Theatre Row|基本情報

住所: 410 W 42nd St, New York, NY 10036(地図
開業: 2002年
収容人数 55人~199人 ※劇場により異なります。
座席表: ※クリックすると各ステージの座席表が表示されます。
Acorn Theatre
Beckett Theatre
Clurman Theatre
Kirk Theatre
Lion Theatre
Studio Theatre

1つの建物内に6つのオフ・ブロードウェイ劇場がある

ロウ劇場(Theatre Row)は、2002年に非営利団体「42nd Street Development Corporation」によって、42丁目の治安改善のために建築されました。別名「シアター・ロウ・ビルディング(Theatre Row Building)」とも呼ばれる建物の中に、6つのオフ・ブロードウェイ劇場が入っています。

シアター・ロウ・ビルディング(Theatre Row Building)の外見には6つの劇場の名前が記されています。
アコーン劇場(Acorn Theatre)
ベケット劇場(Beckett Theatre)
クラーマン(Clurman Theatre)
カーク劇場(The Kirk Theatre)
ライオン劇場(Lion Theatre)
スタジオ劇場(Studio Theatre)

Theatre Row 劇場の歴史

シアター・ロウ・ビルディングを運営し、さらに建物内の6劇場を管理・運営を行っている団体「42nd Street Development Corporation」は、1976年にフレッド・パパート(Fred Papert)によって、当時多くのポルノ業界の本拠地となっていたタイムズスクエアの42丁目の治安改善を目的として設立されました。フレッド・パパートは、 シアター・ディストリクト(Theater District)と呼ばれるブロードウェイ劇場番街の開発や、グランドセントル駅、マディソン・スクエア・ガーデンの建設にも関わった人物です。

当時のニューヨーク市は、世界で上位を争うほど重犯罪がニューヨーク市全体で勃発しており、特に42丁目あたりは治安が悪く犯罪多発都市として有名でした。現在、年間約4000万人の観光客が訪問すると言われているタイムズスクエア、ブロードウェイ周辺ですら、ここもかつて1970年代以は降犯罪が多発する危険地域とされるとともに、売春婦やアダルトショップが軒を連ねる景観でした。

42丁目の治安改善と劇場建築計画の開始

「バーレスク会場(All Live Burlesk)」と看板が付けれた42nd Street Playhouse
まずフレッド・パパートは、1977年に42丁目の南側の9番街とダイアー番街(Dyer Avenue)の間にある全てのポルノ店舗を、ブロードウェイの劇場、リハーサルスペース、オフィスに置き換える活動を開始しました。当時ポルノ店舗から取り替えられた会場「42nd Street Playhouse」には、ポルノ目的の客もエンターテイメント興行にある程度引き寄せるため、「バーレスク(All Live Burlesk)」の看板を取り付けるなどして宣伝を行っていました。同年、42丁目の北側にマンハッタンプラザのアパートタワーが設立され、多くの人々がこの地区に住み始めるのと同時に、1977年に「シアター・ロウ(Theatre Row)」と呼ばれるオフ・ブロードウェイ劇場番街の建築を開始します。

その後、1980年代までに約6つのオフ・ブロードウェイ劇場が開業するも、座席数の不足、お手洗いやエアコンの設備不調など多くの不評がでたことから、劇場建築計画の代表的な建物として、2002年に6つのオフ・ブロードウェイ劇場からなる「シアター・ロウ・ビルディング」を設立しました。元々5階建ての建物であったアパートを改装工事し、建物内には劇場の他にスタジオやオフィススペースを設け、オフ・ブロードウェイやオフ・オフ・ブロードウェイ作品の会場や劇団の練習会場としてスタジオを貸し出ししています。

シアター・ロウ・ビルディング内にあるオフ・ブロードウェイ劇場一覧

シアター・ロウ・ビルディング内にある6劇場は各劇場によって劇場名、座席数が異なりますが、出演者のためのエアコン、衣装室、バックステージ、トイレ、シャワー、冷蔵庫など設備はどの劇場にも完備しています。

アコーン劇場(Acorn Theatre)

アコーン劇場(Acorn Theatre)
座席数:199席
アコーン劇場はシアター・ロウビルの中にある6つの劇場の中で一番大きな劇場です(199座席)。建物の3階に位置するアコーン劇場のステージは、どの席に座っても公演がよく見えるということで人気があります。

ベケット劇場(Beckett Theatre)

座席数:99席
ベケット劇場は座席数99座席の中規模の劇場です。建物の一番下の階に位置するベケット劇場は、劇場の室内全体が黒く、落ち着いた印象を与えます。最後方の座席でも、ステージ前から7列目ですので、通常のブロードウェイの劇場でいえばプレミア席に位置します。どの席もステージに近くなっているので、どの席に座っても公演がよく見えます。

クラーマン劇場(Clurman Theatre)

座席数:99席
クラーマン劇場は座席数99座席の中規模の劇場です。建物の一番下の階に位置するクラーマン劇場は、ベケット劇場と似ていて、劇場の室内全体の雰囲気が黒に統一された造りです。劇場内部は少し古さを感じさせますが、役者のための衣装室は綺麗にされています。最後方の座席でも、ステージ前から7列目ですので、通常のブロードウェイの劇場でいえばプレミア席に位置します。どの席もステージに近くなっているので、どの席に座っても公演がよく見えます。ただし、壁との距離が近いので、少し圧迫感のある印象を受けます。

カーク劇場(Kirk Theatre)

