Radio City Music Hall|基本情報

住所: 1260 6th Ave, New York, NY 10020(地図
開業: 1932年12月27日
収容人数: 6,015人
上演中の演目: Christmas Spectacular
座席表: ※クリックして拡大
ラジオシティ・ミュージックホール劇場の座席表

Radio City Music Hall 劇場の歴史

企画当初、石油王ロックフェラー二世はメトロポリタン・オペラハウスを建てようとしていた

1911年に連邦最高裁から解体命令が出されるまで、世界最大の石油会社として業界を独占していたスタンダード・オイル社(アメリカ国内の製造・販売を9割を独占)は有名ですが、一人息子であるジョン・ロックフェラー・Jrが社長を努めている間に世界恐慌に面しながら、大胆な建設事業への投資をした事は同じくらい有名な話です。元々買収による企業拡大を得意とするロックフェラーの手法は、世界恐慌の中にありながらもニューヨークにおける最大の不動産所有者の地位に追い上げる事になります。

ジョン・ロックフェラーJr(John Davison Rockefeller, Jr)
そんなロックフェラーが1931年よりロックフェラーセンターの建設を開始しますが、当初は新しいメトロポリタン・オペラハウスを建てる計画でした。しかし、さすがに1932年の世界恐慌によりビジネスの見通しが立たず、計画は一旦白紙となってしまいます。それでもロックフェラーは諦めずに「こんな時代だからこそ、人々を引きつけるような商業娯楽施設を作って、アートと希望の象徴で魅力する環境を提供したい」という強い思いで建設着工に踏み切りました。

その手始めとして、まずロックフェラーはラジオ・コーポレーション・オブ・アメリカ(RCA)と契約を交わします。同社は、ラジオ受信機の製造を中心とする大手電機会社でしたが、アメリカ三大ネットワークであるNBCラジオやレコード会社の運営など、メディア事業部も目立っていました。そんな多国籍企業とタッグを組み合うことにより、ロックフェラーセンターをマスメディアの複合建築にしようと方針を立てました。

その後、ロックフェラーは相談役として当時「劇場界の天才」と呼ばれていたロキシー・ロサフェル(Samuel Roxy Rothafel)を呼びかけました。無声映画を世に展開し、劇場や音楽のプロデュース、自身のラジオ放送局まで運営する彼の多才な力を借りて、「誰でも高品質なエンターテイメントをお手頃価格で楽しむことができるような劇場を作りたい」という目標を掲げていました。

そんな想いを乗せたラジオシティは1932年8月に完成し、12月27日に一般公開されましたが、初期に作り上げられたショーは夜の8時から夜中の2時までと続く長くて退屈なもので、成功とは程遠い結果となりました。
この状況を改善すべく翌年からは家族向けの映画上映を始めると共に、ロキシーが考案した壮大なステージショーを組み込んだものを1日4公演するなど新たな試みを開始、結果的に1933年から1979年まで46年間の間に700タイトル以上の映画が上映され、「キングコング」「ティファニーで朝食を」「メアリーポピンズ」「ライオンキング」などの名作を世に送り出しました。現在でも期間限定で映画を上映する事もありますが、今日では有名歌手のコンサートやステージショーなどで主に利用されています。

ラジオシティ・ミュージックホールの開業~経営不振~閉業回避のために

1970年代の映画配給の変化により、一般向けの映画しか上映しなかったラジオシティでは人々の期待に次第に応えることができなくなり、劇場に足を運ぶ人が少なくなっていきました。
その結果、ラジオシティは350万ドル(当時のレートで約8億円)の損失が予想され、テニスコート、ショッピングモール、またはアメリカ証券取引所に変換する移行計画を打ち出すと共に、1978年1月5日に「3ヶ月後に閉鎖する」という発表をしました。2日後の1月7日にはこの計画を阻止しようとShowpeople’s Committee to Save Radio City Music Hallが発足しました。

Showpeople’s Committee to Save Radio City Music Hallによる署名運動

Radio City Music Hall Ballet CompanyのダンスキャプテンのRosemary Novellinoを率いる委員会
Showpeople’s Committee to Save Radio City Music Hallは劇場の演者、ダンサー、ミュージシャン、衣装係から案内係まで、ラジオシティの存続を願う人々によって構成された反対運動団体です。その中心人物として活動したのがラジオシティ専属のバレエ団のダンスキャプテンのローズマリー・ノベリーノ(Rosemary Novellino)でした。彼女は団体メンバーから推薦され代表となりましたが、当時のニューヨーク州知事メアリー・アン・クルサックや全米の報道機関の協力を得て、劇場閉鎖反対の声を上げるために、積極的にメデイアに露出していきました。

主要なTV番組やラジオに出演しては「ラジオシティを存続すべき」と主張し続け、アメリカの反対側であるカリフォルニアまでテレビ番組に出演するため移動したりと精力的に活動しました。
ある時は、反抗する意味を込めて鎧を着用した姿で劇場前に集まり、劇場に入ろうと列を作っている聴衆に対して署名活動を行いました。見た目も目立つこの行為は、新聞やテレビに大きく取り上げられ、全米に強烈なインパクトを与えました。 

