229 W 42nd Street, New York, NY 10036(地図
開業:1990年|所有劇場数:3

New 42nd Street|基本情報

New 42nd Streetの看板がそびえ立つ42丁目
新42丁目(New 42nd Street)は、1990年に「42丁目沿いに位置する劇場の再建築とタイムズスクエア周辺の観光地化の向上」を目的としてニューヨーク州と市によって設立された非営利団体です。
この団体の主な目的は、マンハッタンで一番賑やかな大通り沿い(7番街と8番街の間)に並んだ歴史ある7つの劇場の長期管理と自身が経営する2つの劇場の運営であり、本社も同じ42丁目沿いに構えています。

New 42nd Street の歴史

42丁目の治安改善のために設立したNew 42nd Street

今でこそ年間6000万人以上の観光客が訪問しているニューヨークですが、目的地とされるブロードウェイの劇場街やタイムズ・スクエア周辺は、1980年代後半まで、重犯罪が多発する危険地域でした。特にタイムズ・スクエア~8番街付近は、売春婦やアダルトショップが軒を連ねるなど、今からでは想像もできないような景観でした。そんな犯罪都市として有名であったニューヨークは、1980年代頃から観光地客が激少し、本来演劇の会場として使用されていた劇場も映画館やテレビスタジオとして使用されれることが多くなっていました。そこで、1990年代に入った頃、ニューヨーク市長に就任したルドルフ・ジュリアーニ(Rudy Giuliani)がニューヨーク州と市と連携して、犯罪で荒れ果てていた42丁目の治安改善と42丁目に位置する7つの劇場を再開発することよって、42丁目の活性化を目的とした劇場再建築計画「The Redevelopment of 42nd Street」を打ち出し、その計画を全面的に担う団体として「新42丁目(New 42nd Street)」を設立しました。

ルドルフ・ジュリアーニ氏による7つの劇場再建築計画

ルドルフ・ジュリアーニ氏による7つの劇場再建築計画
新42丁目が担った7つの修復劇場は、42丁目の7番街と8番街に位置する「ビクトリー劇場(Victory Theater)」「アポロ劇場(Apollo Theatre)」「リリック劇場(Lyric Theatre)」「タイムズスクエア劇場(Times Square Theater)」」「セルウィン劇場(Selwyn Theatre)」「リバティー劇場(Liberty Theatre)」「エンパイア劇場(Empire Theatre)」です。新42丁目はただ劇場を再建築するのではなく年齢・人種問わず、大人から子どもまで、ニューヨーク市民から世界各国からの観光客まで、幅広い人々に世界最高峰のエンターテイメントを提供するために活動してきました。

最初の劇場再建築「ビクトリー劇場(Victory Theater)」

過去:ビクトリー劇場と現在:ニュー・ビクトリー劇場
新42丁目が最初に再建築を行った劇場は、1900年に建築された「ビクトリー劇場(Victory Theater)」でした。この劇場は元々演劇会場として開業するも幾度となく所有者が変わり、1930年代~1940年代は映画館として使用されていました。1940年代以降廃墟化していたこの劇場に目を付けた新42丁目は、1990年に劇場を買い取り、約11.4億ドル(日本円約1,282億円)を掛けて再建築を行いました。後の1995年に、子どもや家族向けの演劇、サーカス、人形劇、オペラ、ダンスなど、ファミリー・エンターテインメントに焦点を当てたオフ・ブロードウェイ劇場として再オープンし、劇場名を「ニュー・ビクトリー劇場(New Victory Theater)」に改名しました。現在も新42丁目の所有劇場として運営を行っています。

ブロードウェイを代表する劇場「リリック劇場(Lyric Theatre)」の誕生

過去:アポロ劇場とリリック劇場と現在:リリック劇場
続いて新42丁目は、42丁目に隣接して建てられていた「アポロ劇場」と「リリック劇場」の劇場再建築を開始しました。1903年に建設されたリリック劇場と1910年に建設されたアポロ劇場は、当時劇場として開業するも世界大恐慌の影響で映画館に姿を変えていました。そこで、1996年にニューヨーク州と市が協同してアポロ劇場と旧リリック劇場の所有権を買い取り、2つの劇場を保護下に置いた後、1年がかりで取り壊して座席数1,900席の1つの劇場に建て替えました。現在の「リリック劇場(Lyric Theatre)」の歴史は劇場詳細ページを御覧ください。

Madame TussaudsとDave & Buster’s

過去:リバティー劇場と現在:Dave & Buster's
1933年に建築されたリバティー劇場は、2000年にエンターテインメント会社「フォスター・シティ・エンタープライズ(Forest City Enterprises)」の複合施設の一部として再建築が行われ、蝋人形で有名なマダムタッソー館(Madame Tussauds New York)やライブレストラン「リプリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノット!(Ripley’s Believe It or Not!)」や、全米展開しているゲームセンター・チェーン「Dave & Buster’s」として再オープンしました。

