Richard Rodgers Theatre|基本情報

住所: 226 W 46th St, New York, NY 10036(地図
開業: 1925年
収容人数: 1,380人
上演中の演目: ハミルトン
座席表: ※クリックして拡大
リチャード・ロジャース劇場の座席表

Richard Rodgers Theatreの歴史

チャニンの46丁目劇場(Chanin’s 46th Street Theatre)として開業

チャニン兄弟の46丁目劇場(Chanin's 46th Street Theatre)
リチャード・ロジャース劇場は、1925年に「チャニンの46丁目劇場(Chanin’s 46th Street Theatre)」として開業しました。
当時、ニューヨークの不動産開発で名の知られたチャニン兄弟は、1920年代に入った頃からショービジネスにも参入し、手始めとしてこのリチャード・ロジャース劇場を建設しました。他にもジョン・ゴールデン劇場(John Golden Theatre)バーナード・ジェイコブス劇場(Bernard B. Jacobs Theatre)マジェスティック劇場(Majestic Theatre)などの建設を手掛けたことでも知られており、ブロードウェイの歴史において欠かせない人物となっています。
チャニン兄弟について詳しく見る ▶︎

1925年の開業当初に公演した「The Greenwich Village Follies」に始まり、1926年の「Is Zat So?」、1927年のヒット作「Good News」などで人気を博した劇場でしたが、チャニン兄弟は間もなく「チャニンの46丁目劇場」を大手劇場運営会社であるシューベルト・オーガニゼーションへ貸し出し、1931年には同社に買収され、「46丁目劇場(the 46th Street Theatre)」という名で運営が始まりました。
1945年には不動産投資家で慈善家のロバート・ドーリング(Robert W. Dowling)が「46丁目劇場」の所有権を買い取りました。ドーリングは、1932年から1957年まで映画館として使用されていたルント・フォンテン劇場(当時グローブ劇場)をミュージカルの劇場への復活を成功させた立役者の一人で、1948年の第二回トニー賞特別賞を受賞した人物です。
1950年にはミュージカルコメディ作品「ガイズ&ドールズ(Guys and Dolls)」の公演が始まり、3年間で1,200公演のヒット作となり、第5回トニー賞ミュージカル作品賞を含む5部門を受賞するまでになりました。

1960年にはプロデューサーのレスター・オスターマン(Lester Osterman)が劇場を購入し、1961年に「努力しないで出世する方法(How to Succeed in Business without Really Trying)」を1,417回公演し第16回トニー賞ミュージカル作品賞を含む7部門を受賞、1969年公演の「1776」でもトニー賞ミュージカル作品賞を受賞しましたが、1978年には同業のステフェン・フリードマン(Stephen R. Friedman)とアーウィン・メイヤー(Irwin Meyer)に売却しました。

1981年、大手劇場運営会社のネダーランダー・オーガニゼーション(Nederlander Organization)が46丁目劇場を買収して改装、1990年には作曲家のリチャード・ロジャースに敬意を表し、劇場名を「リチャード・ロジャース劇場(Richard Rodgers Theatre)」と改名しました。
現在もネダーランダー・オーガニゼーションの所有する劇場の中で最も稼ぐ劇場として活躍しています。

劇場名の由来:作曲家リチャード・ロジャース(Richard Charles Rodgers)について

作曲家リチャード・ロジャース(Richard Charles Rodgers)
リチャード・ロジャース(Richard Charles Rodgers)はニューヨーク州クイーンズ地区出身の作曲家で、1902年6月28日にドイツ系ユダヤ人の外科医の父を持つ家庭に誕生しました。6歳でピアノを習い始め、15歳で高校生の頃には、初めて自ら作曲し、同年にはアマチュアのレビュー(小喜劇)へ楽曲を提供するなど、作曲家としての才能を徐々に開花させました。1918年、16歳という若さでコロンビア大学へ進学して間もなく、作曲家のオスカー・ハマー・ステイン2世(Oscar Hammerstein II)とロレンス・ハート(Lorenz Hart)の二人を兄からの紹介を受け、それ以降は彼らと共同で作曲を行うこととなりました。

