速報:2019年 第73回 トニー賞 ノミネート発表

2019年4月30日、第73回目のトニー賞ノミネートが発表されました!
あっとブロードウェイでどこよりもいち早く最新情報をお届けします!
そもそもトニー賞とはどういったものなにか。
過去のトニー賞の受賞作品や、トニー賞の種類・部門については「トニー賞TOPページ」をご覧ください。

最多ノミネート作品

14部門ノミネート: Hadestown(ヘイディズタウン)
12部門ノミネート: Ain’t Too Proud(エイント・トゥー・プラウド)
11部門ノミネート: Tootsie(トッツィー)
8部門ノミネート: Beetlejuice(ビートルジュース)
7部門ノミネート: The Prom(プロム)

ミュージカル作品賞

ミュージカル・ヘイディズタウン(Hadestown)割引チケット - あらすじ、口コミ

Hadestown(ヘイディズタウン)

ギリシャ神話に出てくる様々な登場人物「冥界の王ハデス」や「ハデスの試練に挑むオルフェウス」を模写している作品。近未来的な舞台セットとギリシャ神話をうまく融合させており、クラシックミュージカルのような、SF作品のような斬新な演出となっています。今までにない新しいミュージカルを観劇することができます。
観劇レポはコチラ ▶

エイント・トゥー・プラウド(Ain’t Too Proud)

Ain’t Too Proud(エイント・トゥー・プラウド)

1960年代世界的な人気を誇った伝説の米ソウル・コーラス・グループ「テンプテーションズ(The Temptations)」の実話を元にした作品。独特な細かい動きをするソウルステップを加えた「ソウルダンス」を蘇らせた振付師セルジオ・トルヒージョ(Sergio Trujillo)と本作品の監督を務めた映画監督のデ・マカナフ(Des McAnuff)は、今回3度目のタッグを組みトニー賞に挑みます。
観劇レポはコチラ ▶

ミュージカル・ビートルジュース(Beetlejuice)割引チケット - あらすじ、口コミ

Beetlejuice(ビートルジュース)

ハリウッドスターのマイケル・キートンがゴーストに変貌して人気を確立した1988年公開のホラーコメディ映画「ビートル・ジュース」が原作の作品。ハロウィンでは必ず誰かが仮装するほど絶大な人気を誇る「ビートルジュース」は、初の舞台化にもかからず、トニー賞ミュージカル作品賞にノミネートしました。今一押しの新作ミュージカルです!
観劇レポはコチラ▶

ミュージカル・プロム(The Prom)割引チケット - あらすじ、口コミ

The Prom(プロム)

セクシュアルマイノリティー(LGBT)を乗り越えるレズビアン高校生の物語。2017年度第71回トニー賞ミュージカル作品賞を受賞した「ディアー・エヴァン・ハンセン (Dear Evan Hansen)」に続く、思春期時代の対人恐怖症や特定の性的指向など思春期特有の悩み、トランスジェンダーやソーシャルネットワークなど現代の社会問題を題材にした作品として注目を浴びています。
観劇レポはコチラ ▶

ミュージカル・トッツィー(Tootsie)割引チケット - あらすじ、口コミ

Tootsie(トッツィー)

ハリウッドスターのダスティン・ホフマンが女装で主演を披露し、人気となった1982年公開のコメディ映画「トッツィー」が原作の作品。売れない中年男優が知恵を巡らせて女装したところ、一躍大人気スターになってしまうというアメリカンジョークたっぷりの面白おかしな本作品は、なんと映画「FROZEN(アナと雪の女王)」のハンス王子の声優が主役として登場します!
観劇レポはコチラ ▶

ミュージカルリバイバル賞

Kiss Me, Kate(キス・ミー・ケイト)
Oklahoma!(オクラホマ!)

ミュージカル主演男優賞

Brooks Ashmanskas-The Prom(プロム)
Derrick Baskin-Ain’t Too Proud(エイント・トゥー・プラウド)
Alex Brightman-Beetlejuice(ビートルジュース)
Damon Daunno-Oklahoma!(オクラホマ!)
Santino Fontana-Tootsie(トッツィー)

ミュージカル主演女優賞

Stephanie J. Block-The Cher Show(シェール・ショー)
Caitlin Kinnunen-The Prom(プロム)
Beth Leavel-The Prom(プロム)
Eva Noblezada-Hadestown(ヘイディズタウン)
Kelli O’Hara-Kiss Me, Kate(キス・ミー・ケイト)

ミュージカル助演男優賞

André De Shields-Hadestown(ヘイディズタウン)
Andy Grotelueschen-Tootsie(トッツィー)
Patrick Page-Hadestown(ヘイディズタウン)
Jeremy Pope-Ain’t Too Proud(エイント・トゥー・プラウド)
Ephraim Sykes-Ain’t Too Proud(エイント・トゥー・プラウド)

ミュージカル助演女優賞

Lilli Cooper-Tootsie(トッツィー)
Amber Gray-Hadestown(ヘイディズタウン)
Ali Stroker-Oklahoma!(オクラホマ!)
Ali Stroker-Oklahoma!(オクラホマ!)

