New World Stages|基本情報

住所: 340 W 50th St, New York, NY 10019(地図
開業: 2004年
収容人数: Stage 1: 499
Stage 2: 350
Stage 3: 499
Stage 4: 350
Stage 5: 199
座席表: ※クリックすると各ステージの座席表が表示されます。
Stage 1
Stage 2
Stage 3
Stage 4
Stage 5

New World Stages 劇場の歴史

映画館として開業したニュー・ワールド・ステージ(New World Stages)

映画館として開業したニュー・ワールド・ステージ(New World Stages)
ニュー・ワールド・ステージは、1994年、高級ビルであるWorldwide Plazaの中に「the Loews Cineplex Entertainment movie theater」という映画館として誕生しました。マンハッタン西部にあるヘルズキッチンと呼ばれる地域(当時まだ売春やドラッグが横行し、ミッドタウンでも特に治安の悪かったことで知られる地域)に建てられましたが、映画館として7年間の営業の末、2001年に閉館し、2004年までの3年間は不使用の建物となっていました。

2004年、劇団による公演、企業のイベント、ライブコンサートなど、商業的な運営を目的とした劇場として開業し、劇場名を「ドジャース・ステージ(Dodgers Stages)」と改名しました。3年間手付かずで荒廃していた当時の劇場改築を担ったのは、エンパイアステートビル内部の修復建築やグランドセントラル駅内部の改装を手掛けた建築会社Beyer Blinder Belle Architects & Planners LLPで、それに加え、Sachs Morganによる劇場全体のデザインの見直し、Klara Zieglerovaによる内装デザインの見直しも合わせ、大規模な改装工事が行われました。ちなみに、2000年以降に建設された劇場は、2000年開業のシアター・ロウ(Theatre Row)劇場と、ニュー・ワールド・ステージの2個のみで、ブロードウェイの歴史の中では若い劇場として知られています。
2006年3月16日には、オランダの劇場運営会社であるStage Entertainment社がドジャース・ステージの独占的所有権を獲得し、「ニュー・ワールド・ステージ」と改名し、「ガジリアン・バブル・ショー(Gazillion Bubble Show)」や「アベニュー Q(Avenue Q)」の公演を続けていきましたが、2014年11月14日からは、ブロードウェイ最大の劇場運営会社であるシューベルト・オーガニゼーションが買収し、運営を行っています。

トニー賞受賞作品の再上演劇場であるニュー・ワールド・ステージ

ニュー・ワールド・ステージでは、オフ・ブロードウェイのオリジナル作品公演を行うことは勿論ですが、過去にオン・ブロードウェイのヒットした作品を迎え入れて公演する劇場として知られています。
以下のリストでは、この劇場で公演された元オン・ブロードウェイ作品の代表的な作品を記載しています。

作品名 トニー賞受賞歴
レント
Rent
第50回(1996年)トニー賞ミュージカル作品賞を含む4部門受賞
アベニュー Q
Avenue Q
第58回(2004年)トニー賞ミュージカル作品賞を含む3部門受賞
ジャージーボーイズ
Jersey Boys
第60回(2006年)トニー賞ミュージカル作品賞を含む4部門を受賞
ミリオン・ダラー・カルテット
Million Dollar Quartet
第64回(2010年)トニー賞ミュージカル助演男優賞を受賞
ピーターと星の守護団
Peter and the Starcatcher
第66回(2012年)トニー賞演劇助演男優賞を含む4部門受賞

ミュージカル界の最高権威であるトニー賞の受賞作品をこれだけ沢山オフ・ブロードウェイの劇場でリバイバル公演することは他ではありません。右記の「トニー賞歴代受賞作品と受賞者」のページでは、歴代のトニー賞受賞作品をご紹介しておりますので、是非お読みになって見てください。

