ミュージカル ビートルジュース(Beetlejuice) 観劇レポート

ビートルジュース Beetlejuice

こんにちは、スタッフMです。
今回は3/28にプレビューが始まった、話題のミュージカル「ビートルジュース」をレポートしたいと思います。
原作は言わずと知れた大ヒット映画で、監督であるティムバートンのファンには是非ともチェックしたい作品ではないでしょうか。今回はなんと製作トップのプロデューサーにもお会いすることができ、他では絶対に聞けない制作秘話も伺うチャンスにめぐり逢いました!本作品の魅力を余すことなく紹介したいと思います!

ビートルジュース(Beetlejuice)について

ウィンター・ガーデン劇場内のビートルジュースの舞台。映画を見たことのある人ならこれを見てすぐに原作に忠実な演出を期待してしまうはず!
死者の世界の厄介者「ビートルジュース」は生者の世界に入り浸れる毎日。しかし生者は死者を見ることができない為に、彼は見られない事、またどこにも居場所がないことに嫌気がさしていました。そして彼が見つけた状況を打破する唯一の方法は、彼の名前を3回続けて生者に呼んでもらうこと。
母を亡くしてから「死」について考え過ぎたあまり、死者が見えるようになってしまった女の子「リディア」の登場で、死者、生者が入り混じった摩訶不思議な世界がステージ上で繰り広げられます! あらすじ・見どころはコチラ ▶︎

ティム・バートンの映画をまず見るべし

本作品のポイントはなんと言っても、ティム・バートンの世界観を忠実にミュージカルの舞台上でも再現されていること。1988年に公開の映画ですが、バートン氏の独特の世界観は決して色褪せることがありません。また少しネタバレとはなりますが、本ミュージカルは映画の名シーンをそのまま再現している箇所もあります。本ミュージカルを楽しむためにも、まずは原作の映画を観ることを強くオススメします。ちなみに、こう言っている私は、今回ミュージカルを観る前夜にNetflixで見ました…汗。

Beetlejuiceのレセプションパーティーに招待されました!

幸運にも関係者だけが招待される特別なレセプションパーティーに招かれ、それから実際の作品を観るという、とんでもないチャンスに恵まれました!パーティー会場では、制作トップのプロデューサーのスピーチがあり、おそらく日本の会社では唯一のインタビューにも成功しましたので、その様子をお伝えします。

ビートルジュース制作陣が語る注目ポイントとは?

スピーチをする本作品のエグゼクティブ プロデューサー:Mark Kaufman(マーク・カウフマン)氏
①ミュージカルとして自立
映画の延長ではなく、ミュージカルの一つの作品として自立させたいという思いが制作当初からあったようで、このこだわりは、変更が加えられたストーリーから読み取る事が出来ます。
②楽曲へのこだわり
映画で使われている楽曲に加え、数多くの新しい曲が本作品の為に書き下ろされました。なかでもストーリーの筋となる家族愛についての楽曲「Going Home」は、公開直前に完成したそうです。

エグゼクティブ プロデューサーに直接質問しました!

拙い英語での質問にも気さくになんでも答えてくれたエグゼクティブ プロデューサー:Mark Kaufman(マーク・カウフマン)氏は終始笑顔で応じてくれました。スタッフMとIと一緒に記念撮影。
質問① 本作品に言葉の壁はありそうでしょうか?
「舞台セットの切り替わりが多かったり、人形などがステージ上で動き回ったりと、見るだけで楽しく忙しい作品になっているので、英語が苦手な方でも問題なですよ!」との事。英語の心配をする方は多いですが、本作品に関しては、そこまで心配する必要は無さそうですね。
質問② 原作の監督がティム・バートンであることについて
「ミュージカルとして独立した作品になる事を心がけながらも、バートン氏への深いリスペクトは、製作中に決して忘れたことはなかったです。」ティム・バートンファンの方にはとても嬉しい回答ではないでしょうか。個人的には、この一言で本作品への期待感は更に上がりました。

BeetlejuiceはWinter Garden Theatreで公演中

公演前になるとビートルジュースのイメージカラーでもある怪しい緑色の照明で照らされるWinter Garden Theatre

ウィンター・ガーデン劇場

住所:1634 Broadway, New York, NY 10019(地図
名作を数多く上演していることでも有名な劇場。今回の主役を演じるアレックス・ブライトマン(Alex Brightman)を一躍有名にしたスクール・オブ・ロックや、歴史的ロングランとなったキャッツなど、数えだすと切りがありません。個人的には数年前に、マンマ・ミーアを観た事で、思い出深い劇場になっています。 Winter Garden Theatre 詳細 ▶︎

