Gershwin Theatre|基本情報

住所: 222 W 51st St, New York, NY 10019(地図
開業: 1972年11月28日
収容人数: 1,933人
上演中の演目: ウィキッド
座席表: ※クリックして拡大
ガーシュイン劇場の座席表

Gershwin Theatre 劇場の歴史

現在ブロードウェイで最大の劇場

ガーシュイン劇場は 、1970年に開業したパラマウントプラザ(Paramount Plaza)ビルの中に併設され、座席数1,933席というブロードウェイの劇場最大数を擁する劇場になります。不動産開発事業者であるハラルド・ユーリス(Harold Uris)とパーシー・ユーリス(Percy Uris)兄弟の名前から、開業当初はユーリス劇場(Uris Theatre)と名付けられました。ラルフ・アルスワン(Ralph Alswang)によって手がけられた建築デザインは、植物模様や流れるような曲線が特徴なアール・ヌーヴォー様式で、当時最先端の音響も劇場に備え付けられていました。

劇場の運営開始後の初公演では、ロック・ミュージカルと呼ばれ、ロックミュージックをミュージカルに取り込んだ「Via Galactica」が公演されましたが、 100万ドルの損失を出してしまったせいでたった7回の公演で打ち切りとなりました。その結果1974年から1976年までの間は、主に伝説のポップミュージックやジャズパフォーマーによる、数々のコンサート・ホールとして使用されていました。
ちなみに1983年6月5日に第37回トニー賞の会場となった劇場で、ユーリス劇場は作詞作曲家のガーシュイン兄弟への敬意を表すために「ガーシュイン劇場」に改名し、2003年から公演しているウィキッドの会場として有名です。

元舞台監督が作った劇場

横に突き出たサイドセクション
1972年にラルフ・アルスワン(Ralph Alswang)によって設計されたユーリス劇場ですが、ラルフは元々劇場のプロデュースや映画監督、またはデザイナーでもあり、100以上のブロードウェイ作品の舞台背景や照明、衣装などを手がけてきました。劇場は高層ビルの2階に位置し、照明器具、劇場内のバーなどをアール・ヌーヴォー様式で造り、多くの人々はオーケストラ席を望んでいると長年の劇場界での経験上思っていたことから、座席数の三分の二以上の1,280席はオーケストラ席となっています。残りの座席はバルコニー席とボックス席の代わりとなるようなサイドセクションが突き出る形で作られています。

アルスワンによると、舞台は様々な用途を可能にするために解体や張り出しステージの追加など、自由に制作できるようになっていて、劇場初のウォーターカーテンを導入したりと、約1250万ドル建設費用としてかかっています。

パラマウントプラザ(Paramount Plaza)について

2つのブロードウェイ劇場を所有するパラマウントプラザ(Paramount Plaza)

パラマウントプラザはマンハッタンのミッドタウン地区に位置する48階建ての超高層ビルとなり、映画館だったキャピトルシアター(Capitol Theatre)の跡地に建てられ、当時ニューヨーク市で最大の不動産開発事業者であると主張していたユーリス兄弟によって開発されました。1970年に建設されたビルは当初ユーリスビル(Uris Building)と呼ばれていましたが、兄パーシー・ユーリス(Percy Uris)の死後、弟ハロルド(Harold Uris)はナショナル・キニー・コーポレーション(National Kinney Corporation)に建物を売却します。しかし上手くビルの運営ができず、破産寸前まで陥ったところを不動産投資会社のパラマウント・インベストメント・グループ(Paramount Investment Group)が引き継ぎ、名前を一新し現在に至ります。
建物内にはガーシュイン劇場とサークル・イン・ザ・スクエア劇場があり、オフィスビルの上層階にはドイツの金融サービス会社、ワーナー・ミュージック・グループ、法律事務所など様々は企業の事務所が入居しています。

アメリカン・シアター殿堂(American Theater Hall of Fame)

