ミュージカル プリティ・ウーマン Pretty Woman: The Musical 観劇レポート

ネダーランダー劇場にて上演中のプリティ・ウーマン(Pretty Woman: The Musical)
2018年07月20日よりブロードウェイのネダーランダー劇場(Nederlander Theatre)にて公演を行っている新作ミュージカル「プリティ・ウーマン(Pretty Woman: The Musical)」。1990年に公開された映画の中で最も稼いた映画「プリティ・ウーマン」の初の舞台化として話題を呼んでいる本作品に、幸運な事にもスタッフ2名が招待されたので、早速観に行ってきました。原作の映画を見たことがあって、この作品が大好きなスタッフと、映画もあらすじも何も知らないスタッフの2人で一緒に見に行ったのですが、最後は二人とも揃ってスタンディングオベーションをするほど、心の底から楽しみました。舞台の様子や、お決まりの出待ちもバッチリ参加して、キャストともしっかり触れ合うこともできたので、詳しくレポートしたいと思います。

プリティ・ウーマン(Pretty Woman: The Musical)について

舞台はロサンゼルス・ハリウッド。コールガール(いわゆるデリバリーガール)をして生計を立てる主人公ビビアンが、ひょんなことで声を掛けた実業家エドワードと出会い、最初はお金と体だけの関係だった2人が一緒に住むにつれてお互い惹かれ合う、といったアメリカならではの”ザ・王道シンデレラストーリー”ですが、住む世界の異なる2人が喧嘩しながらも分かり合おうとする姿や、貧相だったビビアンが素敵な女性へと生まれ変わる物語は、世界中の多くの女性の心を射止めました。映画では、1990年全米興行収入第1位、全世界で4億6,340万ドル(約530億円)を叩き出し、今もなお愛され続ける王道ラブコメディー作品となっています。観劇レポートを見る前に、詳細ページから、見どころなどをご覧いただく事をおすすめします。

Pretty Womanのレセプションパーティーに招待されました!

幸運にも催行側から関係者のみ参加できないレセプションパーティーに招待されたので、ミュージカル観劇前に行ってきました!前回、「アナと雪の女王(Frozen)」でも招待いただいたレセプション会場と同じレストランだったのですが、シャンパンやいちごとチョコレートを組み合わせたデザートなど、ディズニーとは違った大人な雰囲気の会場へと変貌していました。

レセプションパーティー各所設置してあった公式動画

会場はプラネット・ハリウッド(Planet Hollywood)

会場に着くと、プリティ・ウーマンならではのパンチの効いた ピンクのサングラスをいただき、会場内では、今回プリティ・ウーマンがどうやって舞台化されたかを説明する映像が流れており、観劇前により一層ミュージカルへの期待感が高まりました。パーティ会場となったプラネット・ハリウッド(Planet Hollywood)は、タイムズスクエアの中心にあり、各劇場へのアクセスが良いことでも有名で、ミュージカル観劇前後にとても便利なレストランです。

助演キット・デ・ルカ役の歌手オーフェとジェームス役の俳優エズラ・ナイト

サプライズゲストで実際のキャスト2名が来場!

到着するなり始まった挨拶の場面で、なんと今回の舞台に(まさにこれから)出演するキャスト2名:キット役を務める歌手オーフェ(Orfeh)さんと、主役と敵対する社長ジェームス役の俳優エズラ・ナイト(Ezra Knight)さんが会場にいらっしゃいました。
直接写真を撮ることはできなかったですが、今日の公演の1時間前を切ってるこの時間帯にもかかわらず、余裕の表情で挨拶をされている姿はさすがにプロのブロードウェイ俳優だと関心してしまいました。

レストラン情報の詳細はコチラ ▶︎

プリティ・ウーマンはタイムズ・スクエアすぐ裏手の劇場で公演中

ネダーランダー劇場(Nederlander Theatre)にて上演中のプリティウーマン

ネダーランダー劇場(Nederlander Theatre)

住所:208 W 41st Street New York, NY 10036(地図
1921年に建設されたネダーランダー劇場は、タイムズスクエアの広告塔のすぐ裏手にありますが、90年台はじめまで、最も治安の悪い地域であったため、他の劇場と比べて非常に評判が悪い劇場でした。治安改善後は順調に客足が増えて興行も成功し、今日ではブロードウェイを代表とする劇場の1つとなっています。
ネダーランダー劇場の詳細 ▶︎