2ヶ月に渡る反対運動により、世界中からは請願書に署名が15万件以上も寄せられ、1978年3月28日にニューヨーク市のランドマークに認定されることによって、劇場の閉鎖を回避することができました。ニューヨーク市のランドマーク保存委員会は、ラジオシティの内部を建物がシアターのままであることを保証し、その後の運営費用については、ラジオシティの上層部に20階建ての複合型ビルを設ける事によってオフィスビルとして貸出、その賃貸料をラジオシティの資金に回すようにしました。 そして1978年5月12日には正式にアメリカ合衆国国家歴史登録財に登録されました。

反対運動から40年近く経った現在のラジオシティ・ミュージックホール

現在のラジオシティ・ミュージックホール
閉鎖の危機を乗り越えてきたラジオシティミュージックホールはこれまでに世界から3億人以上が訪れ、今日では世界最大の屋内劇場と言われています。冬の風物詩のクリスマススペクタキュラーはもちろんのこと、有名アーティストによるコンサート、NFLのドラフト会議、アメリカズ・ガット・タレント(America’s Got Talent:NBC局で放送されている公開オーディション型リアリティ番組)の収録や、トニー賞(毎年6月に開催されるブロードウェイの頂点を決める表彰式※)なども行われています。 
※1999年、2011年、2012年、2016年を除き、1997年より過去17回開催

ラジオシティ・ミュージックホールの建築様式

劇場内の内装デザインを手がけたのは米国ミネソタ州生まれのドナルド・デスキーです。
彼の幾何学的なアールデコ調の装飾はアルミニウム、金箔、大理石、ガラス、コルクなど様々な素材を使用し、劇場内の壁紙やカーペットや家具に贅沢に施されました。当時まだ無名だったデスキーは、コンペに勝ち進んでやっとの思いで手に入れた建築デザインの仕事であった事もあり、「その時代で一番優雅な劇場にする」と意気込んでおり、家具以外にも劇場のインテリア空間を完成させるために手すり、看板、装飾の細部のデザインも注意し調整しました。そんな彼のエレガントで洗練されたアール・デコ調のデザインは、劇場に訪れる人々を魅了し、瞬く間にデスキーの名は世間に知れ渡っていきました。

ラジオシティ・ミュージックホールのステージは「夕日」をモチーフとしている

※写真をクリックして拡大

ラジオシティ・ミュージックホールのステージは「夕日」をモチーフとしているピーターBクラークにより設計された大舞台は幅66.5フィート、長さ144フィート(20.3 x 43.9メートル)ですが、黄金のアーチ状の天井は夕日をイメージし、真っ赤なシートは海に反射した夕日を表しています。建築家チームは舞台の企画をする前に、どのような舞台にするのかアイディアを探しにヨーロッパへ向かいましたが、特に何も得ることは出来ませんでした。しかし、帰りの船で見た夕日がとても綺麗で印象的だったため、その夕日をヒントにこの舞台は構想されたと言われています。
会場に使用されているコーブ照明
舞台の前には観客に向かい合うように複雑なコーブ照明(天井の隅や壁にくぼみを設けて内部から光を拡散させる照明手法)が組み込まれていて、滲み出るような柔からかな照明を演出しています。また、劇場内の各照明は自動的に色が変える事ができ、場内の明るさ検知によって照明の明るさを変える事もできたりと、当時では最新照明システムを備えた劇場として知られていました。

ラジオシティ・ミュージックホールの周辺情報

Rockefeller Center Christmas Tree

※写真をクリックして拡大

 12トンの巨大ツリーを大型トラックで運んでいます。
1933年以来、ロックフェラーセンターの中心地であるロックフェラープラザ前に大きなクリスマスツリーを飾る伝統が続いており、年に1回の催し物として、冬になると世界中から多くの観光客が足を運んできています。2017年のツリーはペンシルバニア州から240マイル(約386キロ)の距離を大型トラックによって運ばれてやってきました。
クレーンで大型ツリーを釣り上げるところツリーは毎年ロックフェラーセンターのツリー選定担当者とそのチームによって、木の豪華さ、形、または重いオーナメントをつけてもしっかり装飾できるか、を基準に選ばれています。(ロックフェラーセンターのウェブサイトにて応募することも可能)毎回異なる場所から選ばれていて、その高さも様々ですが、選ばれたツリーはクレーンによって設置され、約5万個のLEDライトで飾り付けられます。

過去5年のロックフェラー・クリスマスツリーの高さ

2017年:75フィート(22.86メートル)
2016年:94フィート(28.6メートル)
2015年:78フィート(23.7メートル)
2014年:85フィート(25.9メートル)
2013年:76フィート(23.1メートル)

