STAR WARSのカイロ・レン役で有名なアダム・ドライバーがブロードウェイの舞台に登場!

過去に5度ブロードウェイに出演している演技派俳優アダム・ドライバー

Adam Driver
アダム・ドライバーと言えばスターウォーズ新3部作でカイロ・レン役として、日本では一気に知名度が上がりました。同作品の中では、伯父にあたるダース・ヴェイダーに憧れを抱き、感情的になりやすい悪役の迫真の演技はとても高い評価を得ています。日本ではスターウォーズのイメージが強い彼ですが、実はオフ・ブロードウェイの作品も合わせて、過去5つのブロードウェイ作品に出演経験があります。

6度目の出演となる最新作「Burn This」

最近「HEAD OVER HEELS(ヘッドオーバーヒールズ)」を手がけた事でも知られるマイケル・メイヤー(Micael Mayer)監督(2007年のトニー賞で最優秀演出賞を受賞)の最新作「Burn This」にレストラン・オーナー役で出演することが決まりました。

この作品は、1980年台のニューヨーク・マンハッタンを舞台にした、男女4人の物語です。ダンサーの女性アナはとダンスのパートナーでゲイのロビー、同じくゲイのラリーと3人で共同生活をしていましたが、突然ロビーが亡くなってしまい、残された2人の前にロビーの兄で危険な匂いのするセクシーなレストランオーナーのペール(アダム・ドライバー)が現れ、アナは恋人がいるのにも係わらずペールと関係を持ってしまいます。ペールを演じる今回のアダム・ドライバーは女性と恋に落ち日々悩まされるシリアスな役どころなので、スターウォーズのアダム・ドライバーからは想像出来ない、繊細な演技に注目です。

2019年公開予定のスター・ウォーズでも共演するケリー・ラッセルも出演

ヒロインでダンサーの役のアナには映画 ミッション・インポッシブルや猿の惑星で有名なハリウッド女優 Keri Lynn Russell(ケリー・ラッセル)の出演が決定しています。Burn Thisは2019年3月公演予定ですが、ケリー・ラッセルは2019年末 公開予定 スターウォーズ エピソード9にも出演予定で、アダム・ドライバーとの共演が期待されていましたが先にこのミュージカルで共演する事になり、2人の激しい恋に焦点が当てられるストーリーとなっています。その他、キャストは後日発表されます。

元海兵隊という経歴を持つアダム・ドライバー

今日ではスター・ウォーズのカイロ・レン役として日本でもその名が知れ渡った彼ですが、映画で売れる前にはTVドラマなどを中心にキャリアを積んでいました。Netflix(ネットフリックス)やHulu(フールー)などを含む海外ドラマの業績に与えられるエミー賞にミネートされたり、ブロードウェイで舞台に出演したりと、輝かしい経歴を持っているアダム・ドライバーですが、実は過去にアメリカ海兵隊に所属していた時期もあったということで、紹介したいと思います。

アダム・ドライバー(Adam Driver)プロフィール

1983年11月19日生まれ、カルフォルニア州 出身。
イギリス、ドイツ、オランダ、アイルランド、スコットランドなど多くの血筋を持つ。

両親の離婚がきっかけで7歳でインディアナ州に引っ越し、祖父の影響で聖歌隊で歌う少年だったとの事。2001年に起こった9.11世界同時多発テロがきっかけで愛国心からアメリカ海兵隊に入隊するが、マウンテンバイクに乗っている際に怪我をしてしまい、実際に戦地に派遣される事なく、2年8ヶ月で退役。

その後、1年間大学に在学後、芸術学校の最高峰と言われるジュリアード音楽院に入学し、演劇を学ぶ。2009年ジュリアード音楽院を卒業後、2010年 MRS. WARREN’S PROFESSION(ウォーレン夫人の職業)で初のブロードウェイの舞台に立ち、次第に映画、テレビの出演が多くなる。2012年から17年までアメリカの人気テレビドラマ GIRLS/カールズに出演。感情的に不安定なアダム・サックラー役を演じ、2013年~15年で3年連続エミー賞に同じ役でノミネートされる。2014年には映画 「ハングリー・ハーツ」でヴェネツィア国際映画祭男優賞を受賞し、翌年公開された「スター・ウォーズ フォースの覚醒」でカイロ・レン役を演じ世界的その名が知れ渡る事になる。2019年には続編の「スター・ウォーズ エピソード9」が公演予定。