バスツアーThe RIDEのバイリンガル公演に乗ってみた

the ride japanese bilingual ザ・ライド ザライド 日本語 バイリンガル

「ザ・ライド」の「バイリンガル公演」に乗ってきました

今回はマンハッタンで大人気の新感覚エンターテイメント「ザ・ライド」の「バイリンガル公演」に乗って来ました。
海外旅行でつきまとう「言語の壁」を、このバスツアーは果たして克服出来ているのか?
嘘なしのリアルな感想を含めて、レポートしたいと思います!

動くシアターバス The RIDE(ザ・ライド)

ニューヨークで世界中からの観光客に人気のアトラクション「ザ・ライド」
ザ・ライドはガラス張りのバスに乗って、ニューヨーク・マンハッタン中心部を走行し、街中を舞台に繰り広げられるストリート・パフォーマンスを車窓から楽しむ新感覚エンターテイメントです。
各ストリート・パフォーマンスのレベルが高いのはもちろんですが、マンハッタンの中心部をバスで走行することから、街の息遣いや鼓動などを直に感じる事が出来ます。さらに、ニューヨークにまつわる沢山のトリビアを、ガイドが説明しながら走行しますので、市内観光とエンターテイメントが織り交ざった新感覚のアトラクションとなっています。

当日は雨模様ではありましたが、人混みの多いタイムズスクエアのど真ん中を走行しました。
2年近く前にも、別のスタッフがライドに乗って体験レポート(詳細はこちら ▶︎)を投稿しているのですが、今回は日本語バイリンガル版という事で、どんなものか楽しみにしていました。本サイトの詳細ページでは、ライドのチケットの購入、利用方法などについて詳しく説明していますので、是非ご覧になってください。
The RIDE詳細ページはこちら ▶︎

英語が苦手な方は日本語バイリンガル公演に参加しよう

毎月2回限定で行われる日本語バイリンガル公演は英語が苦手な方にお勧めです!
通常のThe RIDEはバスガイドとして、コメディアンのような司会者が英語で随時進行していくのですが、日本人にも大人気のThe RIDEは、日本語バイリンガル公演があります。「バイリンガル」というのがポイントで、完全な日本語版ではなく、英語と日本語を交えて進行していく内容となっています。
2019年6月現在では、毎月第3木曜日18:0019:30の公演が、この日本語バイリンガル公演となっています。(ちなみにスペイン語と英語のバイリンガル公演もあります。)

The RIDE 日本語バイリンガル公演:スケジュール

7月18日(木) 6:00pm 7:30pm
8月14日(水) 6:00pm 7:30pm
8月15日(木) 6:00pm 7:30pm
9月19日(木) 6:00pm 7:30pm
10月17日(木) 6:00pm 7:30pm
11月21日(木) 6:00pm 7:30pm
12月19日(木) 5:30pm 7:00pm
※日本語バイリンガルは、催行側の事情により事前予告なく、通常の英語ツアーに切り替わる場合があります。

通常RIDEとバイリンガル公演の違い

今回参加したのが、6月という事もあってか、日本人の割合は全体の3割程度でした。夏休みに入るとドっと日本人旅行客が増えそうな感じもします。バイリンガル公演が実際の所どうだったのか、ここでは3つのポイントに分けて説明したいと思います。

日本語バイリンガル公演のリアルな3つのポイント

ポイント①
2人いるバスガイドの内、1人が日英バイリンガルのアメリカ人のガイドとなる。

ポイント②
各所、観光ポイントなどを説明する場面では、先に英語、その後で日本語で説明される。

ポイント③
日本語を担当するバスガイドさんの日本語は、申し訳ないが、決して流暢ではない。

バイリンガル公演で良かったところ

全体の3割ほどが日本人だったように思いますが、やはり基本は外国人
バスが発車するなり日本語で「こんにちは!よろしくお願いします!」とアメリカ人のお姉さんが挨拶。きれいな発音で、日本語がわからないであろう外国人の観光客からも拍手が起こっていました。
英語のみを話すガイドさんの話を訳しつつ、「日本では見られない光景ですよね~」などとちょいちょい日本人向けの話を入れてくれるバイリンガルのガイドさん。それに日本人の乗客の方々がウンウンと頷くなどの内輪的なコミュニケーションが面白かったです。