ちなみに、ロジャースは音楽を本格的に学ぶため、今では世界大学ランキングの舞台芸術(Performing Arts)部門で1位を獲得したことで知られる名門校ジュリアード音楽院(当時のthe Institute of Musical Art)にも通っていました。
1925年、ロジャースが作曲を担当し、ロレンス・ハートが作詞をした楽曲「Manhattan」が大ヒットしたことから始まり、エルヴィス・プレスリーやボブ・ディランがカバーした事でも知られる「Blue Moon」(1934)、ミュージカル作品の「ベイブス・イン・アームス(Babes in arms)」のために作曲した「My Funny Valentine」(1937)、トニー・ベネットが1973年にカバー曲を出した「Isn’t It Romantic?」(1932)、フランク・シナトラが1957年にカバーしたことでも有名な「Bewitched, Bothered and Bewildered」(1940)などのヒット作を作曲、1943年にロレンス・ハートがなくなるまで共同作曲は続きましたが、ハートの病気が深刻となり共同作曲が続けられなくなると分かった1942年からは、オスカー・ハマー・ステイン2世との共同作曲を始めました。

ロジャースはこれまでに個人と共同で900曲以上を作曲し、代表的な作品の中では「オクラホマ(Oklahoma!)」(1943)、「回転木馬(Carousel)」(1945)、「南太平洋(South Pacific)」(1949)、「王様と私(The King and I)」(1951)、「シンデレラ(Cinderella)」(1957)などを含む43演目のブロードウェイミュージカルに楽曲を提供し、彼の音楽は現代の音楽にも多大な影響を与えたと称賛されています。

また、ロジャースはテレビのエミー賞(Emmy Awards)、音楽のグラミー賞(Grammy Awards)、映画のオスカー賞(Oscar Awards)、ミュージカルのトニー賞(Tony Awards)の各ショービジネス界の最高峰の賞を初めて、全て受賞した人物としても知られています。4個の賞の頭文字から取って「EGOT」と呼ばれており、EGOT受賞者は複数いるものの、彼はEGOTと合わせ、ピューリッツァー賞、ゴールデングローブ賞までも受賞しています。この6つの賞を全て受賞したのは、同じく作曲家のマーヴィン・ハムリッシュ(Marvin Hamlisch)と合わせてたった二人しか存在しません。

Richard Rodgers Theatreで上演した主な受賞作品

開業以来、これまで128の演目を上演してきたリチャード・ロジャース劇場ですが、過去10回に渡ってトニー賞受賞作品を世の中に送り出しています。

以下の表に内容をまとめていますが、各リンクより、それぞれのトニー賞詳細ページを見る事ができます。

作品名 受賞回及び受賞部門
ガイズ&ドールズ
Guys and Dolls
第5回(1950年)トニー賞ミュージカル作品賞を含む5部門
くたばれ!ヤンキース
Damn Yankees
第10回(1956年)トニー賞ミュージカル作品賞を含む7部門
努力しないで出世する方法
How To Succeed in Business Without Really Trying
第16回(1962年)トニー賞ミュージカル作品賞を含む7部門
テキサス1の赤いバラ
The Best Little Whorehouse in Texas
第33回(1979年)トニー賞ミュージカル助演男優賞を含む2部門
ナイン
Nine
第36回(1982年)トニー賞ミュージカル作品賞
シカゴ
Chicago
第51回(1997年)トニー賞ベストリバイバル作品賞を含む6部門
ガムーヴィン・アウト
Movin’ Out
第57回(2003年)トニー賞振付賞を含む2部門
エニシング・ゴーズ
Anything Goes
第42回(1988年)トニー賞リバイバル作品賞
第65回(2011年)トニー賞リバイバル作品賞
ハミルトン
Hamilton
第70回(2016年)トニー賞ミュージカル作品賞を含む11部門

トニー賞13部門ノミネートを果たしたハミルトン(Hamilton)

中でも、ノミネート数が史上最多、受賞数は歴代2番目という快挙を成し遂げたハミルトン(Hamilton)は、アメリカ建国の父の1人となったアレクサンダー・ハミルトン(Alexander Hamilton)の生涯を描いたヒップ・ホップ・ミュージカル作品で、第70回(2016年)トニー賞最優秀作品賞を含む最多の16ノミネート(全部門ノミネート)、11部門の賞を獲得する快挙を成し遂げました。最多受賞も期待された中、トニー賞12部門受賞を誇る「プロデューサーズ(The Producers)」には僅か1部門及ばずという結果にはなりましたが、それまでのリチャード・ロジャース劇場史上だけでなく、ブロードウェイのミュージカル史上最高のミュージカルと言われており、トニー賞受賞から1年以上経過した後もチケットが入手困難な状態でした。

