サラ・バレリスがウェイトレス(Waitress)に戻ってくる!

サラ・バレリスがウェイトレス(Waitress)に戻ってくる!
2016年03月25日より、ブルックス・アトキンソン劇場にて公演を行っている人気ミュージカル「ウェイトレス(Waitress)」に、本作品の全曲作詞作曲を担当したサラ・バレリス(Sara Bareilles)が再び舞台に戻ってくることが決発表されました!あっとブロードウェイではいち早く最新情報をお届けします。

1月7日~2月3日 期間限定で主演に復活

ミュージカル「ウェイトレス(Waitress)」
2007年公開の映画が原作の「ウェイトレス(Waitress)」は、脚本家、演出家、振付家の制作陣全員がなんと女性で、ブロードウェイ史上初の女性クリエイターのみで制作されました。そして本作品で、全曲作詞作曲を担当したシンガー・ソングライターのサラ・バレリス(Sara Bareilles)が、今回自身2回目となる主役ジェナ役を演じることを発表しました。さらに、2017年公開の「ハロー ドリー!(Hello Dolly!)」でトニー賞助演男優賞を受賞したギャビン・クリール(Gavin Creel)も、 ジェナの主治医ポマター役として登場するが決定しました。サラ・バレリスとギャビン・クリールによる舞台は、2019年1月7日から2日3日までの約1ヶ月期間限定公演です。
Waitress 詳細ページ ▶︎

期間限定キャスト紹介

ジェナ役:サラ・バレリス(Sara Bareilles)

サラ・バレリス(Sara Bareilles)
1979年12月7日生まれ アメリカの歌手
本作品の楽曲を制作し、全曲作詞作曲を担当したサラ・バレリス(Sara Bareilles)は、2007年のシングル「Love Song(ラブソング)」で米ビルボードのPop 100チャートで第1位を記録し、過去5度に渡ってグラミー賞にノミネートしたシンガーソングライター。本作品でトニー賞オリジナル楽曲賞のノミネートした彼女は、2017年3月31日~2017年6月11日の期間限定で主役として登場。2018年度のトニー賞授賞式では、タレントの名誉とも言える司会を努めた実力派歌手。

ポマター役:ギャビン・クリール(Gavin Creel)

ギャビン・クリール(Gavin Creel)
1976年4月18日生まれ アメリカの俳優
1998年にミシガン大学のスクール・オブ・ミュージックのシアター・ ダンス課を卒業、修士号を取得。2002年公開の「モダン・ミリー(Thoroughly Modern Millie )でブロードウェイデビューにも関わらず主役に抜擢、同年のトニー賞でミュージカル主演男優賞にノミネートした。2009年公開の「ヘアー(HAIR)」でもミュージカル主演男優賞にノミネート、そして2017年公開の「ハロー ドリー!(Hello Dolly!)」ではトニー賞助演男優賞に受賞した事もある実力派俳優。

ミュージカル「ウェイトレス」の動画をチェック

本作品の全曲作詞作曲を担当したサラ・バレリス(Sara Bareilles)が、2017年3月31日~2017年6月11日の期間限定公演で主役ジュナ役を努めた際の動画です。

ウェイトレス割引チケット絶賛発売中!

ウェイトレス

ウェイトレス:Waitress

割引度:★★★★★
オススメ 即チケ発行
あっとブロードウェイで日本から割引チケットがオンラインで購入可能!さらに購入後、すぐにEチケットが発券されるのであとは劇場に行くだけ。
チケット購入方法はコチラ ▶︎

料金:$209$109~