Studio 54|基本情報

住所: 254 W 54th St, New York, NY 10019(地図
開業: 1927年
収容人数 922人
座席表: ※クリックして拡大
studio 54の座席表

Studio 54 劇場の歴史

the Gallo Opera Houseというオペラ劇場として開業

スタジオ54の前身:ギャロ・オペラハウス(the Gallo Opera House)
スタジオ54は、オペラ興行主であったフォーチュン・ギャロ(Fortune Thomas Gallo)が建設し、オペラ専門の劇場として「ギャロ・オペラハウス(the Gallo Opera House)」という名前で1927年に開業しました。開業当初から「Juno and the Paycock」や「Ballet Moderne」などを含むいくつかのオペラ作品を公演するも、いずれも数回の公演で幕を閉じ、劇場が人で賑わうことはありませんでした。

1929年頃から世界恐慌の煽りがブロードウェイのショービジネス産業を襲ったことで数多くの劇場への客足が遠のき、フォーチュン・ギャロは劇場の借り手を見つけることが出来ず、劇場建設に費やした資金のローンも支払いが滞り、最終的には劇場が差し押さえとなってしまいました。「フォーチュン=幸運」という意味ですが、彼は名前とは違い幸運ではなかった。と皮肉られることもあったと言います。

1930年5月12日に新しいオーナーが現れ、「ニューヨーカー劇場(the New Yorker Theatre)」となりましたが劇場運営は上手くいかずに10年が過ぎ、オペラ作品「Medicine Show」の公演が僅か3週間で閉幕したのを最後に、1940年に劇場が利用されなくなり、その後の3年間は手付かずの劇場となりました。
1943年にテレビ局のCBSがニューヨーカー劇場を購入し、同社の52番目の所有劇場として劇場名を「スタジオ52(Studio 52)」と改名し、ラジオ放送局やテレビ収録を行うスタジオとして使用を開始、1970年頃まで順調に運営しました。1950年から67年まで続いたゲストを当てるクイズ形式の番組「What’s My Line?」、多額の賞金を懸けたクイズ番組「The $64,000 Question」、1950年から65年まで続いたコメディ番組の「The Jack Benny Show」、1955年から1984年まで放送された子供向け番組の「Captain Kangaroo」など大人気テレビ番組として当時人気を博しました。

1970年代の伝説的なディスコ:スタジオ54(Studio 54)

1974年になると、それまで劇場の所有者であったCBSは、オフィス移転を機にStudio 52を売りに出します。今ではブティックホテルのプロデュース業でその名を知らない人はいないと言われるほどですが、当時まだレストランとナイトクラブ経営の駆け出しだったイアン・シュレーガー(Ian Schrager)とスティーブ・ルベル(Steve Rubell)が、当時世界的に盛り上がりを見せていたディスコブームの波に乗るべくナイトクラブ運営ビジネスを考え、スタジオ52を購入しました。

ディスコ時代のスタジオ54(Studio 54)
劇場からナイトクラブへの改装を始めてから僅か6週間後の1977年4月16日に開業、ニューヨークに著名人という著名人が通う伝説的なディスコ「スタジオ54」が誕生し、早くも俳優やアーティスト、歌手、作家など時代の寵児たちが集まる夜の社交場として一世を風靡しました。
ちなみに、劇場名は、Studio 52の「Studio」と、住所である54丁目の「54」とを合わせて「Studio 54」と名付けられました。

スタジオ54に通った著名人の名前を挙げたらきりがありませんが、音楽界ではマイケル・ジャクソン、ダイアナ・ロス、エルトン・ジョン、ミック・ジャガー、スティーブン・タイラーらが通ったと知られ、スティービー・ワンダーやホイットニー・ヒューストンに限ってはここでライブコンサートも行っています。ファッション界ではマーク・ジェイコブス、トム・フォード、カルバン・クライン、イヴ・サンローラン、俳優兼政治家のアーノルド・シュワルツネッガー、画家のサルヴァドール・ダリ、そしてアメリカ第45代大統領で不動産王のドナルド・トランプまでもが一時は連日通い詰めたと言います。

