ミュージカル:FROZEN(アナと雪の女王)観劇レポート

今回はブロードウェイミュージカルの新作「アナと雪の女王」を観劇してきました。

ミュージカル:FROZEN(アナと雪の女王)作品概要

アナと雪の女王(Frozen)は2013年に全世界中で大ヒットしたディズニー映画で、ディズニー初めてのダブルヒロインとして様々な愛の形をテーマとした物語です。
映画で歌われている「雪だるまつくろう」や「レット・イット・ゴー」などは子供から大人まで誰しもが一度は聞いたことがある程有名となり、世界中で「アナ雪ブーム」となりました。実は映画公開前から舞台化が決まっていたとされるほどまさにミュージカル化に適した作品になります。作品の詳細は詳細ページにまとめていますので、是非ご覧ください。 アナと雪の女王 詳細ページはコチラ ▶︎

ダブルヒロインはハイレベルなキャスティング

左からエルサ役Caissie Levy(ケイシー・レヴィ)、アナ役Patti Murin(パティ・ミュリン)、ハンス役John Riddle(ジョン・リドル)、クリストフ役Jelani Alladin(ジェラニ・アラディン)
ダブルヒロインとして、姉エルサ役はCaissie Levy(ケイシー・レヴィ)、妹アナ役はPatti Murin(パティ・ミュリン)が務めていますが、実は2人ともミュージカル「ウィキッド」でエルファバとグリンダを演じたことのある実力派です。全く違うタイプのシンガーですが、その違いが上手くアナとエルサの個性を捉えています。そして今回クリストフ役でブロードウェイデビューを果たしたJelani Alladin(ジェラニ・アラディン)はオフ・ブロードウェイなどで活躍しており、今作品でブロードウェイデビューだとは思えないような彼のカリスマ的な歌声、演技にも要注目です!キャスティングの詳細は新着情報で紹介しているので、是非ご覧ください。 キャスティング情報はコチラ ▶︎

FROZENのレセプションパーティーに招待されました

レセプションパーティーに用紙されたいた写真ブース
幸運にもディズニー側から関係者のみ参加できないレセプションパーティーに招待されたので、あっとブロードウェイのスタッフで行ってきました!劇場から徒歩3分ほどの場所にあるプラネット・ハリウッド(Planet Hollywood)にて開催され、軽食とドリンクが用意されており、今回のミュージカルの宣伝動画を流していました。
残念ながらキャストが来ることはありませんでしたが、帰りにお土産を頂きました!(中身はブランケットとプラネット・ハリウッドのコップでした)
プラネット・ハリウッドの入り口
パーティ会場となったプラネット・ハリウッドはハリウッド映画をテーマにしたレストランということもあり、店内はカラフルでアメリカンな内装でした。映画に使用されたとみられる小道具の数々が店内にあり、映画「タイタニック」で実際に使用された主人公のジャックとローズが着用した衣装なども飾られていました。
夜遅くまで営業しているレストランはミュージカル観劇前後にとても便利です。劇場街近辺のレストラン情報はこちらをご覧ください。

レストラン情報の詳細はコチラ ▶︎

上演はセント・ジェームズ劇場(St. James Theatre)

セント・ジェームズ劇場は、以前トニー賞12部門も受賞したミュージカル「プロデューサーズ」の公演劇場でもあります。隣にはHelen Hayes Theatre(ヘレン ヘイズ劇場)、トニー賞の起源になったとも言われているレストランSardi’s(サーディーズ)が立ち並びます。

セント・ジェームズ劇場にて上演中のアナと雪の女王

セント・ジェームズ劇場(St. James Theatre)

住所:246 W 44th St, New York, NY 10036(地図
※7番街と8番街の間の44丁目にあります。
1927年にシンジケート劇団に所属するユダヤ人弁護士のエイブラハム・リンカーン・アーランガーによって開業し、トニー賞誕生にも意外な関係で繋がっているこの劇場の基本情報、創立者の生い立ち、劇場の建築についてなど、詳しくは劇場詳細ページをご覧ください。
セント・ジェームズ劇場詳細ページはコチラ ▶︎

注意!バウチャーチケットは交換してから列に並ぶ

バウチャーチケット(交換券)をお持ちの方は、列に並ぶ前に、先にチケットを交換する必要があるので要注意です。
チケット本券を持っていて、特に手続きなどする必要がない場合は、15分から20分前に劇場に向かえば十分余裕で入場する事が出来ます。

劇場に入る前に簡単な手荷物のチェックがあり、スタッフの方がペンライトで鞄の中を照らして確認します。
この時、事前に鞄の中が見えやすいようにカバンを開けておくとスマートに入場する事が出来ます。
場の扉をくぐって正面に進むと、係員がチケットを確認します。チケットに印刷されているバーコードをスキャナーで読み取った後、チケット自体は返してくれるので、記念に取っておくと良いと思います。

今回の座席はココでした

今回はあっとブロードウェイスタッフが2日間に分かれて観劇させていただきました。一日目は二階席で、二日目は一階席で観ることができ、それぞれの良し悪しを体験できました。

フローズンの座席はMEZZR C 4でした

第一日目:チケット券面の見方:MEZZR C 4 の場合

Mezzanine Right = 2階メザニン席 の偶数席
C列(前から3列目)のシート番号4
シート番号4は、メザニン席右サイドの前方の座席で、センター寄りとなります。
座席表で説明するとコチラ ▶︎

フローズンの座席はORCHC R 110でした

第二日目:チケット券面の見方:ORCHC R 110 の場合

Orchestra Center = 1階オーケストラ席 の偶数席
R列(前から15列目)のシート番号110
シート番号110は、オーケストラ席中央の最後列の座席となります。
通路側はお手洗いに行きやすい場所ですが、真ん中のお座席の方が座席を立つ際には、必ず立たないといけません。
座席表で説明するとコチラ ▶︎

ミュージカルFROZENは、一階席と二階席で楽しみ方が違う事を知っておこう!