ネダーランダー劇場の窓口(Box Office)は劇場内に1箇所のみ

注意!バウチャーチケットは交換してから列に並ぶ

バウチャーチケット(交換券)をお持ちの方は、先にチケットを本券に交換する必要があります。
ネダーランダー劇場のチケット窓口は正面玄関入り口入ってすぐの右手にあります。手前の「Reservations」と書かれた窓口がバウチャー引換券の窓口となりますので、こちらに並びましょう。奥の「Clearent&Advance」は、購入専用の窓口となっているので要注意。荷物確認を終えて中に入ると、係員がチケットを確認します。チケットに印刷されているバーコードを読み取った後、チケット自体は返してくれるので、記念に取っておきましょう。

プリティ・ウーマン公式グッズをチェックしよう

ロビーを抜けて会場内に入ると、ミュージカル劇場の醍醐味でもあるグッズ売り場が目に入ります。劇場の造りを活かして、天井となる階段の裏側にTシャツやトートバッグが貼り付けてディスプレイされており、混雑時でも種類と料金が見やすくなっているのが印象的でした。プリティ・ウーマンのグッズは他の演目と比べて種類が豊富で、日常で使える物ばかりなので、ニューヨークのお土産にもピッタリだと思いました。T-シャツやパーカーの相場は大体約$40~$65、マグカップやボトル(写真)は約$20~$25、小物類は約$10~とブロードウェイとしてはまずまずの価格帯でしょうか。ちょっと高い、、と思った方は、1階と2階にある(写真)で、ドリンクを購入して、飲んだ後はお土産として持って帰る事ができるプリティ・ウーマンのロゴ入カップをゲットしましょう。(ドリンクメニューはコチラ▶)ちなみに、2階にもグッズ売り場(写真)があるのを忘れずに!

※クリックして画像を拡大

Tシャツ($40~65)、トートバッグ($25)
缶バッチなどの小物類
マグカップ($20)、コンパクトミラー($20)

今回の座席はココでした

プリティーウーマンの座席はRIGHT MEZZANINE(2階メザニン席 右サイド)のF列 シート番号6と8(隣同士)でした

チケット券面の見方:RIGHT MEZZ F 6~8 の場合

RIGHTestra MEZZANINE = 2階メザニン席 右サイドの偶数席
F列(前から6列目)のシート番号6と8
小規模な劇場に舞台や客席をギュッと詰め込んだ様な作りになっており、席幅は狭めに作られていて、小柄な日本人にはぴったりのサイズです。通常劇場の座席は前後が狭いことが多いですが、今回私達が座った2階メザニン席のF列(6列目)は、通路がある列なので、前の座席との間にかなり広いスペースが設けられており、下に荷物を置いたり、足の伸ばしたりとゆったり席でくつろぐことができました。(座席足元の写真
座席表で説明するとコチラ ▶︎

ネダーランダー劇場の1階席と2階席を比較

時間に余裕を持って劇場についた事もあり、ネダーランダー劇場の「1階席と2階席とどちらが良いのか」検証してみる事にしてみました。

1階オーケストラ席からの舞台の見え方

1階オーケストラ席からの舞台の見え方

他の劇場より収容人数(1,232人)が少ないネダーランダー劇場は、基本的に1階オーケストラ席前方から中央であれば、死角がなく、万遍なく舞台を見渡すことができます。しかし、プリティ・ウーマンの舞台は、主役ビビアンが住む4階建てのアポートの場面から始まり、舞台の上の方で演技が始まってしまうので、1階席後方で2階席が覆いかぶさっている座席だと、これを見ることができません。この作品は、舞台を幅広く使うことがあまりないので、1階席前方に座る事ができればベストだと思います。ちなみに、通常、舞台下に潜り込んでいるオーケストラ隊は、この作品では舞台袖で演奏をしていますので、1階席の最前列だとオーケストラが見える、という事はありません。

