2018年5月以降に終演予定のオン・オフブロードウェイ作品を一挙大公開

2018年5月以降に公演終了となるオン・オフブロードウェイの最新情報をまとめました!
公演終了前に滑り込んで観に行きましょう!

2018年公演予定の作品一覧

2018年5月終演予定の演目

GOLDSTEIN(ゴールドスタイン)

真夜中のパーティー(The Boys in the Band)公演終了:2018年5月20日
劇場:Actors Temple Theatre(地図
主人公は作家ルイス・ゴールドスタイン。彼は家族の物語を小説にしてベストセラー作家となりますが、彼の家族はその小説は真実を書いていないとルイスに伝えます。移民のユダヤ系アメリカ人3世代の勇気と挑戦を描いた作品。

TRANSFERS(トランスファーズ)

真夜中のパーティー(The Boys in the Band)公演終了:2018年5月20日
劇場:MCC Theater at The Lucille Lortel Theatre(地図
サウスブロンクス出身の才能豊かな学生2人組の話。若い学生たちが奨学金のために競争するが、そこで待ち受けている彼らの運命とは?

The Seafarer(ザ・シーフェアラー)

真夜中のパーティー(The Boys in the Band)公演終了:2018年5月24日
劇場:アイリッシュ・レパートリー劇場(Irish Repertory Theatre)
アイルランドの若手劇作家コナー・マクファーソンの戯曲。2006年にローレンス・オリヴィエ賞“作品賞”他にノミネートされ、2007年のブロードウェイ公演でもトニー賞”作品賞”にノミネートされた、クリスマスイブに起きる、とある兄弟の話。

Summer and Smoke(サマーアンドスモーク)

真夜中のパーティー(The Boys in the Band)公演終了:2018年5月25日
劇場:クラシック・ステージ・カンパニー(Classic Stage Company)
アメリカを代表する劇作家テネシー・ウィリアムズの舞台劇。保守的な南部社会で宗教と家族のために青春を犠牲にした女性の悲劇を描く。

Children of a Lesser Gold(愛は静けさの中に)

真夜中のパーティー(The Boys in the Band)公演終了:2018年5月27日
劇場:スタジオ54(Studio 54)
小さな港町の聾唖学校に赴任した熱血教師と、そこで働く聾唖の女性との出会いと恋を描いたヒューマン・ドラマ。

Long Day’s Journey Into Night(夜への長い航路)

真夜中のパーティー(The Boys in the Band)公演終了:2018年5月27日
劇場:ユージン・オニール劇場(Eugene O’Neill Theatre)
小さな港町の別荘を舞台に、芸術家としては失敗した俳優の父、麻薬中毒の母、アル中の兄、結核を発病した詩人気質の弟の四人家族が、愛情と憎悪の狭間で、互いに傷つけ責め合いつつ理解し許し合うという心理的葛藤を描く戯曲。

Unexpected Joy(アンエクセプテッド・ジョイ)

真夜中のパーティー(The Boys in the Band)公演終了:2018年5月27日
劇場:York Theatre @ Saint Peter’s(地図
3世代にわたる女性歌手の話。フォークロック、ポップス、ブルースを織り交ぜながら、繰り広げる物語。

2018年6月終演予定の演目

Light Shining in Buckinghamshire(ライト・シャイニング・イン・バッキンガムシャー)

恋にあこがれて(Head over Heels)公演終了:2018年6月23日
劇場:The Public Theater/Martinson Hall(地図
1647年のイギリスを舞台とし、新しい未来のために革命を起こす。キャリル・チャーチルによる戯曲。

Mlima’s Tale(ミルマズ・テール)

恋にあこがれて(Head over Heels)公演終了:2018年6月23日
劇場:The Public Theater/Martinson Hall(地図
秘密の国際象牙市場に閉じ込められた壮大な象の話。

Saint Joan(聖女ジョウン)

恋にあこがれて(Head over Heels)公演終了:2018年6月23日
劇場:サミュエル J フリードマン劇場(Samuel J. Friedman Theatre)
主演は過去トニー賞に4度ノミネートされている女優コンドラ・ラッシャッド(Condola Rashad)。15世紀のフランスを舞台とする。

Travesties(トラベスティーズ)

Bernhardt/Hamlet(ベルナール/ハムレット)公演終了:2018年6月17日
劇場:アメリカン エアライン劇場(American Airlines Theatre)
イギリスの劇作家、トム・ストッパード(Tom Stoppard)による作品。2018年のトニー賞4部門にノミネート。

Three Tall Women(スリー・トール・ウーマン)

Straight White Men(ストレート・ホワイトマン)公演終了:2018年6月24日
劇場:ジョン ゴールデン劇場(John Golden Theatre)
2度のアカデミー賞受賞経験の持つ名女優グレンダ・ジャクソン(Glenda Jackson)が待望のブロードウェイ復帰。エドワード・アルビーのピューリッツァー賞を受賞した傑作。

2018年7月終演予定の演目

Angels in America(エンジェルス・イン・アメリカ)

Angels in America(エンジェルス・イン・アメリカ)公演終了:2018年7月15日
劇場:ニール サイモン劇場 (Neil Simon Theatre)
1980年代のアメリカ社会問題をリアリズムとファンタジーが交錯する中で描いた傑作。2018年トニー賞に11部門ノミネート。

2018年8月終演予定の演目

In & Of Itself(イン・アンド・オフ・イットセルフ)

Bernhardt/Hamlet(ベルナール/ハムレット)公演終了:2018年8月19日
劇場:Daryl Roth Theatre(地図
デレック・デルゴーディオ(Derek DelGaudio)自身が脚本を書き、出演する作品。

Hello, Dolly!(ハロー・ドーリー!)

Bernhardt/Hamlet(ベルナール/ハムレット)公演終了:2018年8月25日
劇場:シューベルト劇場 (Shubert Theatre)
1964年にブロードウェイで初めて制作されたミュージカル作品のリバイバル公演。

The Play That Goes Wrong(ザ・プレイ・ザット・ゴーズ・ロング)

Bernhardt/Hamlet(ベルナール/ハムレット)公演終了:2018年8月26日
劇場:ライシーアム劇場 (Lyceum Theatre)
2012年にイギリス(ウェスト・エンド)にて開幕以来、現在も上演し続けているイギリスを代表するロングラン作品がブロードウェイに登場。

2018年12月終演予定の演目

Springsteen on Broadway(スプリング・スティーン・オン・ブロードウェイ)

The Ferryman(ザ・フェリーメン)公演終了:2018年12月15日
劇場:ウォルター カー劇場(Walter Kerr Theatre)
米国出身のシンガーソングライターのブルース・スプリングスティーン自身が40年以上のキャリアを振り返りながら、ギターやピアノでソロパフォーマンスを行う。