ガーシュイン劇場の入り口を入ってエレベーターを上がると、そこにはアメリカン・シアター殿堂所があり、巨大な壁には殿堂入りした劇場界関係の方々の名前が刻印されており、その他写真や小道具や台本などが飾られています。1971年にアール・ブラックウェル(Earl Blackwekk)を筆頭に、ジェームズ・M・ネダーランダー(James M Nederlander)、ジェラルド・オストライヒャー(Gerald Oestreicher)、L.アーノルド・ワイスバーガー(Arnold Weissberger)によってアメリカ劇場の生涯功績を称えるために設立されました。殿堂入りを果たすには、最低でも劇場での25年間以上のキャリアがあることが条件で、キャリアを持つ俳優、劇作家、デザイナーやプロデューサーの中から、アメリカ劇場批評家協会(ATCA)のメンバー275人の審査員の投票によって毎年選ばれています。
アメリカン・シアター殿堂(American Theater Hall of Fame)は、アメリカ劇場の生涯功績を称える唯一の米国に認められた非営利団体で、資金は個人寄付、イベントチケットや物販などによって運用されています。

ガーシュイン兄弟(Ira GershwinとGeorge Gershwin)について

左からジョージ・ガーシュイン(George Gershwin)、アイラ・ガーシュイン(Ira Gershwin)
ガーシュイン兄弟は20世紀を代表とする兄弟コンポーザーで、 兄のアイラ・ガーシュイン(Ira Gershwin)は作詞を、弟のジョージ・ガーシュイン(George Gershwin)は作曲を手がけ、ポピュラー音楽・クラシック音楽の両面で活躍し、数多くの名曲を残したことで有名です。

2人がコンビとなって制作される楽曲はジャズとクラシックを融合した曲調に、機知に富んだ親しみやすい内容の歌詞で多くの人に愛好されました。

マンハッタンの対岸にあるブルックリンで兄弟は生まれ、父親は音楽を学ばせようと兄のアイラにピアノを買い与えますが、子供の頃から読書家で文芸趣味があった彼は全く興味を示さず、代わりに弟ジョージが音楽を親しむことになります。
ジョージが13歳の時に本格的にピアノと和声(西洋音楽の音楽理論の用語で、和音の進行、声部の導き方および配置の組み合わせを指す概念のこと)を習い始め、18歳になってその才能を見出された頃から作曲を始めますが、一方でアイラは父が経営していたトルコ風呂(イスラム地方に古くからある乾燥浴)で働いており、1921年まで全く音楽に携わることはありませんでした。

そんなアイラのもとに、ある日エイブラハム・リンカーン・アーランガーがプロデュースした「Two Little Girls in Blue」 の楽曲作詞依頼が入り、人気作曲家のヴィンセント・ユーマンスと組んで音楽制作をしたところ高く評価されたことから、たった一度の成功でショービジネス界に足を踏み入れることになります。当時駆け出しの弟の活躍と評判を落とさないように、アイラは偽名を使用していました。

ガーシュイン兄弟の仕事風景の様子(1930年代)
アイラの劇場界の参入により2人はコンビを組むことになり、1972年のミュージカル「Lady, Be Good」で初めて兄弟でブロードウェイの音楽制作を行いました。その後2人は様々なショーや映画の音楽を輩出し、その中でも有名は歌曲は「私の彼氏(The Man I Love)」「But Not For Me」「I Got Rhythm」「They Can’t Take That Away from Me」などで、アメリカンミュージカル劇場において最も影響力のある人間にまで成長しました。兄弟コンポーザーの活動は1937年の脳腫瘍によるジョージの急逝(38歳没)にて終わりを告げますが、アイラは3年間の休止期間を経て、再び作詞家として活動し続けました。

通称「完璧な音楽家」と呼ばれていたジョージの代表作に「 ラプソディ・イン・ブルー 」がありますが、ジャズ的な色彩とサウンドを大胆に用いたこの曲は、クラシック史上画期的な作品として世界的に高く評価されています。若くして亡くなった彼が作った多くの曲はジャズのスタンダードになっており、有名歌手やミュージシャンによって今日も愛されています。

