2017年度 トニー賞受賞者 Gavin Creel (ギャヴィン・クリール)が Hello Dolly!(ハロー ドリー!)の舞台に復帰!!!

トニー賞 助演男優賞Gavin Creel (ギャヴィン・クリール)が手術から復帰して舞台に戻ってきた

2017年3月から大人気リバイバル作品として再公演され、その年のトニー賞 リバイバル作品賞を受賞した 大人気ブロードウェイ・ミュージカル 「Hello Dolly!(ハロー ドリー!)」
同演目で Cornelius Hackl (コーネリアス・ハックル)役として、2017年度 トニー賞助演男優賞を見事勝ち取ったGavin Creel (ギャヴィン・クリール)が背中の手術の為一時休演していましたが、ついに5月8日の公演から復帰しました。
その期間、Cornelius Hackl (コーネリアス・ハックル)役として代役を努めていたのが、ミュージカル シンデレラで2013年度 トニー賞主演男優賞にノミネートされたSantino Fontana(サティノ・フォンタナ)でしたが、これを機に、5月6日の公演を最後に交代となります。
ギャヴィンは、「Shubert Theatre(シューベルト劇場)の舞台に戻ってこれて嬉しい、私と家族からも休養中に代役を努めてくれたSantino(サティノ・フォンタナ)に感謝を送りたい」と語りました。

Gavin Creel:ギャヴィン・クリール

1976年4月18日生まれ、オハイオ州 出身。1998年にミシガン大学のスクール・オブ・ミュージックのシアター・ ダンス課を卒業、修士号を取得し、2002年 Thoroughly Modern Millie (モダン・ミリー)でブロードウェイデビューを果たす。2017年のトニー賞を受賞する以前にも数々の賞を受賞しており、、The Book of MormonとShe Loves Meでトニー賞に2度ノミネートされた事もある実力派です。

トニー賞を勝ち取った彼の演技を観られる絶好のチャンスとなりますので、是非観ていただきたいと思います。
尚、ハロー・ドーリー!の詳細は別ページにまとめていますので、是非御覧ください。

大女優 Bette Midler(ベット・ミドラー)も再び舞台に戻ってくる

Hello Dolly
実は、オリジナル・キャストが戻ってくるのはギャヴィンだけではありません。。 現在ドリー役を演じているBernadette Peters(ベルナデット・ピーターズ)は、7月15日の公演で降板となり、エミー賞、ゴールデングローブ賞主演女優賞、グラミー賞、2017年トニー賞主演女優賞の受賞履歴のある、文字通りの大女優 Bette Midler(ベット・ミドラー)が舞台へ戻ります。また、トニー賞ノミネート経歴を持つVictor Joseph Garber(ビクター・ガーバー)が演じているホレス役も、過去2回トニー賞受賞(2017年トニー賞では本作品で最優秀主演男優賞にノミネート)されているDavid Hyde Pierce(デヴィッド・ハイド・ピアース)が7月17日~最終公演の8月25日まで期間限定で登場します。

最終公演の2018年8月25日まであと3ヶ月!

Hello Dolly!(ハロー ドリー!)は1964年にSt. James Theatre(セント・ジェームズ劇場)でブロードウェイで初演され、「Best Musical」を含むトニー賞10部門を獲得し、過去何度も再公演が行われました。2017年から公演している今回のベット・ミドラー主演版の初日売上は908万ドル(約9億800万円)を超え、Shubert Theatre(シューベルト劇場)の過去最高記録になっただけでなく、ブロードウェイ史上最高の初日売上額となりました。本作品は、8月25日までの期間限定公演となっていますので、ブロードウェイ好きな方はもちろん、ミュージカル初心者の方、何を見ようか迷っている方、是非一度劇場に足をお運び下さい!!

ミュージカル Hello Dolly! 割引チケット情報

あっとブロードウェイでは、どこよりも早く割引チケットを販売開始致しました!