60年間使用されなかったSelwyn Theatre

過去:セルウィン劇場と現在:アメリカン・エアライン劇場
1918年に開業したセルウィン劇場は、ヒットミュージカル作品を輩出するも世界恐慌により約60年間ほとんど使用されていませんでした。その後1992年に、新42丁目が劇場再建築計画の劇場の1つとして買収しますが、他劇場の再建築を行っていた新42丁目は、すぐには改装をを行いませんでした。そこに目を付けた運営会社「ラウンドアバウト・シアター・カンパニー(Roundabout Theatre Company)」がセルウィン劇場を約21億ドル(日本円約23億円)を掛けて修復することを打ち出し、運営権を譲り受けました。改装工事後、2000年7月27日に座席数750席の「アメリカン・エアライン劇場(American Airlines Theatre)」へと改名し、再び劇場として再オープンしました。

唯一、現在も未使用のタイムズスクエア劇場(Times Square Theater)

7つ目の劇場となるタイムズスクエア劇場は、1920年に演劇会場として開業しました。しかしヒット作品に恵まれなかったタイムズスクエア劇場は、後にプライベートライブ会場や映画館として姿を変えます。その後、1990年代以降廃墟化していた劇場を、ニューヨーク市と新42丁目が買い取りますが、タイムズスクエア劇場の出入り口は42丁目側にしか存在せず、機材や小道具の積み込みが難しかったため、すぐに修復作業が開始されませんでした。

過去と現在のタイムズスクエア劇場
1992年以降、幾つもの会社が再開発プロジェクトを提案するも再建築は進まず、2005年~2009年の間は、衣料品やその他の都市部の青少年市場向けに店舗を計画していた会社「Ecko Unltd」に賃貸されていました。2012年に入ると、映画会社と長期賃貸借契約が締結され、4D映画のプロジェクトが開始されますが、2014年には財政難によりプロジェクト中止が発表されました。ついに、2015年にタイムズスクエア劇場に隣接するリリック劇場(Lyric Theatre)の所有運営会社アンバサダー・シアター・グループ(Ambassador Theatre Group)が、建物の管理を引き継ぐことを発表し、特別イベントのためのスペースなど臨時の貸し劇場として使用しています。

映画館「AMC Empire 25」の誕生秘話

過去:エンパイア劇場と現在:AMC Empire 25
42丁目に位置する「エンパイア劇場」はタイムズスクエアを代表する遊楽施設へと変貌しました。
1912年に著名建築家トーマス・W・ラム(Thomas W. Lamb)によって建築されたエンパイア劇場は、1998年に新42丁目による劇場再建築が行われました。劇場から映画館として使用されていたこの劇場は巨大な敷地であったことから、42丁目の遊楽施設としてそのまま映画館として利用することを決定し、25スクリーンを所有する巨大映画館「AMC Empire 25」の名で再オープンを果たしました。

↓クリックして画像を拡大

映画館「AMC Empire 25」の改装工事の様子
現在AMCとして営業しているこの映画館は、歴史あるEmpire Theatereの建物をそのまま利用するため、1998年の改装工事の際、元々あった場所から170フィート(52メートル)横に移動して現在の場所に移されました。この横移動は、建物を宙に浮かした足元に木製のレールをはめ込み、トロッコ列車のようにスライドさせて実現させました。さらに、この作業に費やした時間はたったの約3時間30分で行われました。まるで漫画のような話しですが、アメリカらしい実話です。

本拠地:New 42nd Street Buildingの設立

7つの劇場再修復を行った新42丁目は、2000年に自社の本拠地となる10階建ての舞台芸術複合施設「New 42nd Street Building」を42丁目沿いに建設しました。建物内には、新42丁目を含む7つの非営利団体が使用する3階のオフィススペースやリハーサルスタジオ「New 42nd Street Studio」に加え、非営利団体や商業舞台芸術団体に向けて貸出を行っている座席数200席のオフ・ブロードウェイ劇場「デューク・オン・42ストリート(The Duke on 42nd Street)」が含まれます。42丁目の再建を行い、タイムズスクエア周辺を観光地として復活させた新42丁目は、今日のニューヨークの舞台芸術を支えています。

New 42nd Street の業務体系

新42丁目は、2つの劇場の所有・運営を行い、42丁目のエンターテイメント業界を管理していますが、その他にも以下のようなサービスを行っています。

リハーサルスタジオ「New 42nd Street® Studios」

住所:229 W 42nd St, New York, NY 10036(地図

新42丁目の本社内にあるリハーサルスタジオ「New 42nd Street® Studios」は、大少合わせて14部屋を完備しています。ブロードウェイ、オフ・ブロードウェイや演劇の練習場所、少規模の劇団やダンス団体、またオペラやオーケストラの練習などと、幅広いニューヨークの芸術関係の分野にスタジオを提供しています。プロで活躍するアーティスト向けのスタジオなので、一般者が予約する事は難しいスタジオとして知られています。

New 42nd Street が所有する劇場リスト

The New Victory Theater|ザ・ニュー・ビクトリー劇場 ザ・ニュー・ビクトリー劇場
The New Victory Theater
Duke on 42nd Street  |デューク・オン・42ストリート デューク・オン・42ストリート
Duke on 42nd Street