Gershwin Theatreで上演された過去の作品

上演開始日 演目
1972年11月28日~12月2日 Via Galactica
1973年3月13日~7月21日 Seesaw
1973年9月5日~9月16日 The Desert Song
1973年11月13日~1974年2月19日 Gigi
1974年3月8日~3月8日 Mott the Hoople
1974年10月1日~10月1日 Enrico Macias and His La Fete Orientale Co.
1974年10月16日~10月27日 Andy Williams with Michel Legrand
1974年10月31日~11月10日 Anthony Newley / Henry Mancini
1974年11月13日~11月24日 Johnny Mathis and the Miracles
1974年11月27日~12月8日 The Fifth Dimension with Jo Jo’s Dance Factory
1974年12月19日~12月22日 Raphael in Concert with the Voices of New York
1974年12月26日~1975年1月12日 Aureole
1974年12月26日~1975年1月12日 Apollo
1974年12月26日~1975年1月12日 The Moor’s Pavane
1974年12月26日~1975年1月12日 Flower Festival in Genzano
1974年12月26日~1975年1月12日 Nureyev and Friend
1975年3月11日~3月16日 Seals and Crofts, with Walter Heath
1975年4月22日~4月29日 Dance Theatre of Harlem
1975年9月8日~9月20日 The Concert: Frank Sinatra, Ella Fitzgerald, and Count Basie
1975年10月21日~11月2日 Treemonisha
1975年11月18日~11月29日 Fonteyn & Nureyev on Broadway
1975年12月30日~1976年1月8日 Awakening
1976年1月9日~2月1日 Push Comes to Shove
1976年2月1日~2月1日 Paul Anka
1976年3月16日~3月30日 Dance Theatre of Harlem
1976年5月5日~5月23日 The Mikado
1976年5月16日~5月23日 H.M.S. Pinafore
1976年6月3日~6月6日 Al Green / Ashford & Simpson
1976年9月25日~12月5日 Porgy and Bess
1976年12月7日~12月19日 Bing Crosby on Broadway
1976年12月21日~1977年1月2日 Barry Manilow on Broadway
1977年3月1日~3月20日 Nureyev
1977年5月2日~1978年12月30日 The King and I
1979年3月1日~1980年1月29日 Sweeney Todd
1980年2月25日~3月8日 Dance Theatre of Harlem
1980年8月20日~9月21日 Marcel Proust Remembered
1980年8月20日~9月21日 The Bat
1980年8月20日~9月21日 Coppelia
1980年10月7日~11月2日 Makarova and Company
1980年11月6日~11月23日 Boston Ballet Company
1980年12月22日~1981年8月9日 The Pirates of Penzance
1981年1月8日~8月9日 The Pirates of Penzance
1981年4月18日~11月29日 My Fair Lady
1981年12月10日~1983年1月2日 Annie
1983年4月24日~1月5日 Show Boat
1983年1月5日~1月5日 The 37th Annual Tony Awards – 1983
1983年1月24日~8月28日 Mame
1984年4月19日~5月27日 Shirley MacLaine on Broadway
1984年6月3日~6月3日 The 38th Aunual Tony Awards-1984
1984年9月11日~9月16日 Patti LaBelle on Broadway
1984年10月14日~1985年1月16日 Much Ado About Nothing
1984年10月16日~1985年1月19日 Cyrano de Bergerac
1985年7月2日~1986年5月18日 Singin’ in the Rain
1987年3月15日~1989年1月8日 Starlight Express
1989年4月18日~1990年1月10日 Barry Manilow at the Gershwin
1989年11月2日~1990年1月10日 Meet Me in St. Louis
1990年10月4日~10月23日 Bugs Bunny on Broadway
1990年11月18日~1991年1月16日 Fiddler on the Roof
1991年11月6日~12月1日 Moscow Circus – Cirk Valentin
1992年2月3日~4月25日 Grand Hotel
1992年5月31日~5月31日 The 46th Annual Tony Awards – 1992
1992年12月28日~1993年1月3日 Tommy Tune Tonite!
1993年4月7日~4月11日 Raffi
1993年6月6日~6月6日 The 47th Annual Tony Awards Playbill – June 6, 1993
1993年6月8日~6月13日 Yanni
1993年6月21日~8月7日 Camelot
1993年12月16日~12月19日 The Red Shoes
1994年1月12日~1月12日 The 48th Annual Tony Awards – 1994
1994年10月2日~1997年1月5日 Show Boat
1995年7月12日~7月12日 Something Wonderful
1997年1月27日~2月1日 Men Are from Mars, Women Are from Venus
1997年4月29日~7月27日 Candide
1997年12月3日~1998年1月14日 1776
1998年11月19日~1999年1月17日 On the Town
1999年4月7日~4月29日 Peter Pan
1999年6月6日~6月6日 The 53rd Annual Tony Awards – 1999
1999年11月17日~2000年1月9日 Tango Argentino
2000年3月16日~2001年8月26日 Riverdance – on Broadway
2001年12月26日~12月30日 Linda Eder at the Gershwin
2002年3月21日~2003年2月23日 Oklahoma!
2002年6月28日~1月28日 Something Good
2008年10月27日~10月27日 The Yellow Brick Road Not Taken
2003年10月8日 ウィキッド ※現在も上演中