こちらの演目は2019年8月11日が千秋楽となります。

Longacre Theatre(地図
上演時間:2時間15分(途中休憩1回あり)

プロム(The Prom)|基本情報

劇場:Longacre Theatre 220 W 48th St, New York, NY 10036(地図
公演スケジュール 火~日(日・水・土は昼公演あり)
休演日:月
初公演日 2018年10月23日:プレビュー
2018年11月15日:オープニング

プロム(The Prom)|みどころ

セクシュアルマイノリティー(LGBT)を乗り越えるレズビアン高校生の物語

本作品は、思春期の女性同性愛者(レズビアン)を題材にしたコメディ作品として、2016年のジョージア州のアライアンス劇場公演を経てブロードウェイの舞台に登場しました。

主人公のレズビアンカップルエマとアリッサ
今日の日本のメディアでも多く取り上げられるようになったセクシュアルマイノリティーは、一般的に同性愛者、両性愛者、トランスジェンダー(性同一性障害)が含まれ、別名称「LGBT(女性同性愛者(レズビアン、Lesbian)、男性同性愛者(ゲイ、Gay)、両性愛者(バイセクシュアル、Bisexual)、トランスジェンダー(Transgender)」とも呼ばれています。2017年度第71回トニー賞ミュージカル作品賞を受賞した「ディアー・エヴァン・ハンセン (Dear Evan Hansen)」に続く、思春期時代の対人恐怖症や特定の性的指向など思春期特有の悩み、トランスジェンダーやソーシャルネットワークなど現代の社会問題を題材にした作品として注目を浴びています。

アラジン、ブック・オブ・モルモンを手掛けた演出家による新作

人気舞台演出家ケイシー・ニコロー(Casey Nicholaw)による舞台演出
本作品の監督・振り付けを務めるのは、トニー賞ノミネート常連の人気舞台演出家ケイシー・ニコロー(Casey Nicholaw)です。彼は、現在公演中の「ブック・オブ・モルモン(The Book of Mormon)」でトニー賞ミュージカル演出賞受賞トニー賞振付賞ノミネート、「アラジン(Aladdin)」でトニー賞振付賞ノミネート、「ミーン・ガールズ(MEAN GIRLS)」でトニー賞ミュージカル演出賞ノミネート、その他1度のトニー賞振付賞ノミネート(第59回)、2度のトニー賞ミュージカル演出賞ノミネート(第60回第69回)経験があるベテラン演出家兼振付師です。

プロム(The Prom)|ストーリーあらすじ

インディアナ州のとある田舎町の高校に通う主人公エマは、アメリカではそう珍しくない女性同性愛者(レズビアン)として、同級生のアリッサ・マッカーラと付き合っていました。
彼女たちは、学年の最後に開かれるダンスパーティー「プロム」に2人で参加しようとしますが、学校側は伝統ある男女のダンスパーティーにレズビアンは認めないと2人の参加を許可しませんでした。さらに、学校側やPTAはレズビアンカップルをプロムに参加させないために、その年のプロム自体を中止にしてしまったのです。

この学校側の対応がメディアによって放送され、彼女たちの存在はアメリカ国内で大きな話題を呼びます。
果たして、彼女たちはどうようにして偏見や差別を乗り越えるのでしょうか。また、高校生にとって年に一度の一大イベントであるプロムは無事に開催されるのでしょうか!?

プロム(The Prom)|動画紹介

プロム(The Prom)|座席表

Longacre Theatre の座席表

ロングエーカー劇場の座席表

プロム(The Prom)|豆知識

ミュージカル「アラジン」の楽曲を務めた劇作家が作曲!

