ミュージカル Be More Chill 観劇レポート

Lyceum Theatreにて上演中のBe More Chill(ビー・モア・チル)
2019年2月13日より、ロングエーカー劇場(Longacre Theatre)にてプレビュー公演が開始されたばかりの新作ミュージカル「ビー・モア・チル(Be More Chill)」に、ラッキーなことに、あっとブロードウェイのスタッフ新人2名が招待されたのでレポートしたいと思います!ハイスクールが舞台で、主人公が日本で製造された謎の薬を飲んで学校の人気者になるという、コメディらしいのですが、正直に言って[Be More Chill]なんて演目聞いたことがない!!(笑)さらにスタッフの一人は全くの英語初心者で、そもそも簡単な前情報だけで楽しむ事ができるのか??そのあたりも含めてレポートしたいと思います。

ビー・モア・チル(Be More Chill)について

6番街と7番街の間の45丁目に位置する不気味に輝くライシーアム劇場(Lyceum Theatre)
ニュージャージー州のとある高校に通う主人公ジェレミーは、毎日家でゲームばかり。(日本で言う所のヲタク)そんな彼がある日突然、日本で開発された「SQUIP(Super Quantum Unit Intel Processor)」という薬を飲み、明るく元気で誰とでも仲良く話す正反対の性格へと早変わり。しかしその代償は大きく…。友情、恋愛、家族、たくさんのファクターが詰め込まれたアメリカ版ヲタクの青春物語!
あらすじ・見どころはコチラ ▶︎

Be More Chill公演劇場について

紫のライトアップが少しけばけばしいような、、、

ライシーアム劇場(Lyceum Theatre)

住所:149 W 45th St, New York, NY 10036(地図
ニューヨークにある古い劇場トップ3に入り、ボサール様式と呼ばれる神殿のような独特の建物建築を使用していることでも有名の劇場です。写真の紫色に照らされた大きな柱が、ボサール様式となります。ちなみに、ボサール様式で有名なニューヨークの建物は、アメリカ自然史博物館やアラジンの公演劇場「ニューアムステルダム劇場」などが挙げられます。ライシーアム劇場の詳細 ▶︎

チケット交換から劇場に入るまで

入り口付近の様子。列はスムーズに進みます。
今回は午後8時からの公演を観に行きました。
7時半頃に到着すると外では既に20人ほどの列が出来ていましたが、会場外側から入り口までの整理が行き届いており、迷うことはありません。季節はまだ夜風が冷たい3月、外で長時間待つのは嫌だなと思いましたが、10分もかからずに劇場内に入れました。ですがバウチャーチケットをお持ちになる場合は、会場内で交換が必要となりますので、30分前にはご到着しておくことをオススメします。またどの会場でも同じですが、入り口では必ず荷物チェックがあります。大きな荷物を持っていくのは控えた方が良さそうです。

右の手前からバーカウンター、物販、奥にバウチャーチケット交換窓口
中に入るとすぐ正面に1階席の入り口、両サイドに2・3階席への階段があります。そして、劇場に入ってきたお客さんにはすぐに係員がフロアへの案内をしてくれますので、会場内で迷うこともありません。
また見落としそうですが、右に小さな公式グッズを売っているカウンターがあります。そこでは劇中の名ゼリフやキーアイテム「SQUIP」にちなんだ商品が購入可能です。そして反対の左側にバーカウンターがありますので、開演前にお酒を飲まれたい方はこちらをご利用下さい。
建物内の各所、装飾が凝っています。

注意!バウチャーチケットは交換してから列に並ぶ

バウチャーチケット(交換券)をお持ちの方は、先に交換券をチケット本券に交換する必要があります。会場入って右側のつきあたりにある、チケット窓口に向かい、パスポートなどの顔写真付き身分証明書と印刷した引き換え券を窓口に出して、チケット交換をしましょう。チケット交換のための列も並んでいる場合があるので、必ず35~45分前には劇場に到着するよう、時間に余裕を持って向かう事をお勧めします。チケットは入場時に係員にバーコード部分を読み取られた後も、ポケットに入れて大切に保管しましょう。途中休憩などで劇場から外に出た後は、必ずチケットを再提示するよう求められるので要注意です。また、チケット自体は確認した後、返してくれるので、記念に取っておきましょう。

今回の座席はココでした

実際の席から座って撮った写真。2階前方でも十分楽しめますね。

チケット券面の見方:MEZZZO C 7 の場合

Mezzanine Odd = 2階メザニン 奇数席(左サイド)
収容人数1000人程のロングエーカー劇場は、座席が3階層に分かれており、2階席以上の座席の傾斜が急なため、どの座席に座っても基本的に舞台全体を一望することができます。座席の間隔は言うなれば飛行機のエコノミークラスくらいでしょうか?(笑)かと言っても特に窮屈な感じはしません。劇は2時間15分で、間に一度休憩を挟みます。

紫色のステージフレームがとても印象的

お勧めの座席は1階席前方です!