実際の車窓から撮った写真。はしゃいで誰よりも先に勢いよくバスに乗り込んだ結果、一番端っこに座るハメになりました…。
日本語バイリンガル版らしい演出だったのが、あるタイミングで「蛍の光」が流れたことでした。ニューヨークの景色を見ながら蛍の光を爆音で聞くのは不思議な気持ちがしましたが、同時に歓迎されているようで嬉しかったです。
また、尺の関係もあるのか、英語担当のガイドさんはとても早口で解説していたので、バイリンガルのガイドさんが日本語で解説してくださって助かりました。ニューヨークに関する知識が深まるという意味でも、日本語バイリンガルのライドに乗る意味があると思いました。

バイリンガル公演で難しいと感じたところ

NY生まれのクラフト・バーガーの名店「SHAKE SHACK」の店内から突然現れたラッパー
英語のみを話すガイドさんが、彼のトークショーを聞いているような錯覚に陥るほど、休むことなく楽しい冗談を放っていたのですが、拙い日本語の訳では、彼の冗談の面白さがいまいち伝わりづらく、少し勿体ない気がしました。また、日本語に訳すための間が、彼のお喋りを波に乗ってきたところで止めてしまうようで、もどかしくもありました。日本人独特の「笑いのツボ」や、日本語ならではの「ダジャレ」があるように、アメリカンジョークは、やはり英語そのままが一番面白いと言えるのかもしれませんね。
コロンバスサークスの前で優雅に踊るドレスの女性
そしてもう一つ気になったのが、バイリンガルガイドの日本語のレベルでした。英語に自信がある日本人が、海外に行ったら周りとの英語のレベルの差を感じるように、このThe RIDEの日本語に訳される内容は、我々日本人にとって、何か違和感を覚えてしまうのは、むしろ当然のことなのかもしれません。
「バイリンガル公演だから、絶対に大丈夫!」と多くを期待しすぎるのではなく、「日本語でちゃんと伝えようとしてくれる」程の期待感で望むのがちょうどいいかなと思いました。なので、100点満点の日本語訳を求めず、何よりもノリと雰囲気で楽しむようにしましょう!

The RIDE日本語バイリンガルの感想まとめ

今回、19:30の日本語バイリンガル版に私が乗車して、別のスタッフが同日の21:00公演の通常ライドに乗って、その夜にご飯を食べながらお互いの感想を共有しました。その結果、

アメリカのノリをストレートに感じたいなら英語ツアー

ニューヨークをしっかりと理解することを期待するなら日本語バイリンガルツアー

という感じに、目的に合わせて選択するのが良いではないか、という結論に至りました。
これは個人的な意見になりますが、世界中からの観光客と一緒に、マンハッタンの街中を舞台に繰り広げられるエンターテイメントを楽しむのだったら、言葉なんて気にしなくても、そのままで十分楽しめてしまうのではないか、とも思ってしまいました。

言語よりも大事なのは、街の雰囲気を楽しむこと

終了後にさっきまで車窓から見ていた景色をもう一度歩いてみました
実際にバイリンガル公演に乗ってみて、日本語での説明は、もちろんありがたかったのですが、結局は世界で一番刺激的な街:マンハッタンの雰囲気とパフォーマンスに圧倒されて、あっという間に公演は終わってしまった、というのが事実です。ネタバレになってしまうのですが、最後に全員でフランク・シナトラの「New York New York」を合唱します。そしてその歌詞に「I want to be a part of it(この街の一部になりたい。)」とありますが、もしかしたらこのアトラクションに関しては、街の息遣いや鼓動を感じることが、一番大切な事なのかもしれません。

 ミュージカルなど、海外でのエンターテイメントに参加する時に、「言葉の壁」を恐れてしまうのは仕方がない事なのですが、ニューヨークの場合はその街の雰囲気や、劇場の雰囲気などで十分に体験できてしまうものが多くあります。今回のThe RIDEも、あくまで「ニューヨーク」という街が舞台になっている事から、言葉の壁を極端に感じる事は少ないと思います。但し、中身を知ってなんぼ!とも思える、昔のニューヨークの話や、観光名所の説明、などは、日本語バイリンガルの訳がとてもありがたく思えました。

ザ・ライド(The Ride)割引チケット絶賛発売中!

The Ride - あらすじ、口コミ
行くと決めた方は、割引チケットの事前購入をおすすめします。紙面に印刷しなくても、スマホの画面を表示するだけで乗車できる「モバイルチケット」を手配してくれるのは我らがあっとブロードウェイ

定価$69のチケットが、なんと
$16割引特別価格 $53で購入いただけます。