チャニン兄弟が考案したスタジアムシーティングを採用

当時の劇場の入口は、座席やチケット価格によって分けられており、裕福ではない家庭に育ったチャニン兄弟はいつも劇場脇の入口から入場し、安価な後方の端にある座席に座り、劇場にいるにも関わらず居心地が良くなかったことを覚えていました。そこで、チャニン兄弟後方の座席に座る観客でも舞台がよく見えるようにするために、これまでの座席配置を一新する、スタジアムシーティング(stadium seating)を考案しました。チャニン兄弟は、当時の劇場建築の最高峰と言われたハーバート・クラップに劇場建設を依頼し、スタジアムシーティングを採用して設計するよう要望を伝えたとされています。

スタジアムシーティングを採用した座席
クラップは、オーケストラ席を2つのブロックに分け、前から12列目(L列目)以降の後方ブロックからでもステージをより見やすくするため、座席の角度を上げ、階段を使って上がるほど高い位置に設定して設計しました。その結果、オーケストラ席後方からでも、まるでメザニン席に座っているかのような視界を確保することに成功し、同劇場では、改装後も変わらずスタジアムシーティングを使用しています。ちなみに、今日では劇場のみならず、球場やコンサート会場などでも当然の如くスタジアムシーティングを採用していますが、この劇場で始まったことからシアター・シーティング(Theatre Seating)とも言われます。

また、1920年代頃まで各劇場の入口は複数箇所存在し、チケット価格や座席によって入口が異なる事が一般的でしたが、チャニン兄弟はチケット価格や座席の場所によって入口を分けることをせず、正面入口1箇所から入場するよう設計を依頼しました。

クラップは、現存する劇場のうちの15個以上を手掛けた劇場建設の第一人者で、彼は劇場の持つ空間を最大限に活用することを得意としました。代表的な例では、劇場内部の構造をずらして設計したアンバサダー劇場と、スタジアムシーティングを採用したリチャード・ロジャース劇場が挙げられ、当時としては斬新なアイデアで建築されたことで知られます。