舞台上でキャスト全員が踊るシーン
本作品の楽曲を手がけた劇作家チャド・ベゲリン(Chad Beguelin)は、過去にミュージカル「アラジン(Aladdin)」でトニー賞ミュージカル脚本賞オリジナル楽曲賞のダブルでノミネート、2006年公開のミュージカル「ウェディング・シンガー(The Wedding Singer)」でトニー賞ミュージカル脚本賞オリジナル楽曲賞のダブルでノミネート経験のある実力派劇作家です。今回、レズビアンというセクシュアルマイノリティーを題材にした作品を、同じく社会問題が題材の「ディアー・エヴァン・ハンセン」のような心に染みるゆったりな曲調ではなく、明るく元気よく、事前に曲を知らなくても思わず手拍子をしてしまうような、コメディーかつ愉快な楽曲に仕上げています。

また、本作品の監督・振り付けを務めケイシー・ニコローは、2015年に、日本で公演が行われた劇団四季ミュージカル「アラジン」の演出・振付を担当するために来日するなど、日本のミュージカルとも馴染みのある人物です。多分野のミュージカルで活躍する彼の初のセクシャルマイノリティを題材にした演出に注目です。

プロム:Prom とは

舞台上でのプロムの様子
本作品のタイトルでもある「プロム」とは、正式名称「プロムナード(Promenade)」略称で、アメリカやカナダの高校で実施されている学年の最後に開催されるダンスパーティーです。日本では運動会、文化祭、マラソン大会など、学校全体で実施するイベントが年を通じて多数ありますが、アメリカやカナダではほとんどそのような総出イベントがありません。代わって「プロム・ナイト」や「セイディース・ナイト」と呼ばれるダンスイベントが開催されます。これは参加は自由であり、かつ、相手がいないと参加できない(ペア参加が基本)となっており、友達関係や周りを気にする10代にとってはいろんな意味で大切なイベントとなっています。

時期が近づくと「プロムにあの子に誘われた」「何人から声がかかった」「あの子は誰と一緒に行くらしい」など、キャンパス内でいろんな会話が聞こえてきます。海外らしく、イベントは大掛かりなもので、体育館を特設イベント会場にして開催する学校もあれば、きちんとしたレストランを貸し切って開催する学校もあります。頭を悩ませるのは子どもたちだけでなく親も同じで、基本的に男性はタキシード、女性はドレスを着用するため、レンタル(または購入)費用、そして送迎にはリムジンをチャーターしたりするので、それなりの費用がかかります。なので、家の事情(見えを張ったり)も大きく関与したりで大変なイベントとなります。

プロムのキャストと制作スタッフ

音楽 Matthew Sklar
歌詞 Chad Beguelin
脚本 Chad Beguelin
Bob Martin
監督・振付 Casey Nicholaw
舞台デザイン Scott Pask
照明デザイン Natasha Katz
衣装デザイン Ann Roth
Matthew Pachtman
オーケストラ Larry Hochman
音響デザイン Peter Hylenski

プロム(The Prom)の感想|口コミ情報

  1. 南知奈
    |

    レズビアンの話だけでなく他者を認めるがテーマになっていて奥深さを感じました。
    ダジャレも取り入れつつ、考えさせられる内容は見やすくていいと思いました。

    4
  2. Travel1002
    |

    レズビアンを題材にしたミュージカルは初めて見ましたが、最後のクライマックスには驚きました。日本でもこういった物語を題材にした作品を上演すればいいのにな

    4
  3. GOOD
    |

    最初に出てくる4人組の方たちが非常に面白かった。
    自分が見たときには選挙中だったこともあり、政治に絡めたジョークを言うなど、
    アメリカらしいぎりぎりのアメリカンジョークを発していてそこもまた本場ならではというか、
    アメリカでしかできない舞台だと感じた。日本もこのような舞台を作ればいいのにと思いったのが率直な感想です。

    5
  4. サンタさん
    |

    英語が少し難しかったのですが、心がウキウキするミュージカルでした。
    日本人として、もし学校でこのようなことが起きたらどうなるのかなとか考えてしまいました。
    楽しかったです。

    4

口コミを書く