Imperial Theater|基本情報

住所: 249 W 45th St, New York, NY 10036(地図
開業: 1923年12月25日
収容人数 1,435人
座席表: ※クリックして拡大
インペリアル劇場の座席表

Imperial Theater 劇場の歴史

アメリカンオペラ演劇学校の跡地に開業した「インペリアル劇場」

アメリカンオペラの演劇学校「リリック劇場(Lyric Theatre)」
1923年12月25日に開業したインペリアル劇場(Imperial Theater)は、当時ブロードウェイにあった劇場全体の座席総数の半数以上を所有していたシューベルト兄弟(Shubert brothers)によって建築されました。元々インペリアル劇場の場所には、アメリカンオペラの演劇学校「リリック劇場(Lyric Theatre)」がありましたが、時代と共に時代遅れとなったオペラ学校は経営不振に陥り開業を余儀なくされ、1903年にシューベルト・オーガニゼーションに売却しました。インペリアル劇場はシューベルト兄弟の建てた50番目の劇場にあたるということで、絶対的な信頼をおいていたハーバート・クラップ(Herbert J. Krapp)に建築デザインを依頼しました。

20世紀始めに、シューベルト兄弟がブロードウェイ内に建築した数多くの劇場を、このハーバート・クラップが手がけており、現在ブロードウェイ番街で運営をしている19劇場の内、アンバサダー劇場ジョン ゴールデン劇場ウィンター ガーデン劇場インペリアル劇場マジェスティック劇場ブロードハースト劇場ジェラルド ショーンフェルド劇場バーナード・ジェイコブス劇場の8つの劇場をクラップがデザイン担当しています。

ハーバート・クラップ(Herbert J. Krapp)によるアダム様式

アダム様式でデザインされた開業当時のインペリアル劇場のロビー
インペリアル劇場の造りは、クラップの象徴的建築スタイルとも言えるアダム様式(Adam style)でデザインされています。この様式は、18世紀後期イギリスの建築家ロバート・アダムらアダム兄弟が確立した室内装飾や家具のデザイン様式のことで、インペリアル劇場にも天井、家具、絨毯、ドアの把手のデザインまで古典的な趣味で統一されており、特に、花柄や幾何学模様がモチーフの装飾が施されたパネル一枚一枚が劇場全体に統一感を持たせ、優雅に見せています。

建設当時のImperial Theatre 内装

クラップ氏のデザインによるインペリアル劇場の開業当時の内装
一方で、クラップ建築の最大の特徴である、劇場の持つ空間を最大限に生かす設計がこの劇場にも採用されており、長方形の劇場内の客席を、奥行きがあるというよりも横に長くなるように、また、全ての座席がステージや役者に近く、親密に感じられるように設計して造られています。

2018年7月現在のImperial Theatre 内装

2018年7月12日現在のインペリアル劇場の様子
舞台の幕、座席、シャンデリアなどはさすがに交換されてはいるものの、壁の装飾など建設当時から変わっていないアダム様式が確認できます。

意図的に劇場入口を45丁目側の1箇所に設置した目的

45丁目だけに置かれたインペリアル劇場の正面入口
シューベルト兄弟は所有するジョン・ゴールデン劇場ジェラルド・ショーンフェルド劇場ブース劇場ジェイコブス劇場ミュージック・ボックス劇場などが45丁目周辺一体に立ち並んでいたため、規模を拡大して彼らの劇場帝国を築く目的から、46丁目の7番街と8番街の間に建っているインペリアル劇場の正面入口を意図的に45丁目側にのみ設置し、46丁目側には劇場の入口を設けませんでした。少し無理やり45丁目に正面入口を作ったため現在でも当時の姿が残る正面入口は小さく、見つけにくいという意見もあります。

インペリアル劇場を代表するミュージカル作品

ピピン(Pippin)はブロードウェイ史上初のテレビCMを放送

1972年、振付師ボブ・フォッシー(Bob Fosse)が振付を手掛けた作品「ピピン(Pippin)」のオリジナル公演がインペリアル劇場で開始され、1973年にはトニー賞11部門ノミネート、5部門を受賞しました。