カーク劇場(Kirk Theatre)
座席数:99席
建物の2階に位置するカーク劇場は、座席数99座席の中規模劇場です。カーク劇場の構造は長方形で、縦に長い座席配置となっていているため、ステージは横幅があまりありません。座席も15列目までありますのが、前7列目までがお勧めです。現在この劇場では、8人の出演者が正真正銘素っ裸で踊るオフ・ブロードウェイらしいミュージカル作品「ネイキッド・ボーイズ・シンギング(Naked Boys Singing)」の公演が行われています。

ライオン劇場(Lion Theatre)

ライオン劇場(Lion Theatre)
座席数:88席
ライオン劇場は座席数の88座席と小規模の劇場です。建物の1階に位置するライオン劇場は、構造は長方形で、縦に長い座席配置となっていているため、ステージは横幅があまりありません。また、座席は3つのブロックに分かれておりますので、前方のブロックが見やすくお勧めです。内装で使用されている、4面に張られている壁は、かつてザ・クラーマン劇場で使用されていたレンガ調の壁を、移植して使用されています。

スタジオ劇場(Studio Theatre)

座席数:55席
スタジオ劇場は座席数55座席の最小規模の劇場です。スタジオ劇場は、特に読み聞かせの公演や、小さな公演、また、ピアノが用意されていることから、小規模のピアノの発表会などに適しています。椅子は、固定式ではなく中学や高校で見かけるような簡易的な椅子が敷き詰められているだけの、簡易的な劇場ですが、他の劇場を借りるよりもコストが抑えられ、個人で何かを紹介する際のスペースとしても利用されています。

シアター・ロウ(Theatre Row)はオフ・ブロードウェイ劇場街

シアター・ロウは、12個の小規模劇場が集結して構成されているオフ・ブロードウェイ劇場街のことを指します。シアター・ロウの「ロウ」とは、日本語で「列」を意味し、劇場すべてが42丁目上で9番街から11番街の直線の列上に存在することから名づけられています。この劇場街の始まりは1977年に遡り、大人向けの娯楽街で不人気エリアとなっていた42丁目を安全な劇場街へと転換させるべく始動した再開発プロジェクトによって見事に転換を成し遂げました。オフ・ブロードウェイ劇場街「シアター・ロウ(Theatre Row)は」には、以下12個の劇場が含まれます。

シアター・ロウに位置する劇場は、9番街から11番街に向かって順に:

42丁目に集結するのシアター・ロウ(Theatre Row)劇場街
Laurie Beechman Theatre
シアター・ロウ・ビルディング(Theatre Row Building)の中の6軒の劇場: Beckett theatre、Acorn theatre、Clurman theatre、Kirk theatre、Lion theatre、Studio theatre
Playwrights Horizons
Stage 42 (旧the Little Shubert Theatre)
Pershing Square Signature Center
Castillo Theatre
Pearl Theatre

The Kirk Theatreで上演された過去の作品

上演開始日 演目
2002年11月8日~11月30日 Texarkana Waltz
2002年12月8日~1月12日 Joe and Betty
2003年3月5日~4月20日 Heat Lightning
2003年6月10日~7月12日 From My Hometown
2005年11月20日~2016年1月10日 Stones in His Pockets
2004年9月12日~10月17日 Squeeze Box
2005年12月6日~12月30日 Tight Embrace
2006年3月19日~4月16日 Points of Departure
2006年9月6日~9月30日 Nami
2006年10月20日~11月45日 The Great Conjurer
2006年12月13日~12月30日 Lebensraum
2007年1月11日~1月21日 Israel Horovitz’s New Shorts: nine actors, nine new plays
2007年2月8日~2月24日 The Secret of Mme. Bonnard’s Bath
2007年3月14日~4月8日 Widowers’ Houses
2007年4月15日~4月20日 Jump!
2007年8月9日~8月19日 Reconstructing Mama
2007年10月12日~10月27日 Always Family
2007年11月1日~11月21日 Acts of Love
2007年12月1日~2008年1月5日 Pied-a-Terre
2008年1月10日~2月2日 Sherlock Solo
2008年2月9日~2月23日 Anchors
2008年3月5日~4月6日 Romeo and Juliet
2008年4月11日~5月4日 Umbrella
2008年5月24日~6月29日 The Cocktail Hour
2008年7月11日~8月23日 Stain
2008年11月2日~11月23日 The Middle Ages
2008年12月4日~12月30日 Caligula
2009年1月8日~1月24日 Twelfth Night (New York Neo-Classical Ensemble)
2009年2月21日~3月14日 Cherry Smoke
2009年3月19日~4月4日 Gaugleprixtown
2009年6月17日~8月16日 Sweet Storm
2009年10月2日~10月17日 Eye of God
2009年10月28日~11月14日 Embraceable Me
2009年12月4日~12月20日 Santa Claus is Coming Out
2010年1月25日~2月6日 The Picture of Dorian Gray
2010年2月27日~3月14日 The Wonder
2010年8月13日~8月28日 The Punishing Blow
2010年3月20日~4月10日 G.B.S.
2010年5月2日~5月23日 Bass For Picasso
2010年7月14日~2010年8月22日 With Glee
2010年8月13日~8月28日 The Punishing Blow
2010年9月8日~12月7日 The Oresteia
2010年11月5日~11月20日 The Libertine
2016年4月28日~2018年4月1日 The Marvelous Wonderettes
2017年11月4日~2018年1月14日 Addy and Uno
2011年1月9日 NEWSical the Musical ※現在も上演中
2014年3月20日 ネイキッド・ボーイズ・シンギング ※現在も上演中