ブロードウェイに近々登場?ボディーガード(The Bodyguard)主演にデボラ・コックス決定!

みなさんは、俳優ケビン・コスナーと聞いて、まずどの作品を思い浮かべますでしょうか。今は亡き歌手のホイットニー・ヒューストンと共演した名作映画「ボディガード」と答える方も少なくはないはずです。
実は、この映画は2012年から舞台化されており、2016年には全米ツアーも行われるほどでした。全米ツアーを無事成功させて6年が経過した今、ブロードウェイにも登場するという情報が入りました。全米ツアーで主役のレイチェル役を務めたデボラ・コックス (Deborah Cox)が引き続きブロードウェイの舞台にも登場する予定です。
ミュージカル版「ボディガード」について、早速最新情報をレポートしたいと思います。

ケビン・コスナー主演映画「ボディーガード」について

1993年ワーナーブラザーズ制作:映画「ボディガード」

映画ボディガードは、ホイットニー・ヒューストン演じるトップスターのレイチェル役とケビン・コスナー演じるボディガードのフランク役の恋を描いた物語になります。レイチェルの元に数ヶ月前から不審な出来事や脅迫状などが届いていたことから、身辺警護として元シークレット・サービスに勤めていたフランクを雇いますが、やがて二人は互いの立場を越えて激しい愛に堕ちていきます。
ヒューストンが歌った主題歌「オールウェイズ・ラヴ・ユー(I Will Always Love You)」は全世界で4,200万枚を売り上げる大ヒットを記録し、日本でも当時洋楽史上最高の280万枚を売り上げる驚異的なヒットとなりました。

ボディーガードの舞台化の始まりはウェスト・エンド

デボラ・コックス主演ボディガード
約6年間もの製作期間を経て、ボディガードはロンドンのウェストエンドでの舞台化が決定し、2012年11月6日にアデルフィ劇場で初演が行われました。脚本は「オン・ユア・フィート(On Your Feet!)」を手がけたアレクサンダー・ディネラリスが担当し、舞台出身でドラマデスク賞トニー賞ミュージカル主演女優賞受賞しずば抜けた歌唱力を持つヘザー・ヘッドリー(Heather Headley)がレイチェル役を演じました。ディネラリスは作品の内容をより現代風に仕上げ、ボディガードのフランク役よりレイチェルに焦点を当てています。

映画で使用されたホイットニー・ヒューストンのオリジナルサウンドトラックに加え、「I’m Your Baby Tonight」や「I Wanna Dance With Somebody」等ヒューストンの名曲が数多く追加されているので、聞き覚えのある曲たちに思わず口ずさみたくなるような作品となっています。

舞台版「ボディーガード」の公演履歴

ロンドンのウェストエンドから始まり、ヨーロッパを中心にいくつもの国で公演が行われており、2016年は全米ツアーが実施されました。

ロンドン(イギリス) 2012年11月6日~2014年8月29日

サウサハンプトン(イギリス)
ダブリン(アイルランド)
ラルヴォット(モナコ)ツアー
2015年2月日~2016年6月26日
ユトレヒト(オランダ) 2015年9月12日~2017年7月16日
ケルン(ドイツ) 2015年11月~2018年10月14日
ロンドン(イギリス)※二度目 2016年7月15日~2017年1月7日
全米ナショナルツアー(アメリカ・全44都市) 2016年11月25日~2018年4月15日
ソウル(韓国) 2016年12月日~2017年3月5日
トロント(カナダ) 2017年2月11日~2017年4月9日
シドニー(オーストラリア) 2017年4月21日~2017年7月2日
マドリード(スペイン) 2017年9月28日~2018年7月15日

全米ツアー主演のデボラ・コックスがブロードウェイにて再演予定

2016年公演の全米ツアーで使用されたデボラ・コックス主演「ボディーガード」広告ポスター

デボラ・コックス (Deborah Cox)は2016年に行われた「ボディガード」の全米ツアーで主役のレイチェル役を務めました。コックスは1971年7月13日生まれのカナダ・トロント出身R&Bシンガーソングライター・女優で、12歳の頃からテレビ・コマーシャルなどで歌手活動をスタートし、1995年にメジャー・デビューしました。1998年に出した楽曲「ノーバディズ・サポーズド・トゥ・ビー・ヒア(Nobody’s Supposed to Be Here)」が14週間連続でR&Bチャート1位を獲得する大ヒットを飛ばし、女優としては2004年の「アイーダ(Aida)」でブロードウェイデビューを飾りました。

2013年には「ジキルとハイド(Jekyll & Hyde)」、2016年には「 ジョセフィーン(Josephine)」と着々と舞台女優のキャリアを積み重ねており、今後の活躍が期待されます。

2017年3月にはミュージカル作品中でも人気の楽曲を収録したEP(ミニアルバム)を発売し、全米ツアーが終了した後もコックスがブロードウェイに登場すると情報が出ています。詳しいキャストや制作チームの発表はまだ未定ですが、私生活でもヒューストンとの交流があり、姉のように慕っていたという彼女がどのようなパワフルな歌声を披露してくれるのか、また綺羅びやかなステージ衣装にも注目です!

動画:デボラ・コックス (Deborah Cox)の歌声