著名人が通うディスコということもあり、スタジオ54の入場セキュリティチェックは特に厳しい事で有名で、ヴェルヴェットのロープの前に並ぶ客に対して、クラブオーナーが直々に行う「ヴェルヴェットコード(Velvet Cord)」と呼ばれる厳重なチェックを受けなければなりませんでした。

Studio 54の脱税が判明し閉鎖を余儀なくされる

低迷時代のスタジオ54(Studio 54)
ディスコクラブとしてのスタジオ54は最初の1年間で700万ドル(約8億円)の売上を上げるなど、ナイトクラブとしては前代未聞の売上でした。ニューヨークのある新聞社が「これほどのお金を稼げるのはマフィアだけ」と発言したことで、それがIRS(アメリカ合衆国内国歳入庁)の目に留まり、スタジオ54の経営状況に厳しい調査が入りました。その結果、$250万ドル(約3億円)の脱税の罪が明らかになり、事実上閉店を余儀なくされました。ディスコクラブとしてのStudio 54は僅か3年間という短い期間で閉店、これが「空想と魔法の世界」と言われる所以でもあります。

1980年に俳優のマーク・フレイスチマン(Mark Fleischman)がスタジオ54を買い、再び花開くのを夢見てナイトクラブを開業し、音楽の公演を多数行いましたが、1986年にはCAT Entertainment Corpへ売却し、ヘビーメタルやパンクロックを公演するライブハウス(The Ritz)となりました。
1993年、テキサス州ダラスに本拠地を構えるナイトクラブの運営会社のCabaret Royale Corporationが、CAT Entertainment Corpを吸収合併した後、資金不足で半分野放しの状態にあったスタジオ54の改装工事を実施すると共に、これまで商標登録されていたなった「Studio 54」を商標登録して運営を再開し、1995年まで「Cabaret Royale at Studio 54」として運営しました。不動産投資会社のAllied Partnersが1995年にStudio 54とその建物を当時の200万ドル(約2.2億円)で買収し、その大部分を修復し、ライブコンサートと共にナイトクラブとして再度開業したものの、翌年の1996年にすぐ閉業してしまいました。

トニー賞受賞作品:キャバレー(Cabaret)がスタジオ54を復活させる

トニー賞受賞作品:キャバレー(Cabaret)がスタジオ54を復活させる
1998年、ヘンリー・ミラー劇場(現スティーヴン・ソンドハイム劇場)では第21回トニー賞にて複数部門を受賞した大人気演目キャバレーのリバイバル作品公演が行われていましたが、劇場の真横で起こったクレーン事故がきっかけで公演継続が不可となり、別の劇場での公演を余儀なくされました。そこでキャバレー作品を所有しているランドアバウト劇団(the Roundabout Theatre Company)が目を付けたのが、倒産後に荒廃していて手付かずの状態であったスタジオ54でした。

未使用のまま放置されていたスタジオ54を、キャバレーが使用すると決まった際、当時の関係者らには無茶だと騒がれましたが、劇場をヘンリー・ミラー劇場のステージをそっくりそのまま忠実に再現して改築したことで、人気を衰えさせることなく大ヒット公演を継続し、当時で歴代3番目となるロングランの2,377公演を行い、第52回トニー賞でも複数部門を受賞しました。
2003年、ランドアバウト劇団はキャバレー公演によって上げた利益により、当時のオーナーであったAllied Partnersからスタジオ54とその建物を全てを$2250万ドル(約25億円)で購入し、現在でもランドアバウトが所有する劇場の一つとして運営されています。

宝塚劇団 月組によるミュージカル Studio 54

宝塚劇団 月組によるミュージカル「Studio 54」
スタジオ54は、日本では2010年に宝塚歌劇団の月組によって公演されたミュージカルとしても知られています。
ニューヨークの大人気ディスコ「STUDIO 54」を舞台に、スキャンダルを追いかけ回すパパラッチ(主人公)が、ターゲットとしていた女優とある事件をきっかけに心を通わせていくという、オリジナルストーリーになっており、セレブのスクープ目当てに探り回るジャーナリストと追いかけられる側の芸能事務所の争いなど、このディスコならではのリアルな要素を盛り込んだ事で一時話題となりました。

