イディナ・メンゼルがオフ・ブロードウェイの新作に登場します!

2018年6月21日、ディズニーアニメ「アナと雪の女王(Frozen)」で主題歌を歌った大人気女優イディナ・メンゼル(Idina Menzel)が4年ぶりにオフブロードウェイの舞台に登場します!
新作オフ・ブロードウェイ「スキンタイト(Skintight)」の最新キャスト情報とともにお届けいたします。

最新オフ・ブロードウェイ作品情報

6月21日~8月26日までの2ヶ月限定公演

オフ・ブロードウェイ新作「スキンタイト(Skintight)」の主演女優イディナ・メンゼル(Idina Menzel)は、「レント(RENT)」や「ウィキッド(Wicked)」の主演女優を務め、ディズニーの名作「アナと雪の女王(Frozen)」の劇中挿入歌「レット・イット・ゴー(Let it Go)」を歌ったことでご存知の方も多いのではないでしょうか。彼女にとって、4年ぶりのブロードウェイ舞台となった今作品は、6月21日~8月26日までの2ヶ月期間限定公演です。

オフ・ブロードウェイ「スキンタイト(Skintight)」について

同性愛を題材にしたスキンタイト(Skintight)
オフ・ブロードウェイで数々の賞を受賞したコメディ劇「Bad Jews」で知られる劇作家ジョシュア・ハーモン(Joshua Harmon)によって制作された本作品は、同性愛者を題材にしており、主人公:ジョディ(Jodi)が、デザイナーである父の仕事を手助けするためニューヨークに戻りますが、そこで父と同居する20歳のトレイ(Trey)と彼女の息子である同じく20歳のジェフ(Jeff)との間で繰り広げられる人間物語を描いています。20歳という若者が愛の本質について悩み、学び、自分の生き方を探し出していくそんな物語となっています。

最新キャスト情報

オリジナルキャストから注目されているキャストをピックアップ!

イディナ・メンゼル(Idina Menzel)

ウィキッドで演じた時のイディナ・メンゼル(Idina Menzel)イディナ・メンゼル(Idina Kim Mentzel)は、アメリカで人気を誇る女優・歌手です。日本では歌手として「アナと雪の女王(Frozen)」の「レット・イット・ゴー(Let it Go)」で一躍有名になりました。1996年以来、ブロードウェイの舞台でも活躍し続けている彼女は、「レント(RENT)」や「ウィキッド(Wicked)」など数多くの作品でトニー賞ノミネート、受賞を経験しています。彼女が出演する作品は必ず大ヒットを起こすと断言できるほど、実力派の女優が演じる舞台は必見です!
WICKED詳細はコチラ ▶︎

ジャック・ウェザーオール(Jack Wetherall)

※画像参照元:image from Playbill.com
ジャック・ウェザーオール(Jack Wetherall)ジャック・ウェザーオール(Jack Wetherall)は、ニューヨーク市を拠点とするカナダの俳優兼監督です。
彼は、1999年にアメリカとカナダで公開された同性愛者を主人公とするテレビドラマ「クィア・アズ・フォーク’(Queer as Folk)」で監督として大成功を収め、以降ブロードウェイ制作や演劇で俳優として活動を行っています。オフ・ブロードウェイではなかなか登場することのない彼のベテランの演技が見どころです。

Skintightの公演会場

Skintight

ローラ・ペルス劇場(Laura Pels Theatre)

本作品となる「スキンタイト(Skintight)」の公演劇場は、オフ・ブロードウェイ劇場である「ローラ・ペルス劇場(Laura Pels Theatre)」で行われます。当劇場は、ブロードウェイ運営会社「ラウンドアバウト・シアター・カンパニー(Roundabout Theatre Company)」の所有劇場であり、本作品の制作を行った運営劇場会社でもあります。

ラウンドアバウト・シアター・カンパニー(Roundabout Theatre Company)とは?

ラウンドアバウト・シアター・カンパニー(Roundabout Theatre Company)は、クラシックミュージカル作品やリバイバル作品の制作・上演を目的とした非営利団体です。ミュージカル・演劇作品の制作以外に、マンハッタン内で5つの劇場を所有・運営を行っており、現在では会員数4万人、年間観客動員数40万人を数える全米でも最大級の運営会社として知られています。
ラウンドアバウト・シアター・カンパニーの詳細 ▶︎