ミュージカル「アラジン」で日本語翻訳機を借りてみた

ご紹介したお土産屋さんのすぐ隣には翻訳機を貸し出しているブースがあります。前回、ミュージカル日本語翻訳機「Audio Trans(オーディオ・トランス)」 についての詳細や対象演目についてご紹介しましたが、今回、実際この日本語翻訳機はどうなのか気になっていたので試してみました。正直な感想をお伝えしたいと思います。

免許証を預けてAudien®を借りる

受付はとても優しいおじいさんが対応してくれました。
借りたい言語を伝えると(もちろん今回は日本語を借りました)ID と $10を求められます。

グッズ売り場の横にある小さな翻訳機貸出カウンター

翻訳機を借りるのに必要な物

・写真付き身分証明書(旅行客の場合はパスポート原本)
・現金 $10(アラジンは現金のみでした)

自分はニューヨークの運転免許証を持っているのでパスポートは預けていませんが、それでも十分不安になりました。旅行で来る人は、パスポートが唯一の身分証明書になりますので(日本の免許証は西暦が記載されていないのでアメリカでは使用できない)ちょっとした覚悟は必要になりますが、ちゃんと返却されます。

あなたのIDは絶対安全保管しますと、言われたものの心配になりながら翻訳機の説明を受けました。操作は簡単で使うのは電源ボタン、音量調整のダイヤルのみです。

電源が入った状態で渡されます

電源が入ったまま渡されるので、開演したら勝手に音声が流れ、歌っているシーンの時は何も流れないので、片耳はイヤホン用に、もう片耳は歌を聴く様にすること。終わったらここまで返却に来ること。そして、イヤホンの部分はしっかりと消毒してある。この様な説明がありました

どのタイミングでどこまで翻訳してくれるか

どの様な翻訳をしてくれるのか楽しみにしながら、迎えた最初の1フレーズ目。なかなか流れず故障しているのかと思った時、女性の声が時間差で流れました。女性の声はとても聞き取りやすく良かったです。しかし、ナレーターの様に語るだけの音声で、セリフを翻訳しているわけではなく舞台で起こっていることを説明している様な感じでした。例えば、「ジャスミンは〇〇と言って走り去る。」の様なセリフと動きの説明の様な感じです。それも3秒遅れくらいの時間差なので、次々とセリフが出てくるミュージカルで3秒は致命的な遅さでとても聞きにくかったです。歌う部分は何も流れないと説明を受けていたので良いのですが、想像していたのはセリフをそのまま翻訳し、タイミングもリアルタイムで日本語のミュージカルを見ているかのような感覚で楽しめるものだと思っていたので、ん?これだけ?という感じで正直がっかりしました。

Audien®を試した正直な感想

正直な感想は、全く初めての物語で、ストーリー、登場人物を知らない人であれば、借りる価値は有ると思います。ですが、アラジンの様な多くの人がストーリーを知っていて、かつ歌、ダンスが多いミュージカルであれば、もし英語が分からなくても舞台に集中して見ている方が全然楽しめます。片耳から別の音が流れてくるのは意外と集中力が持っていかれるので、映画のような字幕が流れている方がまだいいのではないかと感じるくらいでした。借りるかどうかは読者の皆さんですが、そこまで自信を持ってオススメ出来るものではありませんでした。

日本語翻訳機がレンタル可能なミュージカル演目

アラジン 詳細ページ ▶
オペラ座の怪人 詳細ページ ▶
ライオンキング 詳細ページ ▶
ウィキッド 詳細ページ ▶
ザ・ブック・オブ・モルモン 詳細ページ ▶