ブロードウェイ初のテレビCM放送作品「ピピン(Pippin)」
公演が開始すると、ブロードウェイ史上初の取り組みとして、実際のブロードウェイ公演の映像を60秒を使用したテレビCMを放送しました。このCMでは、ピピンの代表的な音楽の「Glory」が使用され、映像では、トニー賞主演男優賞を受賞したベン・ヴェリーン(Ben Vereen)、コーラスをするダンサーのキャンディ・ブラウン(Candy Brown)とトニー賞主演女優賞を受賞したパメラ・スーザ(Pamela Sousa)が登場しました。CMの最後に「インペリアル劇場では、公演中にテレビCMで中断されることなく、残り119分のピピンが生でご覧頂けます。」と謳った事で反響を呼びました。

2013年にはブロードウェイでの再演が決定し、第67回トニー賞において10部門にノミネートされ、ミュージカルリバイバル作品賞ミュージカル主演女優賞ミュージカル助演女優賞ミュージカル演出賞の4部門を受賞を果たしました。

インペリアル劇場史上のロングラン公演「レ・ミゼラブル(Les Miserable)」

インペリアル劇場と言えば、ミュージカル「レ・ミゼラブル」を公演してきた劇場として有名です。
元々、ブロードウェイ劇場で公演していた「レ・ミゼラブル」がインペリアル劇場に移動し、1990年10月7日の初演から2003年5月18日の終演まで約13年間に及ぶ公演を行い、その上演回数はなんと6,680回にも上ります。それまでインペリアル劇場のロングラン記録を持っていたピピン(Pippin)の記録を抜き、この劇場では最多上演記録となり、今もなおこの記録が残っています。

2012年にアン・ハサウェイ、ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウらの出演で映画化され、世界の興行収入は441百万ドル(約450億円)する大ヒットとなりました。日本では58.9億円を記録し、これまでミュージカル映画1位を守ってきた「オペラ座の怪人」(映画)の40億8400万円を大幅に超え、ミュージカル映画として歴代1位の興行収入を記録しました。日本をはじめ、世界中で映画が大ヒットしたことで2014年に再びブロードウェイでの再演が決定しました。2016年まで続いた同作品のリバイバル公演は1,026回を超えたヒットとなりました。現在でも、初演で記録した6,680の公演回数はブロードウェイで5番目のロングランを記録しています。

Imperial Theaterで上演された過去の作品

上演開始日 演目
1924年5月19日~5月31日 Peg-o’-my-dreams
1924年6月9日~6月28日 Sitting Pretty
1924年9月2日~1926年1月16日 Rose-Marie
1926年1月19日~5月22日 Sweetheart Time
1926年6月8日~8月21日 The Merry WorldTime
1926年10月4日~10月30日 Deep River
1926年11月8日~1927年6月18日 Oh, Kay!
1927年11月7日~11928年1月7日 The Desert Song
1928年2月8日~5月5日 Sunny Days
1928年9月19日~1929年12月14日 The New Moon
1929年11月26日~1930年8月9日 Sons O’ Guns
1930年10月13日~11月29日 Princess Charming
1930年12月20日~1931年1月10日 Babes in Toyland
1931年2月18日~3月9日 The Gang’s All Here
1931年4月6日~5月21日 Meet My Sister
1931年11月2日~1932年5月21日 The Laugh Parade
1932年9月15日~1933年1月25日 Flying Colors
1933年5月15日~1月10日 Of Thee I Sing
1933年10月21日~1934年1月6日 Let ‘Em Eat Cake
1934年2月19日~5月12日 All the King’s Horses
1934年8月28日~9月29日 Saluta
1934年11月8日~1935年1月12日 Say When
1935年1月22日~2月1日 Nowhere Bound
1935年3月14日~3月15日 Panic