The Rink at Rockefeller Center

クリスマスツリーの目の前の冬季限定スケートリンク場(The Rink at Rockefeller)
クリスマスツリーの目の前にはスケートリンク場(The Rink at Rockefeller)が設営され、観光客から地元のニューヨーカーまで多くの人々で混み合っている人気スポットとなります。
このスケート場では、過去多くの著名人にも愛され、ジョン・F・ケネディ夫人のジャクリーン・ケネディや女優のルシール・ボール、小説家のトルーマン・カポーティもその一人でした。また、数々のアイススケート選手も登場しており、メダル獲得者のミシェル・クワンやクリスティ・ヤマグチもリンクで演技を披露しています。

ホーム・アローン2の映画のロケ地としても使われ、ニューヨークでは馴染みのある場所となりますが、プロポーズの地としてスケート場を貸し切ることもできます。(公式サイトより予約可)

営業時間 8:30AM~12:00PM
通常料金(2018年1月2日~4月15日) 大人 $25
小人(11歳以下)/シニア $15
繁忙期料金(2017年12月15日~2018年1月1日) 大人 $32
小人(11歳以下)/シニア $15
スケート靴レンタル $12

ニューヨークの夏冬の風物詩 ロケッツによる「スペクタキュラー」の上演会場として

 ロケッツによる「スペクタキュラー」
ニューヨークの伝統にもなっている年末ホリデーシーズンの定番ショーといえば1933年の初演以来、80年以上続いている「クリスマススペクタキュラーです。その中心となっているのがラジオシティを拠点に活躍する「ザ・ロケッツ」で、167cmから179cmの高身長でスタイル抜群な女性たちによるダンスカンパニーとなります。見た目のみならずタップ、ジャズ、バレエダンスが一流であることも入団の絶対条件となっており、彼女らを代表するパフォーマンス「ハイキックダンス」は全パフォーマンスで必ず行っています。そのハイキックダンスを通称「ロケット」と宝塚歌劇団では呼んでいて、その由来はロケットが行う正確なダンスからきています。

ラジオシティ・ミュージックホール鑑賞ツアー(Radio City Stage Door Tour)

ラジオシティ・ミュージックホールについてもっと知りたい方には、毎シーズン約23,000人もの参加者が募るラジオシティ・ミュージックホール鑑賞ツアーがお勧めです。ラジオシティ・ミュージックホールの歴史や建築について学べるだけでなく、ステージの裏側やザ・ロケッツメンバーと対面することもできます。名誉あるロケッツメンバーに間近で会うことのできる貴重な体験ツアーです。

営業時間 9:30AM~5:00PM (30分置きに出発します)
通常料金 大人 $26.95
小人(12歳以下)/シニア/学生 $19.95(シニア62歳以上/学生は学生書が必須)
所要時間 約75分

チケットはRadio City公式サイトチケットは公式サイトよりご購入いただけますが、あっとブロードウェイへお問い合わせいただければ、代行予約手配も承ります。
※以下お申込みフォーム内の「ご希望ミュージカル」から「ラジオシティ・ミュージックホール鑑賞ツアー」をご選択ください

Radio City Music Hall 過去の公演・出演者

ラジオシティでは、トニー賞授賞式はもちろん、各大物アーティストがライブ・コンサートなどを行っている事でも有名です。
※以下リストは有名アーティストのみ一部抜粋して記載しています。

公演日 演目
1973年2月14日 David Bowie
1978年10月5日~10月11日 Diana Ross
1983年10月18日~10月23日 Stevie Wonder
1983年4月7日~5月15日 Porgy and Bess
1993年5月1日~5月2日 Aretha Franklin
1985年6月6日~6月8日 Madonna
1997年6月1日 第51回トニー賞
1998年6月7日 第52回トニー賞
1999年10月7日 Celine Dione
2000年6月4日 第54回トニー賞
2001年6月3日 第55回トニー賞
2002年6月2日 第56回トニー賞
2003年6月8日 第57回トニー賞
2004年6月6日 第58回トニー賞
2005年6月5日 第59回トニー賞
2006年6月11日 第60回トニー賞
2007年6月10日 第61回トニー賞
2008年6月15日 第62回トニー賞
2009年6月7日 第63回トニー賞
2010年5月28日~5月29日 Glee Live!
2010年6月13日 第64回トニー賞
2013年6月9日 第67回トニー賞
2014年4月3日~5月4日 Heart and Lights
2014年6月8日 第68回トニー賞
2015年6月7日 第69回トニー賞
2015年6月19日~6月23日 Lady Gaga and Tony Bennett
2015年11月17日 Adel復活ライブ一夜限り
2016年6月15日~8月7日 New York Spectacular
2016年11月11日~2017年1月2日 Christmas Spectacular Starring the Radio City Rockettes®
2017年6月11日 第71回トニー賞
2017年11月10日~2018年1月1日 Christmas Spectacular Starring the Radio City Rockettes®