2階メザニン席からの舞台の見え方

2階メザニン席からの舞台の見え方

まず、この劇場の2階席の傾斜に驚きます。2階席の階段はしっかり太ももを上げなければ登れないくらいの急勾配で、手すりが必要になるくらいです。結果、かなり高さが出るので、劇場全体を見下ろすほどの位置に上がる事ができます。その分、前に座っている人の頭で視界が遮られる可能性は少ないのですが、2階席の後方になると、位置が高すぎてしまうので、2階席の場合は前方に座る事をお勧めします。尚、2階席へ上がる階段は1つしかないため、観劇前は2階に上がるだけで混雑するので要注意です(実際の写真はコチラ)。

プリティ・ウーマン観劇後の感想まとめ

今回は、原作を知っているスタッフと、全く知らないスタッフの2人で観劇したこともあり、違った視点からミュージカル「プリティ・ウーマン」を楽しむことができました。ここでは、それぞれの率直な感想をご紹介したいと思います。

映画を見たことがあるスタッフが楽しめた理由

ビビアンとエドワードが初めて出会うシーン
まず印象的だったのは、映画プリティ・ウーマンのシーンや場面、衣装、キャラクターの仕草を忠実に舞台に再現していたことです。例えば、こちらの画像はビビアンとエドワードが初めて出会うシーンとなりますが、ビビアンが着ている服、映画でビビアン役を演じたジュリア・ロバーツの格好そのものであり、カバンや帽子などの小物まで忠実に再現していました。また、ビビアンの住む4階建てのアパートや、2人が同居するホテルの部屋など、全て映画から現実に飛び出してきたかのように再現されていました。これは、映画を見たことがある人にとっては、かなり興奮させてくれる演出でした。
助演キット・ルカ役のオーフェ(Orfeh)とミスタートーマス役のエリック・アンダーソン(Eric Anderson)
映画「プリティ・ウーマン」はミュージカル映画ではないので、今回の舞台化にあたり、たくさんのオリジナル楽曲が追加されてパワーアップしていました。今回、注目してしまったのは、助演キット・ルカ役のオーフェ(Orfeh)とミスタートーマス役のエリック・アンダーソン(Eric Anderson)です。映画では出番が少ない2人ですが、舞台ではかなり個性の強いキャラクターとして舞台を引っ張っていきます。エリック・アンダーソンはトーマス役以外に、映画では出てこない舞台オリジナルのキャラクターも演じており、舞台上で見せる一人二役の演技は見どころです。オーフェは本業が歌手という事もあり、ミュージカル俳優とはまた違った、迫力のある、ずば抜けてパワフルな声量で会場を沸かせてくれました。という事で、主役だけでなく助演にも注目してほしい作品となっています。

映画「プリティ・ウーマン」を見たことがないスタッフが楽しめた理由

プリティーウーマンの公開された80年台の雰囲気を楽しめる
どうも、スタッフKです!このミュージカルが映画が基になってるという事は知っているし、映画のタイトルもしっていたのですが、内容はまったく知らず、という状態で観てきました。
この作品では、日常会話で使われるセリフが多く、難しくて聞き取りにくい部分が少ないと思いました。それでも、もちろん100%理解しているわけではないですが、舞台セット転換でシーンが変わることで何となく何を言っているのか想像する事ができるレベルです。シーンの転換もこまめにあって飽きることがなく、登場人物の数も少なめ、かつ、濃いキャラクターばかりでストーリーを飲み込みやすかったです。なので、ミュージカルを初めて見る、という人にもオススメできるのではないかと思いました。
ビビアンとエドワードが恋に落ちるシーン
映画を見ないで、初めてこのミュージカルを観る人は、ビビアン役のサマンサ・バンクスに見惚れてしまうと思います。映画を見た事のある人は、どうしてもジュリア・ロバーツと比較してしまうかと思いますが、自分の中では、サマンサ・バンクスの演じるビビアンが完全なハマり役と感じてしまいました。というのも、「コールガール」と「セレブ」という全く違う世界に存在する人間を、彼女の魅力そのもので演じ分けている「ギャップ」にやられてしまったと思います。コールガールを演じるサマンサの笑顔は、万人受けする可愛らしさで、男性だけでなく女性も夢中になってしまうようなもので、セレブになり始めたサマンサは、憧れの的になるようなクール・ビューティーを披露しています。しかしながら、この極端な二面に振り切らず、それぞれ微妙なところで留まる「ビビアンの純粋さ」を見事に演じていると思いました。