1935年10月12日~1936年3月7日

Jubilee
1936年4月11日~11月7日 On Your Toes
1936年11月10日~12月13日 Hamlet
1937年2月4日~5月1日 Frederika
1937年5月11日~5月15日 Orchids Preferred
1937年12月22日~3月12日 Between the Devil
1938年9月5日~10月29日 You Can’t Take It With You
1939年9月4日~9月16日 Leave It to Me!
1939年10月18日~1940年5月18日 Too Many Girls
1940年5月28日~1941年1月14日 Louisiana Purchase
1941年10月29日~1943年3月20日 Let’s Face It!
1942年4月7日~4月12日 Gratefully Yours
1942年10月7日~1944年1月24日 One Touch of Venus
1943年5月24日~10月2日 Rosalinda
1944年1月25日~7月22日 Ziegfeld Follies of 1943
1944年8月21日~1946年4月13日 Song of Norway
1946年5月16日~1949年2月12日 Annie Get Your Gun
1949年2月21日~6月18日 Along Fifth Avenue
1949年7月15日~1950年4月8日 Miss Liberty
1950年4月24日~9月30日 Peter Pan
1950年10月12日~1952年5月3日 Call Me Madam
1952年1月25日~1953年11月28日 Wish You Were Here
1953年12月10日~1954年1月26日 John Murray Anderson’s Almanac
1954年10月2日~11月27日 By the Beautiful Sea
1955年2月24日~1956年4月14日 Silk Stockings
1956年5月3日~1957年10月19日 The Most Happy Fella
1957年10月31日~1959年4月11日 Jamaica
1959年4月23日~1960年1月18日 Destry Rides Again
1960年8月15日~1961年3月25日 Gypsy
1961年4月13日~1962年2月15日 Carnival!
1963年1月6日~1964年9月12日 Oliver!
1964年9月22日~1967年2月25日 Fiddler on the Roof
1967年3月7日~1968年10月2日 Cabaret
1968年11月16日~1969年8月9日 Zorba
1969年10月6日~11月15日 A Patriot for Me
1970年3月26日~5月30日 Minnie’s Boys
1970年11月10日~1971年9月11日 Two by Two
1971年10月31日~1972年1月1日 On the Town
1972年3月26日~3月26日 A Celebration of Richard Rodgers
1972年4月18日~5月20日 Lost in the Stars
1972年10月23日~1977年3月13日 Pippin
1973年3月25日~3月25日 The 27th Annual Tony Awards – 1973
1975年3月9日~3月9日 A Gala Tribute to Joshua Logan
1977年3月15日~3月26日 Mark Twain Tonight!
1977年4月14日~7月30日 Anna Christie
1977年10月3日~11月16日 Comedy with Music
1977年12月4日~1979年1月16日 Chapter Two
1979年2月11日~1981年9月6日 They’re Playing Our Song
1981年12月20日~1985年8月11日 Dreamgirls
1982年6月6日~6月6日 The 36th Annual Tony Awards – 1982
1985年12月2日~1987年5月16日 The Mystery of Edwin Drood
1987年10月22日~1988年2月7日 Cabaret
1988年4月28日~6月25日 Chess
1989年2月26日~1990年9月1日 Jerome Robbins’ Broadway
1990年10月17日~2003年5月18日 Les Misérables
2003年10月16日~2004年9月12日 The Boy from Oz
2005年3月3日~2006年9月3日 Dirty Rotten Scoundrels
2006年12月7日~12月17日 High Fidelity
2007年5月2日~5月27日 Coram Boy
2007年12月4日~2008年4月20日 August: Osage County
2008年11月13日~2012年1月8日 Billy Elliot: The Musical
2012年4月24日~2013年1月15日 Nice Work If You Can Get It
2013年11月13日~2014年1月5日 700 Sundays
2014年3月23日~2016年9月4日 Les Misérables
2012年10月16日~2017年9月3日 グレートコメット
2018年4月12日 Carousel ※現在も上演中