注意!バウチャーチケットは交換してから列に並ぶ

公演30分前のウィンター・ガーデン劇場前の様子。長蛇の列がブロードウェイ(Broadway)沿いに並びます。
バウチャーチケット(交換券)をお持ちの方は、列に並ぶ前に、先にチケットを交換する必要があるので要注意です。少なくとも30分前には会場に到着するようにしましょう。
プレビュー公演期間中にも関わらず、やはり人気映画のブロードウェイミュージカル化という事もあり、開演1時間前から長蛇の列となっていました。入り口はブロードウェイ沿いにありますが、 列は50丁目まで伸び角を曲がって7番街側まで伸びていました。4月でもニューヨークは夕方以降は冷え込みますので、夜の公演を観に行く方は、この並んで待つ時間のために防寒対策が必要となります。言うなれば、秋頃のディズニーランドに行くような感覚でしょうか。せっかくの観劇ですので準備は万端で望みましょう。割引バウチャー購入方法 ▶

ウィンター・ガーデン劇場内でチェックポイント

劇場内に入ると既にティム・バートンの色に染まっていました
まず劇場に入って驚いたのは、劇場の全てがティム・バートンワールドに染まっていた事です。公演する劇の内容によって、劇場のステージは大掛かりな変更が加えられますが、今回は、入口からステージに至るまでの全てがビートルジュース一色でした。先程、ディズニーランドと言いましたが、感覚としてはそれに近いのかも知れません。アトラクションの建物の中に入ると、写真が取れるスポットがたくさんあるように、本劇場内にも写真スポットがたくさんありました。観劇前から本作品の世界観に浸れるのは、本劇場の特権かもしれませんね。
Tシャツ、キャップ、パーカーなどのアパレル用品から小物まで充実している公式グッズ
Tシャツ($35)、キャップ($30)、フード付パーカー($80)、靴下($25)、などアパレル用品が多くあり、マグネット($10)、エナメルピン($15)、缶バッジセット($15)、ノート($20)などの小物も揃っています。
色はビートルジュースらしく、黒と白のボーダーが中心となっており、ワンポイントのライムグリーンが入っているものが多くありました。
お土産に1つ、いかがでしたでしょうか。

※クリックして画像を拡大

公演前は、劇場全体が怪しい紫色一色に染まった状態になっています。
1階座席の後方にある音響ボックスの写真。机に置かれたドクロが妙に気になる。
劇場内の照明は全て、ビートルジュースの世界観に合う色に電球を交換されているようです。

今回の座席はココでした

1階オーケストラ席 まえから8列目(G列)シート番号106からの視界

チケット券面の見方:ORCHO S 5の場合

Orchestra Odd = 1階オーケストラ席 奇数列
S 5 = S列(前から19列目)シート番号5(通路から3席目)
ウィンター・ガーデン劇場はオーケストラ席は特にですが、傾斜が少なく座席が平たく並んでいるので、見にくい印象を受ける方もいらっしゃいますが、前の座席との距離が他の劇場に比べて広くなっているので、視界が妨げられるような事は、観劇中一度もありませんでした。 座席表で説明するとコチラ ▶︎

観劇後の楽しみ方!キャストの出待ちを体験

今回も恒例の出待ちして、Playbill(劇場でもらえる冊子)にサインしてもらうために、公演終了後真っ先に出待ちポジションに向かいました。ウィンター・ガーデン劇場の出待ち場所は、7番街側の出口を出たすぐ右側にあります。

2019年4月15日の公演では告知ポスター通り、レギュラーメンバー全員が出演していました!

公演が終わったら真っ先に出待ちに向かおう!

今回は観劇終了から、11時過ぎまで粘ったかいがあり、主役を含む全員のサインをゲット出来ました!!
今回はツーショットはありませんが、演者の全員が、ツーショット対応OKだったので、観に行かれる方は、是非「Can I take a picture with you?」とお願いしましょう。個人的にはリディア役のソフィア・アン・カルーソ(Sophia AnneCaruso)がとにかく可愛かったです!

※クリックして画像を拡大

リディア役:ソフィア・アン・カルーソ(Sophia AnneCaruso)
ビートルジュース役:アレックス・ブライトマン(Alex Brightman)
アダム役:ロブマックル-レ(Rob Mac Clure)

ビートルジュース 観劇後の感想まとめ

途中休憩の間の幕に照らし出される映像。細部に渡ってティム・バートン・ワールドが演出されていました。

ティム・バートンワールド全開!