Richard Rodgers Theatreで上演された過去の作品

上演開始日 演目
1926年2月1日~9月1日 The Shanghai Gesture
1926年3月15日~7月1日 Is Zat So?
1926年8月9日~9月1日 My Country
1926年12月27日~9月1日 Mozart
1926年12月27日~1969月12日31 L’illusioniste
1927年2月7日~3月19日 Piggy
1927年3月22日~12月1日 The Spider
1927年6月9日~6月18日 Baby Mine
1927年9月6日~1929年1月5日 Good News
1929年12月2日~12月21日 Follow Thru
1929年12月25日~1930年3月22日 Top Speed
1930年3月10日~6月7日 Earl Carroll’s Sketch Book [1929]
1930年7月8日~8月1日 Who Cares
1930年11月17日~1931年4月1日 Sweet and Low
1931年1月19日~7月4日 You Said It
1931年11月3日~11月7日 Here Goes the Bride
1932年3月3日~3月12日 Marching by
1932年3月26日~4月16日 Happy Landing
1932年10月10日~1933年1月14日 Of Thee I Sing
1933年5月15日~5月27日 Counsellor-at-Law
1933年11月20日~1934年9月22日 She Loves Me Not
1934年10月1日~1935月1日5 The First Legion
1934年10月30日~1935年1月26日 The Farmer Takes a Wife
1935年9月30日~11月16日 Anything Goes
1935年11月30日~12月1日 Weep for the Virgins
1936年1月18日~2月1日 A Room in Red and White
1936年2月18日~2月29日 Come Angel Band
1936年9月22日~10月1日 So Proudly We Hail
1936年11月6日~11月30日 Plumes in the Dust
1937年9月23日~10月1日 Blow Ye Winds
1937年11月18日~11月27日 Robin Landing
1938年1月5日~1月15日 Right This Way
1938年2月26日~3月5日 Censored
1938年9月22日~11月24日 Hellzapoppin
1938年12月26日~1939年1月7日 Blossom Time
1939年2月13日~3月11日 Knickerbocker Holiday
1939年4月21日~5月20日 Mexicana
1939年12月6日~1940年10月19日 Du Barry Was a Lady
1940年10月30日~1942年1月3日 Panama Hattie
1941年12月26日~1943年3月28日 Junior Miss
1942年3月12日~9月6日 Priorities of 1942
1942年9月15日~10月11日 New Priorities of 1943
1942年10月14日~12月12日 Beat the Band
1943年3月29日~8月29日 Sons O’ Fun
1943年6月14日~9月4日 Where’er We Go
1943年6月14日~9月4日 First Cousins
1943年6月14日~9月4日 Button Your Lip
1943年6月14日~9月4日 Pack Up Your Troubles
1943年6月14日~9月4日 Mail Call
1943年6月14日~6月14日 The Army Play-by Play
1943年9月9日~10月16日 My Dear Public
1943年11月15日~1944年1月22日 Rosalinda
1943年12月26日~1944年1月9日 Martha Graham and Company
1944年1月26日~1945年2月10日 One Touch of Venus
1945年3月14日~12月15日 Dark of the Moon
1945年12月24日~1947年1月4日 The Red Mill
1947年1月10日~1948年10月2日 Finian’s Rainbow
1948年10月7日~1949年5月14日 Love Life
1949年10月31日~12月16日 Regina
1950年2月2日~5月27日 Arms and the Girl
1950年11月24日~1953年11月28日 Guys and Dolls
1954年2月18日~7月3日 Ondine
1954年10月11日~12月4日 On Your Toes
1954年12月8日~1955年4月23日 The Bad Seed
1955年5月5日~1957年5月4日 Damn Yankees
1957年5月14日~1958年5月24日 New Girl in Town
1958年9月17日~9月20日 Howie
1958年11月24日~12月13日 Edwin Booth
1958年12月28日~1959年1月31日 Ages of Man
1959年2月5日~1960年3月19日 Redhead
1960年4月28日~5月8日 Christine
1960年5月23日~6月1日 Finian’s Rainbow
1960年10月17日~1961年4月23日 Tenderloin
1961年5月18日~7月15日 Donnybrook!
1961年10月14日~1965年3月6日 How to Succeed in Business Without Really Trying
1965年3月18日~9月25日 Do I Hear a Waltz?
1965年10月4日~11月18日 Pickwick
1966年1月19日~1月22日 The Wayward Stork
1966年3月18日~3月26日 Pousse-Café
1966年12月5日~1968年6月15日 I Do! I Do!
1968年11月18日~1969年2月15日 The Price
1969年3月16日~1970年12月27日 1776
1971年1月19日~1973月2日3 No, No, Nanette
1973年4月25日~6月17日 The Women
1973年10月18日~1974年12月28日 Raisin
1975年2月6日~4月26日 Private Lives
1975年6月3日~1977年8月27日 Chicago
1977年11月1日~11月6日 Bully
1978年1月9日~1月21日 Do You Turn Somersaults?
1978年5月14日~6月4日 Working
1978年6月19日~1982年3月27日 The Best Little Whorehouse in Texas
1982年5月9日~1984年2月4日 Nine
1985年2月26日~1986年5月11日 Brighton Beach Memoirs
1986年6月26日~1987年1月3日 Arsenic and Old Lace
1987年3月26日~1988年6月26日 Fences
1988年8月4日~1989年1月1日 Checkmates
1989年1月29日~6月11日 Born Yesterday
1989年12月19日~1990年3月10日 The Merchant of Venice
1990年4月26日~6月10日 Accomplice
1990年11月1日~1991年1月5日 Oh, Kay!
1991年2月21日~1993年1月3日 Lost in Yonkers
1993年1月19日~1月31日 The Boys Choir of Harlem and Friends
1993年2月25日~9月5日 Fool Moon
1993年11月22日~1994年8月27日 Laughter on the 23rd Floor
1994年11月2日~11月5日 Nanci Griffith on Broadway
1994年12月6日~12月11日 Lamb Chop on Broadway
1994年12月22日~1995年1月8日 A Christmas Carol
1995年3月23日~1996年7月14日 How to Succeed in Business Without Really Trying
1996年10月23日~1997年2月9日 Chicago
1997年4月24日~6月28日 Steel Pier
1997年10月16日~1998年1月3日 Side Show
1998年10月22日~2000年7月2日 Footloose
2000年11月30日~2001年5月20日 Seussical
2001年11月11日~2002年1月13日 45 Seconds from Broadway
2002年4月28日~9月1日 Private Lives
2002年10月24日~2005年12月11日 Movin’ Out
2006年5月10日~2007年7月8日 Tarzan
2007年11月1日~2008年1月6日 Cyrano de Bergerac
2008年3月9日~2011年1月9日 In the Heights
2011年3月31日~7月3日 Bengal Tiger at the Baghdad Zoo
2012年1月12日~9月23日 Porgy and Bess
2012年10月9日~10月20日 Lewis Black: Running On Empty
2013年1月17日~3030月日 Cat on a Hot Tin Roof
2013年4月16日~5月5日 The Rascals: Once Upon a Dream
2013年9月19日~月日 Romeo and Juliet
2014年3月30日~2015年3月22日 If/Then
2015年7月13日 ハミルトン ※現在も上演中