ミュージカル「キング・コング」が英語が分からなくても絶対楽しめる理由

英語が分からなくても絶対楽しめるミュージカル「キングコング」
2018年10月5日よりブロードウェイ劇場にて連日大好評中の新作ミュージカル「キングコング(King Kong)」。大迫力のキングコングと圧倒的な舞台演出は、観るものを必ずキングコングの世界へと連れて行ってくれます。今回は、2019年イチオシミュージカルである今作品が言葉いらずで楽しめる理由をお伝えします。

ブロードウェイ初となる巨大パペットの演出が凄い

ミュージカル「キングコング(King Kong)」
巨大怪獣のミュージカル舞台という事もあって、一番気になるのがキングコングの存在ですが、身体の動きや顔の表情の演出に最新の技術が投入されています。舞台の大半を占める体長6メートル、重量900kgからなる巨大パペット(ロボット)が目の前で暴れる迫力満点の演出には、映画を観たことがない方、キングコングを知らない方、英語が分からにない方でも、子供から大人まで必ず楽しめる作品です。
パペットについてもっと詳しく ▶︎
実際のパペット動画を見る ▶︎

まるでアトラクションのような新感覚のミュージカル

最新技術で遠隔操作される巨大パペットは、黒子10名の演出でさらに細かい動きが可能となる
大迫力のキングコングも見ものですが、その巨大キングコングを遠隔で操作するパペット技術を駆使した10名の黒子にも注目です。この10名の黒子が、キングコングから飛び降りて反動で腕をあげる動きをつくったり、キングコングの怒りや悲しみなどの顔の表情一つ一つを丁寧に作り出しており、キャストだけでなく、彼らの動きにも必ず圧巻されます。機械ではなく、人間の手で表現されたキングコングは、まるで舞台の上に本物のキングコングがいるかのような感覚に陥ります。

さらには、舞台全体に投影されるレーザービームや最新のプロジェクトマッピング技術を駆使した演出で、何とも言葉にできない遠近法が使われており、これでもかというほどキングコングの激しい動きが目の前で体験できる新感覚アトラクション・ミュージカルとなっています。

主人公アンとキングコングの絡みが凄すぎる

キングコングとアン役を演じたクリスティアーニ・ピッツ(Christiani Pitts)
そんな舞台演出を背景に、機械とは思えない繊細な動きをするキングコングの主人公アンに対する表情や仕草、2人が手を取り合って寄り添うシーンなど、巨大怪物と人間が触れ合って絡み合う演技は見るもの心と目を奪います。こちらでは、人と巨大コングが触れ合う楽曲「Full Moon Lullaby(フルムーン・ララバイ)」を動画でご紹介したいと思います。

king Kong お勧めの座席

歌・演技・演出のすべてを体で楽しめる新感覚のミュージカル「キング・コング」は、公演のために劇場内全体を改造してどこに座っていても、大迫力の音響そして自分も舞台にいるかのような感覚に陥りますが、その中でも特に大迫力のキングコングを楽しめるお勧めの座席をご紹介したいと思います。

キングコングは最前列がお勧め!

キングコングは最前列がお勧め!

ブロードウェイの劇場の最前列といえば、プレミア席と思う方が多いかと思いますが、実は、最前列はすこし舞台を見上げる形となりますので、プレミア席ではない演目が多く存在します。しかし、キングコングの最前列は、プレミア席の中でも最もチケット価格が高い座席となっており、座席と舞台との間の斜面があまりないため、非常に人気の座席となっています。プレミア席をお考えの方は、是非最前列のお座席を確保して、迫力満点のキングコングの舞台を独り占めしましょう!
プレミア席のお問い合わせはコチラ ▶

2階フロントメザニン席もお勧め!

2階フロントメザニン席もお勧め!

キングコングの座席は、2階フロントメザニン席もお勧めです。この公演の為に大改装した劇場には巨大ウーハーと数えきれないほどのスピーカーが設置されており、天井から吊るしている照明と音響設備を一新しています。この音響設備のおかげで、大迫力のキングコングの怒号の雄叫びから小さな息遣いまでを実現させました。そんな細部まで凝った演出を全体で楽しめるのが、2階フロントメザニン席の特権です。
座席についてもっと詳しく ▶

キングコング割引チケット絶賛発売中!

King Kong.キングコング

キングコング:King Kong $65~

今までにないダイナミックかつ幻想的な舞台演出は、初めてミュージカルを観る方でも、何度もミュージカルを観たことがある方でも、どんな方でも必ずキングコングの世界に引き込まれます。あっとブロードウェイでは、通常$100/枚以上するチケットを、なんと割引価格の$65/枚からご購入いただけます。今もっとも話題でホットな新作ミュージカルを是非舞台の目の前で観劇して下さい。
観劇レポはコチラ ▶︎