演劇 作品賞

Choir Boy(クワイア・ボーイ)
The Ferryman(ザ・フェリーマン)
Ink(インク)
Gary: A Sequel to Titus Andronicus(グレイ)
What the Constitution Means to Me

演劇 主演男優賞

Paddy Considine-The Ferryman(ザ・フェリーマン)
Bryan Cranston-Network(ネットワーク)
Jeff Daniels-To Kill a Mockingbird(アラバマ物語)
Adam Driver-Burn This
Jeremy Pope-Choir Boy(クワイア・ボーイ)

演劇 主演女優賞

Annette Bening-All My Sons(オールマイソン)
Laura Donnelly-The Ferryman(ザ・フェリーマン)
Elaine May-The Waverly Gallery
Janet McTeer-Bernhardt/Hamlet(ベルンハルト/ハムレット)
Laurie Metcalf-Hillary and Clinton(ヒラリーアンドクリントン)
Heidi Schreck-What the Constitution Means to Me

演劇 助演男優賞

Bertie Carvel-Ink(インク)
Robin De Jesús-The Boys in the Band
Gideon Glick-To Kill a Mockingbird(アラバマ物語)
Brandon Uranowitz-Burn This
Benjamin Walker-Arthur Miller’s All My Sons

演劇 助演女優賞

Fionnula Flanagan-The Ferryman(ザ・フェリーマン)
Celia Keenan-Bolger-To Kill a Mockingbird(アラバマ物語)
Kristine Nielsen-Gary: A Sequel to Titus Andronicus(グレイ)
Julie White-Gary: A Sequel to Titus Andronicus(グレイ)
Ruth Wilson-King Lear(リア王)

第73回トニー賞 授賞式は2019年6月9日

第73回トニー賞 授賞式は、2019年6月9日にラジオシティ・ミュージックホールで開催されます。1932年にロックフェラーによって建設されたこのミュージック・ホールは、元々メトロポリタン美術館を建設する予定だった場所としても有名です。世界レベルで有名なアーティストのライブや、ニューヨークの冬の風物詩でもある「クリスマススペクタキュラー」の公演を行う会場として、ニューヨークで一番有名なミュージック・ホールとして知られています。

第73回トニー賞 司会はジェームス・コーデン

俳優、コメディアン、番組ホストなど、マルチに活動するジェームズ・コーデン
トニー賞では、毎回、誰が司会を務めるのか、という事に注目が集まっています。 ちなみに、今回は、第70回(2016年)トニー賞でも司会を努めたジェームス・コーデンが、再度抜擢されたという事で、今から彼のコミカルな司会ぶりが非常に楽しみとなっています。 詳しくはコチラ ▶︎

ちなみに昨年(2018年)のトニー賞は…

ちなみに、昨年のミュージカル作品賞、主演男優賞、主演女優賞、助演男優賞、脚本賞、オリジナル楽曲賞、照明デザイン賞、演出賞、編曲賞の合計11部門ノミネート、9部門受賞に輝いたのはThe Band’s Visit(バンド ビジット:迷子の警察音楽隊 )でした。バンドビジットはすでに2019年4月7日で公演を終了していますが、演劇作品賞を受賞したHarry Potter and the Cursed Child(ハリーポッターと呪いの子 )は、現在も絶賛公演中です。第72回 トニー賞 受賞作品(2018年)の詳細はこちらのページにまとめていますので、是非ご覧ください。

トニー賞ノミネート作品を格安で見よう

あっとブロードウェイでは、今回トニー賞にノミネートした作品を全て、割引料金でチケットを販売しています。
必要なものは、クレジット1枚だけ。購入と同時にチケット交換券が発行されるので、非常に簡単です。購入前、購入後も、すべて日本語でニューヨークから日本人スタッフがサポートしますのでご安心ください。

はじめてご利用になれる方は、まずコチラをお読みになってください