観劇後の楽しみ方!キャストの出待ちを体験しよう

さてさてミュージカルの舞台が終わり、ここからが本番といっても過言ではない、毎回恒例のキャストの出待ちの時間です!実は毎回、ミュージカル開演前に劇場の関係者出入り口を探して、予めキャストが出てくるところをリサーチするのですが、今回は開演前に関係者入り口を探し出すことができず、観劇後もどこから出てくるのか分からず劇場の前をあたふたしていました。そうすると、劇場の正面玄関前に2台のいかにもセレブが出てきそうな黒塗りの車が停車し、その瞬間、劇場のスタッフが出待ち専用の空間を作ったのです!

プリティ・ウーマンのキャストは車送迎付きのセレブリティだった

今まで何度か出待ちの経験がありますが、劇場自体に関係者入り口が存在せず、キャストが正面玄関から登場する出待ちは初体験でした。前回のキンキーブーツの出待ちでは主役が登場するまで約1時間ほど待ちましたが、プリティ・ウーマンのキャストは出待ち開始から約15分ほどで、主役・助演全員が出てきてくれました。
一番人気だったのはやはり主演女優ビビアン役のサマンサ・バンクス(Samantha Barks)。一人ひとりにサイン・写真を笑顔で対応した後、玄関前で待っていた黒塗りの車で立ち去ったのですが、ここでやっと車が停車していた理由が分かりました。ほとんどのミュージカルキャストは徒歩か電車で一般人と同様に帰宅をするのですが、さすがハリウッド映画で活躍する彼女は、他のキャストとは違うなと本場のセレブリティに遭遇した気分でした。

その後もエドワード役のアンディー・カール(Andy Karl)や助演キット・ルカ役のオーフェ(Orfeh)が登場しました。実は、この2人は夫婦であり、揃ってこの作品に出演しています。舞台上では恋人役ではないですが、さすがは夫婦。帰るタイミングは同じで、2人揃ってサインに応じてくれました。ちなみにもう1台停車していた車に乗ったセレブリティはこの夫婦でした。

約30分~45分ほど経ち、ほとんどのキャストが出払ったところで登場したのが、舞台上で一人二役をこなし、特徴あるキャラクターで一際目立っていたミスタートーマス役のエリック・アンダーソン(Eric Anderson)。最後の最後まで粘ったかいがあり、サインはもちろんのこと、ツーショットまで撮ることに成功しました。日頃出会うことができないセレブやキャストの方たちとこんな至近距離で話すことができるのは、ミュージカルの良さの一つだと思いました。

※クリックして画像を拡大

主演女優ビビアン役のサマンサ・バンクス(Samantha Barks)
エドワード役のアンディー・カール(Andy Karl)とキット・ルカ役のオーフェ(Orfeh)
ミスタートーマス役のエリック・アンダーソン(Eric Anderson)とあっとブロードウェイのスタッフと記念撮影!

眠らない場所タイムズ・スクエアで記念撮影を忘れずに

眠らない街タイムズスクエア
ネダーランダー劇場からタイムズスクエアは目と鼻の先。ミュージカルが終わったのが22:30で、出待ちが終わったのが夜中0時を過ぎていましたが、人通りはとても多く、こんな時間でも安心して歩ける状態です。日中は非常に混雑するタイムズスクエアの名物であるTKTSの赤い大階段も、この時間帯であれば人が少ないので、キレイな写真が撮ることができますので、是非記念に1枚撮ってみましょう。また、タイムズスクエア周辺のレストランは夜の遅い時間まで営業していますので、お食事を取ることも可能です。劇場周辺のレストランは詳細ページをご確認下さい。
劇場周辺のレストラン一覧 ▶︎

プリティウーマン割引チケット絶賛発売中!

プリティ・ウーマン

プリティ・ウーマン:Pretty Woman: The Musical

割引度:★★★★★
オススメ 即チケ発行
あっとブロードウェイで日本から割引チケットがオンラインで購入可能!さらに購入後、すぐにEチケットが発券されるのであとは劇場に行くだけ。
チケット購入方法はコチラ ▶︎

料金:$160$89~
プリティウーマン詳細ページ ▶︎