「Be More Chill」の舞台は、オーケストラが客席の下ではなくステージの後ろで演奏をしているために、1階席前方であれば、演者や演奏を目と鼻の先で楽しむことが出来ます。また、古風な建物の内装と現代的な舞台装飾のステージフレームの対比がとても印象的です。みなさんにも是非、この不思議な感覚を味わって欲しい!

Be More Chill観劇後の感想まとめ

今回、鑑賞したスタッフの一人は全くの英語初心者でしたが、観終わった後に「想像以上に楽しかった。」と連呼していました。確かに基本的にセリフが多く、高校生活にちなんだジョークなどは英語を勉強をしていても理解するのが難しいですが、場面の展開が多いので話の筋を追うことは簡単です。また①アメリカのヲタク物語 ②青春物語 という2つのポイントを考えれば日本人の方はより楽しめる作品だと思います!

①アメリカ版のヲタク物語

主人公は、任天堂のゲームばかりしているオタクです。そんな主人公が、手にすることになる薬(SQUIP)が「Made in Japan」で有ることは、きっと日本のヲタク文化を意識してのことだろうと思います。薬(SQUIP)の曲のキーフレーズは「It’s from Japan」となっていて、不思議と親近感が湧きます。
また主人公を最後まで見守り続ける彼の親友(マイケル)にも注目です。彼は、最後まで薬を飲まず、オタク道を貫きます。そんなマイケルが自身の葛藤を歌う「Michael in the bathroomm(動画 ▶)」はひときわ大きな喝采を浴びていました。そしてそんなヲタクの彼が最後に大活躍する姿は日本人として、もしかしたら他の観客たちよりも思うものがあるのかもしれません。

②青春物語を味わうことができる

他のブロードウェイ作品ディアー・エヴァン・ハンセンやミーン・ガールズなどでも描かれている青春時代では、皆さんコンプレックスを抱えたり、また周りの目線ばかりが気になってしまったり、そんな経験があると思います。主人公はその意識が強すぎたあまりに薬(SQUIP)に手を出してしまいますが、周りの友人達もそれぞれ問題を抱えてそれに立ち向かっています。友情、家族、恋愛と全てに不器用な彼らの姿は観る人の共感を誘うこと間違いなしです。

観劇後は親友役のマイケル役が笑顔でファンにサインと記念撮影の対応をしていました
「Be More Chill」と聞いて、ストーリーのイメージが湧く方はほとんどいらっしゃらないのではないでしょう。私たちもそうでした。観劇前の期待感は、半信半疑だったことは否めません。しかし、今は声を大にして皆さんにオススメします!
今回鑑賞したスタッフの一人も、全くの英語初心者です。「Japan」「オタク」等のキーワードに親近感が湧き、演者の身振り手振り、または顔の表情も豊かなので、会場と一緒のタイミングで劇中に何度も笑っていました。もしかしたら原作が有名な他のミュージカルよりも話の流れは追いやすいのかもしれません。20代前後の若者のSNSから広まって、大きな興行収入を収めたBe More Chill!ひょっとしたら、ちょっとした穴場かもしれません。初めての方にもオススメですが、2度目のブロードウェイミュージカルに何を観ようかと悩んでいる方にはぜひともオススメしたいです。

ビーモアチル 割引チケット絶賛発売中!

ミュージカル ビー・モア・チル(Be More Chill)割引チケット - あらすじ、口コミ

ビー・モア・チル:Be More Chill

割引度:★★★★☆ オススメ 即チケ発行
あっとブロードウェイで日本から割引チケットがオンラインで購入可能!さらに購入後、すぐにEチケットが発券されるのであとは劇場に行くだけ。 チケット購入方法はコチラ ▶︎

料金:$159$82~ ビー・モア・チル詳細ページ ▶︎