしいミュージカルです。喜劇王として著名なメル・ブルックスの同名タイトル・Produceresの1968年のアカデミー賞受賞映画を題材にして製作されました。 監督、脚本、作詞と作曲は、映画を監督したメル・ブルックスがそのまま行っています。演出と振付は、トニー賞を5度受賞(「クレイジー・フォー・ユー」「コンタクト」「ミュージック・マン」)したスーザン・ストローマン。これだけで、土台のしっかりしたミュージカルに仕上がっています。

Producers(プロデューサーズ)は、 2001年トニー賞において新作ミュージカルが受賞可能な13部門の内、なんと12部門で最優秀賞を受賞して、トニー賞の史上最多記録を打ち立てた他、ドラマデスク賞など数々の賞で記録を樹立しています。この成功をもとに、2005年にはミュージカルを映画化。映画、ミュージカルともに成功を収めています。

プロデューサーズ(The Producers)|あらすじ

史上最低ミュージカルを製作して、一儲け企む奇抜な悪徳プロデューサーの顛末を描いたコミカルなストーリーです。 面白いところは、ブロードウェイミュージカルを描いたブロードウェイミュージカルという点でもあります。

運に見放された落ち目の舞台プロデューサー、マックス・ビアリストックと、小心者の会計士レオ・ブルーム。二人は手を組んで究極のペテンになる決意をします。つまり、大コケ間違いなしの駄作をブロードウェイミュージカルにのし上げ、必要な資金以上の資金を集め、そして余ったお金を懐に・・・という策略。彼らの「大コケ間違いなし」の作品とは?それは他でもない「ヒットラーの春」と題されたミュージカルでした。最悪のシナリオに、最悪のスタッフをそろえ、出資者たちから集めるだけの資金を集めて臨んだ初日。しかし、当日のショウは皮肉にも大当たり・・・!?。払いきれない配当を出資者たちに約束したプロデューサー二人の運命は・・・? そんなブロードウェイの裏舞台を面白おかしく描いています。

1959年、ニューヨーク、ブロードウェイ。マックス・ビアリストックは、かつてはブロードウェイの王様と歌われた名うてのプロデューサーだったが、ここのところは不作続きで激しい凋落ぶりだ。満を持した新作・・・ハムレットを翻案したミュージカル「ファニー・ボーイ」もオープンした途端にクローズの憂き目に遭う。今日も金づるの有閑富豪未亡人を何人も時間差で事務所につれこみ甘い言葉を耳元でささやきながら、新作への出資金の小切手を切らせようと必死になっている。

そこへやってきた気弱な税理士のレオ・ブルーム。帳簿確認をしていた彼は、ある不思議な事実に気づく。すなわち、作品はあたらなかったにも関わらず、製作費は投資家からの資金でまかなわれ、配当を払わずにすんでいるので収支的には黒字だったことが発覚する。
そこでマックスは閃いた!投資家から実際に必要な金額よりずっと多い金額の出資を募り、絶対にあたらない作品を創ったら・・・大儲けができる!プロデューサーを夢見ていたレオも巻き込まれ、史上最低のミュージカル製作が始まった。

選ばれた脚本は『ヒトラーの春』。ヒトラーが歌い踊る、ドイツを礼賛したはちゃめちゃな脚本の演出を任せたのは、華美な世界観を誇るゲイの演出家と彼のチーム。脚本家自ら主演を務める予定で、間違いなく大コケするはずだった。そして迎えた初日の夜。一幕は唖然としていた観客が、二幕になると大爆笑!!!なんとナンセンスコメディとしてやんやの喝采を浴びる始末に。翌朝、各新聞に出た劇評も絶賛のオンパレード。何たる皮肉か、劇場にはチケットを求める長蛇の列が。算段が狂い、投資家に配当するお金もない二人は刑務所行きに。

しかし、それまで心からの友達のいなかったペテン師マックスにとっては、レオは初めて友と呼べる仲間になったし、うだつのあがらない税理士だったレオは、マックスのおかげで初めてプロデューサーとして仕事に夢を持ち 自分に自信を持つことができた。だからブロードウェイは素晴らしい。だから、ミュージカルはやめられない。というわけで、刑務所内で二人は囚人たちとミュージカルを製作する。その功績を称えられ、特赦で早々に釈放された彼らはブロードウェイに復帰する。

プロデューサーズ(The Producers)|動画紹介

プロデューサーズ(The Producers)|座席表

St. James Theatre の座席表

セント ジェームの座席表

プロデューサーズ(The Producers)の感想|口コミ情報

  1. orengeマン
    |

    プロデューサーズのミュージカル映画を先に見ていたのですが、ほんとのミュージカルを見なきゃと思ってチケットをお願いしました。
    話を最初から知っていたので、笑いの場所が先に分かり、来るぞ、来るぞ、来るぞ、キターーーってな感じで終始笑いっぱなしでした。ゲイの世界とヒトラーのところは、特にミュージカルだと楽しく見れました。オカマキャラも笑えましたよ。歌に関しては映画よりも迫力があって鳥肌たちました。何度も映画見てますが、ミュージカルもまた観たいです!

    5

口コミを書く

CAPTCHA