Al Hirschfeld Theatre(地図
上演時間:未定

ムーランルージュ(Moulin Rouge! The Musical)|基本情報

劇場:Al Hirschfeld Theatre 302 W 45th St, New York, NY 10036(地図
プレビュー公演 2019年6月28日
オープニング公演 2019年7月25日

ムーランルージュ(Moulin Rouge! The Musical)|みどころ

レディー・ガガ、ビヨンセ、ケイティ・ペリーなど最新曲を投入!

舞台版「ムーラン・ルージュ(Moulin Rouge! The Musical)」
映画版ムーラン・ルージュは、世界を代表する歌手ザ・ビートルズ (The Beatles)エルトン・ジョン(Elton John)マドンナ(Madonna)など名だたる著名人の名曲の一部をリミックスして楽曲が制作されていることで有名ですが、今回初の舞台にあたり、映画で使用された曲を含め、レディー・ガガ(Lady Gaga)、ビヨンセ(Beyoncé)、アデル(Adele)、ケイティ・ペリー(Katy Perry)らといった現代の音楽界で活躍する最新のアーティストの楽曲も加え、映画の倍の曲数を投入しました。年代ごとに世界中で大ヒットした楽曲が勢揃いしているため、原作映画を見たことがないあなたでも、必ず舞台を楽しむことができます。
楽曲リストはこちら ▶

唯一のオリジナル曲「Come What May:カム・ホワット・メイ」にも注目!

Come What Mayを歌うクリスチャン(Christian)役のアーロン・トヴェイト(Aaron Tveit)
20世紀のヒット曲をミックスして作り上げたムーランルージュ唯一のオリジナル曲といえば、主題歌「Come What May:カム・ホワット・メイ」です。別名「秘密の愛の歌」とも呼ばれているこのオリジナル曲は、主人公クリスチャンとサティーンの許されざるも激しく惹かれ合う2人の愛を描いた曲であり、映画の中では、ニコール・キッドマンとユアン・マクレガーがデュエットした事でも有名です。観劇前に、ぜひこの名曲を「映画版」と「舞台版」の両方を事前にチェックしていただきたいと思います。
映画版: Come What May 聴曲 ▶
ミュージカル版: Come What May 聴曲 ▶

ムーラン・ルージュ(Moulin Rouge! The Musical)|ストーリーあらすじ

舞台は1900年のパリ。
作家を目指しモンマルトルにやってきた少年クリスチャンは、この町で自由と愛についての物語を書こうと意気込むも、恋愛経験がまったくなかった彼は物語が全然書けずに悩んでいました。

そんなある日、彼が泊まっていた宿の天井を突き破り、気を失ったアルゼンチン人が落ちてきます。いきなりの出来事で驚くクリスチャンの前に、キャバレー「ムーラン・ルージュ」で働く作家のオードリーと画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックが現れます。彼らは、ムーラン・ルージュの舞台で流す音楽をアルゼンチン人に頼んでいましたが、いい曲が見つからず困っていました。そこで、クリスチャンは、彼らの前で舞台にあった曲を即興で披露します。その曲を気に入った彼らは、アルゼンチン人の代わりに、クリスチャンに舞台の曲を書くことをお願いしました。

やがて、キャバレー「ムーラン・ルージュ」で働くようになったクリスチャンは、そこで働くサティーンに恋をしてしまいます。一方、キャバレー1の踊り子であるサティーンは女優になるため、お金を支援してくれそうな資産家の公爵に近寄りますが、手違いにより、クリスチャンを公爵と間違えてしまい、なんとクリスチャンに恋をしてしました。クリスチャンの素性を知ったサティーンですが、2人は両思いとなり、周りに隠しながらも着々と愛を育んでいきました。しかし、そんな幸せな日々も長くは続きませんでした。ついに、2人の関係が公爵の耳に入ってしまい、それを知った公爵そして周りは2人を引き離そうとします。身分がまったく異なる2人の恋はどんな物語へと展開していくのか、予想もできないクライマックスが待っています。