本作品を語る上で外せないティム・バートンの世界観が気になる所ですが、結論から言えば、映画ファンの期待を決して裏切らない作品に仕上がっています。舞台上に出てくるセットはもちろん、細部に渡る小道具なども含めて、まさにそのままで、「コープス・ブライド」や「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」のように、舞台の後方には大きな月が映し出されています。また数々の名シーンがそのまま再現され、会場からも再現されるたびに、大きな歓声が起きていました。もし、ティム・バートンを知らない方がいたら、今すぐ彼の公式サイトをチェックしてみてください!
ティム・バートンについて詳しく ▶︎

映画の名シーンが惜しげもなく

名シーンその1:ビートルジュースとリディアが出会うシーン
訳あって幽霊が見える少女(リディア)とビートルジュースが初めて出会う場面で、ビートルジュースが無理矢理に自分の名前を3度言わせようとする映画でもお馴染みのシーンがありますが、このかけあいの様子をミュージカルでは「Say my Name」という曲で表現されています。(YouTubeで視聴する)ミュージカルでは映画よりもリディアの魅力が際立って面白いと思いました。

名シーンその2:ホームパーティーのシーン
生者を操る力を身に着けたアダム(死んだ夫婦の夫)は、自分が住んでいた家を購入しようと企む人たちを追い出すために、パーティー会場で彼らを操り、その場をめちゃくちゃにして、最後は「バナナボート」に乗せて全員を踊ることに。(映画の場面をYouTubeで視聴する

名シーンその3:死者の世界の住人たち
まさにティムバートンの世界そのもの!緑の肌の秘書や、顔だけが小さなあいつや、ラグビーチームの面々。そしてボスのジュノーなど、観ているだけで引き込まれる、ティム・バートン創作の色濃いキャラクターが、映画のまんま勢揃いとなっていました。

アレックス・ブライトマンが映画を元にしたミュージカルの主演を演じるのはこれで二度目。コミカルな演技が完全にビートルジュースにハマっていました。

実は家族の物語

ストーリーに変更が加えられ、際立っていたのは「家族の絆」でした。本作品でのリディアの状況は、とても複雑です。実の母を亡くし、まだその現実をうまく受け入れられないでいます。その心情は楽曲「Dead Mom」でよくわかります。(YouTubeで視聴する)しかし、唯一その悲しみを共有できるはずのお父さんは、どんどん前に進み、新しい奥さんをもらってしまう始末。結局彼女は、母に会いたい一心で、単身死者の世界へ乗り込むのです。そんな彼女がお父さんと和解し、自分の居場所を見つけた際に歌う「Going Home」は、なんとも心温まる名曲です。 観劇される方は、ぜひ注目して下さい。

実は驚くほど意外に感動してしまうビートルジュース

本作品でも最初から最後まで、厄介者の彼ですが、彼のおかげで登場人物たちが大切なことを学んでいく姿は、観ていて気持ちが良いものでした。ネタバレになってしまいますが、ビートルジュースは、ほんの一瞬ですが、生者へとなります。その瞬間を振り返って、「生きるってことは感情の浮き沈みがあって、大変なことなんだな。」と語る姿は、なんだか憎むことが出来ませんでした。映画の中でも流れていた曲「Shake Senora」にのって、生きることを目一杯楽しむ最後のダンスは、このミュージカルでも忠実に再現されており、自然と身体が動き出しました。

なんと、今回の観劇の二週間後に2019年度第73回トニー賞が発表され、このビートルジュースがトニー賞8部門にノミネートされたという大ニュースを耳にしました!しかも、ブロードウェイNo.1を認定する「ミュージカル作品賞」にしっかりノミネートしているという事です。
主人公のビートルジュース役のアレックス・ブライトマンを見た時は、この人はかなりぶっ飛んでいる!と思いましたが、彼はミュージカル主演男優賞にノミネート。映画から書き足されたミュージカルの音楽でオリジナル楽曲賞、それ以外にも最優秀舞台デザイン、最優秀作曲賞、最優秀脚本賞、最優秀照明賞、最優秀衣装デザイン賞、の部門でノミネートしています。
原作の映画が有名過ぎるために、公開前から話題となった本作品ですが、制作陣の言葉通り、ミュージカルとしての「ビートルジュース」に仕上がっていることが証明された瞬間に思えました。
ティム・バートンの魔訶不思議な世界観を継承したまま、ミュージカルとして独立した本作品は、映画ファンの期待を決して裏切らず、それでいて映画に詳しくない方でも十分楽しめる作品となっています!

Beetlejuice 割引チケット絶賛発売中!

ビートルジュース(Beetlejuice)割引チケット - あらすじ、口コミ

ビートルジュース(Beetlejuice)

割引度:★★★★★ オススメ 即チケ発行 あっとブロードウェイで日本から割引チケットがオンラインで購入可能!さらに購入後、すぐにEチケットが発券されるのであとは劇場に行くだけ。 チケット購入方法はコチラ ▶︎

料金:$214$99~ Beetlejuice 詳細 ▶︎