ニュー・ワールド・ステージはShubert Organizationが運営する商業目的の劇場

ニュー・ワールド・ステージでは、過去に受賞歴があり、黒字公演が見込める人気演目を積極的に公演するなど、商業的な目線で運営を行っています。オン・ブロードウェイ作品からしてみれば、499座席を擁し、オフ・ブロードウェイの劇場の中では最大であるニュー・ワールド・ステージは、ブロードウェイの作品規模と合っており、お互いの意向が合致しているのも理由の一つです。

New World Stagesと、最後に複数形の「s」が付いている通り、建物の中に合計5つの劇場があり、同時に複数の作品が公演することや、チケットの販売規模に応じて劇場の変更が可能です。まだ知名度が低くて予算が少ないオフ・ブロードウェイ作品でも、それぞれの公演時間を調整したり、劇場スペース、機材、舞台セット等を共有する事でコスト削減を実現し、安価で容易に継続公演が出来るなど、今日ではブロードウェイの産業全体を上手く潤滑させるのに一役買っている存在となっています。代表的な例として、499座席あるステージ3(Stage 3)で2007年2月に公演を開始したガジリアン・バブル・ショー(Gazillion Bubble Show)は、公演開始当初、座席を埋めることが出来なかったため、2009年9月、350座席規模のステージ2(Stage 2)へ移動となりました。それに代わって、2009年10月より、ブロードウェイ作品であるアベニュー Qがステージ 3で公演開始し、約10年間のロングランとなっています。

この劇場を所有しているシューベルト・オーガニゼーションは、1900年代から現在に至るまで、最多数のブロードウェイ劇場を築き、その名を轟かせてきた最大手劇場運営会社ですが、それらの理由には、長年培った経験値のみならず、この劇場運営の方法からも読み取れる、常に運営効率を考えた賢い経営していることが挙げられます。

New World Stagesで上演された過去の作品

※Stage1~5で上演された全ての演目を記載しています。

上演開始日 演目
2004年10月17日 Mandy Patinkin in Concert
2006年3月15日~3月26日 Sidd
2006年6月13日~7月16日 Burleigh Grimes
2006年11月6日~12月3日 Mimi le Duck
2006年11月12日~12月31日 How to Save the World and Find True Love in 90 Minutes
2007年2月24日~4月29日 Sealed for Freshness
2007年6月21日~6月23日 Elvis People
2007年8月15日~10月14日 Will Durst: The All-American Sport of Bipartisan Bashing
2008年3月5日~4月12日 Tim Minchin
2008年3月18日~7月20日 Jackie Mason: The Ultimate Jew
2008年7月10日~9月6日 East 14th: True Tales of a Reluctant Player
2008年7月31日~2009年7月19日 Flamingo Court
2008年11月9日~12月28日 What’s That Smell: The Music of Jacob Sterling
2009年5月11日~8月3日 For Lovers Only (Love Songs…Nothing But Love Songs)
2009年10月31日~2010年1月3日 Love Child
2010年1月5日~1月22日 My First Time
2010年3月31日~2011年9月4日 Imaginocean
2011年2月17日~6月12日 La Barbería (The Barbershop)
2011年3月20日~4月24日 Siudy: Between Worlds
2012年11月18日~2013年4月7日 Forever Dusty
2013年6月19日~9月29日 The Two-Character Play
2014年3月31日~8月4日 Heathers: The Musical
2014年9月29日~11月9日 Stalking the Bogeyman
2015年2月18日~7月12日 Churchill
2015年10月10日~10月26日 Would You Still Love Me If…
2015年11月2日~2016年1月3日 Mad Libs Live!
2015年12月10日~2016年1月2日 Real Men
2016年1月11日~2月21日 Maurice Hines Tappin’ Thru Life
2015年1月25日~3月29日 Nevermore—The Imaginary Life and Mysterious Death of Edgar Allan Poe
2016年2月7日~5月29日 The Woodsman
2016年9月28日~11月27日 Verso
2017年3月20日~6月4日 Church & State
2017年5月21日~7月9日 Building the Wall
2017年5月28日~9月2日 The Imbible: Day Drinking
2017年7月5日~8月20日 The Government Inspector