こちらの演目は2013年11月10日に終演となりました

Richard Rodgers Theatre(地図
上演時間:2時間15分(休憩なし)

ロミオとジュリエット(Romeo & Juliet)|基本情報

Richard Rodgers Theatre 226 West 46th Street New York, NY(地図
プレビュー公演 2013年08月24日
オープニング公演 2013年09月19日
公演終了日 2013年12月08日

ロミオとジュリエット(Romeo & Juliet)| 見どころ

こちらの演目の目玉は何と言っても、パイレーツオブカリビアンやロードオブザリングにも出演し 一躍ハリウッドの人気俳優に仲間入りし、今や押しも押されぬ大スターとなったオーランド・ブルームが主演のロミオ役でブロードウェーデビューするという点!

そんなオーランドの相手役ジュリエットには、映画セックスアンドザシティ2のメーガン役を務め、 2012年・2013年度のトニー賞演劇部門にて助演女優賞を受賞した、舞台女優としては名を馳せているコンドラ・ラシャドに幸運の白羽の矢が。 豪華俳優人に加え演出を手がけるのは、ミュージカル「NINE」などでトニー賞5度ノミネートの実力を持つイギリス人演出家のデビッド・ルボー氏が努めます。

現代風にアレンジされた今回の『ロミオとジュリエット』では、モンタギュー家は白人家族、キャピュレット家は黒人家族という設定で描かれる予定。 またブロードウェイで今演目が上演されるのは実に36年振りとなり、オーランドブルームファンはもちろん、シェイクスピアファン、演劇ファンも必見です!
滅多にないこの機会を、ぜひお見逃し無く!!

ロミオとジュリエット(Romeo & Juliet)|あらすじ

イタリアの都市ヴェローナの街にキャピュレット家とモンタギュー家という二つの旧家があり、両家は代々お互いを仇だと思っていがみあっていました。

キャピュレット家にはジュリエットという一人娘が、モンタギュー家にはロミオという一人息子がいたのですが
ひょんな事から2人は舞踏会で出会い、恋に落ちてしまいます。

お互いが仇の家の出身だとわかっても2人の想いは変わらず、
両家の仲直りを願うロレンス修道僧に秘密の結婚式を挙げてもらい夫婦となります。

しかし幸せな時間は長くは続きません。
ジュリエットの従兄弟ティボルトにケンカをふっかけられたロミオは、
自分の代わりにケンカを買った親友マキューシオを殺されてしまいます。

理性を失ったロミオはティボルトを殺害。
両親の助けを借りるものの、ヴェローナの街からは追放となってしまいます…

そんな中ジュリエットは、ロミオの追放に心乱れて嘆き暮らす日々。
彼女を慰めようとキャピュレット夫妻は、パリスという名門貴族との結婚を決めるのですが
すでにロミオと夫婦の誓いをたてたジュリエットはパリスとの結婚を断固として拒みます。

両親はジュリエットの頑なな態度に腹を立て、言う事をきかないのなら勘当すると言い放ちます。
事情を話すこともできず、孤立して追い詰められるジュリエット。
最終的に、最期の頼みの綱であるロレンス修道僧にすがりつくことになります。

ロレンス修道僧は「仮死になる薬によって死んだと思わせて霊廟に葬られ、
目覚めた時に迎えに来たロミオと二人でヴェロナから逃げる。」という計画を提案するのですが
ロミオとジュリエットの行く先には悲しい未来が待ち受けているのでした…

ロミオとジュリエット(Romeo & Juliet)|動画紹介

ロミオとジュリエット(Romeo & Juliet)|座席表

Richard Rodgers Theatre の座席表

リチャード ロジャース劇場の座席表

ロミオとジュリエット(Romeo & Juliet)の感想|口コミ情報

口コミ情報をお寄せください