ムーラン・ルージュ(Moulin Rouge! The Musical)|動画紹介

ムーラン・ルージュ(Moulin Rouge! The Musical)|座席表

Al Hirschfeld Theatre の座席表

 Al Hirschfeld Theatre アル ハーシュフェルド劇場の座席表

ムーラン・ルージュ(Moulin Rouge! The Musical)|豆知識

映画「ムーラン・ルージュ(Moulin Rouge!)」は2001年にバズ・ラーマン監督によって制作された映画で、ハリウッド俳優ニコール・キッドマン(Nicole Kidman)やユアン・マクレガー(Ewan McGregor)など大物キャストにより映画化され大ヒットとなりました。

サティーン役のカレン・オリヴォとクリスチャン役のアーロン・トヴェイト
実際にパリにあるダンスやコメディショーなどパフォーマンスをする舞台キャバレー「Moulin Rouge(ムーラン・ルージュ)」を舞台に、世界的に有名な歌手であるビートルズやエルトン・ジョン、マドンナなどの曲に乗せて踊り子たちの人生を描いた物語は大きな反響を呼び、その興行収入は180億円以上にも及びました。既存する名曲とミュージカルを混在したミュージカル「ジュークボックス・ミュージカル(Jukebox musical)」は、過去にない従来のミュージカル映画のイメージを払拭する斬新なとして話題になり、さらに、主演のニコール・キッドマンの演技は批評家から絶讃を受け、アカデミー主演女優賞にノミネート、ゴールデングローブ賞で主演女優賞を受賞しました。

ジュークボックス・ミュージカル(Jukebox musical)

本作品も分類される「ジュークボックス・ミュージカル(Jukebox musical)」とは、ミュージカル用に書き下ろされた新曲ではなく、既存の楽曲を使ったミュージカル、またはミュージカル映画のことを指します。ムーラン・ルージュのように幾つものアーティストの楽曲を仕様したジュークボックス・ミュージカルは珍しく、一般的に特定のミュージシャンやグループの楽曲を使用して作られるものが多いです。代表的な作品として、2001年ミュージカル公開、2008年映画公開の「マンマ・ミア! (Mamma Mia!)」、2005年公演開始のオフ・ブロードウェイ「ジャージー・ボーイズ(Jersey Boys)」、2013年公演開始のブロードウェイ「ビューティフル(Beautiful: The Carole King Musical)」などが挙げられます。

映画「グラディエーター」「ラスト・サムライ」を手がけた脚本家も参加

2018年7月30日ボストンでの初演を経て、ブロードウェイにて公演予定のミュージカル版「ムーラン・ルージュ」は、舞台を作り上げる制作軍が豪華受賞歴を持ったチームとなります。

サティーン(Satine)役のカレン・オリヴォ(Karen Olivo)
台本を担当する劇作家ジョン・ローガン(John Logan)は、映画脚本家としてハリウッドで活躍しており、過去に2度アカデミー賞ノミネート経験の持ち主で、代表作は映画「グラディエーター」「ラスト・サムライ」「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」などが挙げられます。監督を担当するのは、過去に2011年トニー賞ミュージカル脚本賞2012年トニー賞演劇演出賞にノミネート経験のある著作家アレックス・ティンバース(Alex Timbers)です。彼は、2018年10月公開予定のブロードウェイ「ビートルジュース(Beetlejuice)」でも監督を務める人気著作家です。
「ムーランルージュ」
そして、アカデミー賞衣装デザイン賞と美術賞を受賞した映画版「ムーラン・ルージュ」の舞台と衣装を担当するのは、ブロードウェイの偉人キャサリン・ズーバー(Catherine Zuber)です。衣装デザイナーとしてブロードウェイで知らない人はいないというほど偉業を成し遂げた人物で、過去にトニー賞デザイン賞で5度ノミネート第53回第57回第65回第65回第71回)、2018年度のトニー賞ミュージカル衣装デザイン賞を含め7度受賞第58回第59回第60回第61回第64回第69回第72回)しています。(なんと4年連続トニー賞を受賞しています!)彼女が作り上げる舞台に登場する豪華なセットや華やかな衣装も必見です。

舞台の主役となるクリスチャン(Christian)役はアーロン・トヴェイト(Aaron Tveit)、サティーン(Satine)役はカレン・オリヴォ(Karen Olivo)です。2人が作り上げるムーラン・ルージュの世界感に期待が高まります。