当時の時代背景や実在する人物(支配人のルベルやマドンナなどのセレブ達)などが演出に盛り込まれ、さらに舞台を実物に近づけるため、スタジオ54と同じ「54」のロゴや実物を模写したその特徴的な入口ドアを舞台のセットとして使用するなどして、写実性の高い作品となりました。

1927年の開業当時の姿を残すスタジオ54の内装

スタジオ54の正面入口を入ると、横一面に敷き詰められた鏡、深緑色の大理石、上には数個のシャンデリアが装飾されれており、客席へと続く非常に長い大広間が訪れる観客を魅了します。これらの特徴は、ブロードウェイ劇場(Broadway Theatre)やタイムズスクエア劇場(Times Square Theatre)を手掛けた、イタリアから移民したユージーン・デ・ローザ(Eugene De Rosa)によってデザイン設計されました。
スタジオ54が他の多くの劇場と異なるのは、途中修復はされたものの、一度も取り壊しをされず、これまで一貫して同じ建物として使用され続けており、開業当時のギャロ・オペラハウスに始まり、CBSのスタジオ、1977年にはディスコクラブになるなど変化を繰り返してきた劇場ですが、劇場内部には1927年の開業当時のままの大広間や客席の内装をまだ見ることが出来ます。

この4つの写真は、1927年開業当初から劇場に残る内装

※クリックして画像を拡大

スタジオ54のシャンデリアが輝く大広間
1927年開業当初から劇場を照らしてきたドーム
1927年開業当初から残る天使の像
大広間にある大理石と巨大鏡

Studio 54で上演された過去の作品

上演開始日 演目

1927年12月19日~1928年1月1日

Juno and the Paycock
1928年4月9日~4月21日 Ballet Moderne
1928年11月21日~12月15日 Rainbow
1929年10月10日~10月31日 Ladies Don’t Lie
1929年10月21日~10月31日 A Tailor-made Man
1930年5月12日~5月17日 The Vikings
1930年12月26日~1931年1月1日 Electra
1931年3月10日~4月1日 Gray Shadow
1931年4月20日~5月2日 Young Sinners
1931年6月8日~6月30日 Ebb Tide
1931年9月15日~9月19日 Fast and Furious
1931年12月24日~1932年1月1日 It Never Rains
1932年4月1日~5月1日 La Compania Dramatic Espanola
1933年4月8日~4月8日 Hummin’ Sam
1939年3月1日~4月29日 The Swing Mikado
1940年4月12日~5月11日 Medicine Show
1998年11月12日~2004年1月4日 Cabaret
2004年4月22日~7月18日 Assassins
2004年12月2日~2005年1月30日 Pacific Overtures
2005年4月26日~7月3日 A Streetcar Named Desire
2005年12月8日~2006年1月29日 A Touch of the Poet
2006年4月20日~6月25日 Threepenny Opera
2006年12月14日~2007年3月11日 The Apple Tree
2007年5月9日~7月29日 110 in the Shade
2007年10月11日~12月9日 The Ritz
2008年2月21日~6月29日 Sunday in the Park with George
2008年12月18日~2009年3月1日 Pal Joey
2009年4月30日~6月12日 Waiting for Godot
2009年10月4日~2010年1月17日 Wishful Drinking
2010年4月22日~6月27日 Sondheim on Sondheim
2010年9月28日~2011年1月2日 Brief Encounter
2011年4月28日~6月19日 The People in the Picture
2012年6月14日~8月5日 Harvey
2012年11月13日~2013年3月10日 The Mystery of Edwin Drood
2014年4月24日~2015年5月29日 Cabaret
2015年5月28日~8月2日 An Act of God
2015年10月29日~2016年1月3日 Thérèse Raquin
2016年3月17日~7月10日 She Loves Me
2016年10月6日~2017年1月15日 Holiday Inn, The New Irving Berlin Musical
2017年3月26日~6月25日 Sweat
2017年10月18日 現在上演中の演目は御座いません。