知っておきたいムーランルージュの人気曲

ムーラン・ルージュのオリジナル楽曲やリミックス曲を含め、人気の高い楽曲をご紹介します。
観劇前に曲を聞いておくことでより一層舞台を楽しむことができます。

曲名 原曲・紹介
Come What May(動画 映画の主役ニコール・キッドマン(Nicole Kidman)とユアン・マクレガー(Ewan McGregor)が歌う本作品の主題歌は、ゴールデングローブ賞主題歌賞にノミネートしました
Sparkling Diamonds(動画 原曲:マドンナ(Madonna)/キャロル・チャニング(Carol Channing)/マリリン・モンロー(Marilyn Monroe)
ニコール・キッドマンがメインとなって歌うムーラン・ルージュの代表曲。キャロル・チャニングとマリリン・モンローの名曲「Diamonds Are a Girl’s Best Friend」の一部を使用しています。
Elephant Love Medley(動画 原曲:ザ・ビートルズ (The Beatles)/フィル・コリンズ(Phil Collin)など
作品の楽曲の中で一番名曲のリミックスが多い作品。セリフを含めると約13曲の名曲の一部を使用しています。
Your song(動画 原曲:エルトン・ジョン(Elton John)
映画に出演するユアン・マクレガー(Ewan McGregor)とアレッサンドロ・サフィーナ(Alessandro Safina)のコラボ曲。
Green Fairy(動画 原曲:サウンド・オブ・ミュージック(The Sound of Music)
ミュージカル名作「サウンド・オブ・ミュージック(The Sound of Music)」の一部とリミックスをした作品。
One Day I’ll Fly Away(動画 映画の主役ニコール・キッドマンとユアン・マクレガーが歌うラブソングは、ニコール・キッドマンの美貌と歌声に見惚れてしまう曲。

ブロードウェイ「ムーラン・ルージュ」 新作楽曲

ミュージカル化にあたり、追加で楽曲が制作されたリミックスを一部ご紹介します。

曲名 原曲・歌手名
Bohemian Idea Part 2 原曲:Royals – ロード(Lorde)/Children of the Revolution – T・レックス(T. Rex)/We Are Young – ファン(Fun.)
Satine’s Entrance 原曲:Material Girl† – マドンナ(Madonna)/Single Ladies – ビヨンセ(Beyoncé)/Diamonds – リアーナ(Rihanna)など
Backstage at the Moulin Rouge 原曲:Firework – ケイティ・ペリー(Katy Perry)
Rehearsal 原曲:Bad Romance – レディー・ガガ(Lady Gaga)/Seven Nation Army – ザ・ホワイト・ストライプス(The White Stripes)/Toxic – ブリトニー・スピアーズ(Britney Spears)など
The Green Fairy 原曲:Chandelier – シーア(Sia)
Streets of Paris Part 2 原曲:Rolling in the Deep – アデル(Adele)/Crazy – ナールズ・バークレイ(Gnarls Barkley)

ムーラン・ルージュ(Moulin Rouge! The Musical)の制作スタッフ

脚本 John Logan
制作 Alex Timbers
振り付け Sonya Tayeh
舞台デザイン Derek McLane
衣装デザイン Catherine Zuber
照明デザイン Justin Townsend
音楽デザイン Peter Hylenski
オーケストラ Justin Levine

ムーラン・ルージュ(Moulin Rouge! The Musical)の感想|口コミ情報

  1. 竹本です
    |

    ニコール・キッドマン主演の映画で彼女の美しさに惚れた覚えがあります。
    この作品では名曲が沢山勢揃いしており、飽きずに舞台を見れるかなと思います。
    一番好きな楽曲は「Come What May 」です。舞台を観劇するのが楽しみです。

    4
  2. 初めて利用しました
    |

    以前パリでショーを見たことがあります。今回ニューヨーク旅行が決まって、ミュージカルを探していたところ、ムーラン・ルージュを見つけて飛び跳ねました。とっても嬉しいです。チケットは窓口で交換ですよね。楽しみです。(*^^*)

    5

口コミを書く