基本的にミュージカルは一階席(オーケストラ)の前方か、二階席(メザニン)の前方がプレミア席となっており、一番見やすい座席とされていますが、この演目についてはプレミア席だから良い!と断言できない所があります。実際に別々の場所から観劇した感想を率直にお伝えします。

1階オーケストラ席からのステージの見え方

1階オーケストラ席の場合:

良い点:アナと雪の女王の世界観を演出するため特別に作られた動くスクリーンとプロジェクトマッピングが良く見えます。また、ステージ上に仕掛けられている雪や氷の特殊効果を間近で見れるのでより迫力あり。

悪い点:あまりオーケストラ席の後方になるとメザニン席とかぶるので、舞台が見えにくい。M列目以降は要注意。

2階オーケストラ席からのステージの見え方

2階メザニン席の場合:

良い点:舞台全体はもちろん、舞台袖から天井にかけて氷つく演出が全体的に見えるので、1927年築の古い劇場である事を完全に忘れてアナ雪の世界に連れて行かれます。他劇場に比べて傾斜がある解析となっているので、前の人が邪魔になりにくい。
悪い点:人間以外の演出(オラフやスヴェンの表情)がちょっと遠目で見にくい。二階席のJ列より後ろと三階席はさすがに遠い感じ。後方で観るにはもったいない演目です。

また、今回衣装制作にもかなりの力が入っており、映画を忠実に再現したかのような衣装は特にノルウェーの民族衣装を意識したとされています。姉エルサが「雪の女王」となってからの衣装は、雪の結晶をテーマとしており、キラキラとダイヤモンドのように光り輝く衣装にはうっとりとしちゃいます。

休憩時間はアナと雪の女王公式グッズをチェック

正面入口入って右手にグッズショップがあります
劇場自体がさほど大きくないセント・ジェームズ劇場のロビーは開演前と休憩時間ではとても混んでいるため、グッズを買うなら開演前に早めに劇場に足を運ぶ方がいいかもしれません。Tシャツやパーカー、オラフやスヴェンの可愛らしいぬいぐるみなどがあり、Coronation Day(戴冠式)の儀式で使うあの王笏と宝珠も販売されています。
セント・ジェームズ劇場のトイレは地下一階にあり、休憩時間中に済ませておくことがお勧め。

アナと雪の女王観劇後の感想まとめ

映画×ミュージカルの傑作

まず劇場に向かうと入場待ちの人々で辺りは賑わっており、入り口がせまいことから、チケットを持っていても入場まで少し時間がかかりました。家族や恋人同士、女子グループで観にきている人が多く、観劇にきている小さい女の子がエルサのドレスを着ていたり、エルサの髪型を真似してきている子も数多く目撃しました!劇場を入ると右手に公式グッズを販売している売店があり、左手にはバーカウンター、そして2階席や3階席へは奥の階段から上がることができ、ロビーはとても狭い印象でした。

今回私が座った座席は1階オーケストラ席の最後列のセンターでした。後ろを振り返ると映像や照明などを指示する進行スタッフの席だったので、後ろの人のことを気にする必要はなく、観劇に集中することができました。
アナ雪の大ファンである私は、この日を心待ちにしていて、やっぱり「雪だるまつくろう」が聴けた時は大興奮!アナとエルサが住んでいるアンデルセン王国のお城の中の内装やドア(アナがエルサと話したい一心で叩くドアです)や衣装などは映画を忠実に再現しているなと感心しました。クールで心優しいエルサ役を演じたCaissie Levy(ケイシー・レヴィ)とお茶目で冗談好きな可愛いアナ役のPatti Murin(パティ・ミュリン)。2人の個性がよく現れていて、また姉妹としての息もピッタリでした。

誰もが知ってる映画なので、どのミュージカルよりもハードルが高く、大きな期待を背負った中でのミュージカル化だったと思いますが、アラジン、ライオン・キングが映画並、またはそれ以上のクオリィでミュージカルを送り出してきたディズニーというだけあって、映画のあのシーンは舞台ではこう表現するのか、ココはこう見せるのか、と関心の連続でした。
最近では街中のイルミネーションでも採用されていたりするプロジェクションマッピングですが、このミュージカルのプロジェクトマッピングは一味も二味も違いました。別のミュージカル「アナスタシア」で演者と同調したプロジェクションマッピングを初めて見ましたが、FROZENのプロジェクションマッピングはこれまでのものと全く別物です。アラジンの空飛ぶカーペットを初めてミュージカルで見た時のように「あれ、どうやってんの!?」と思わず声に出してしまいました。

観劇後は、あのシーン、このシーン、について感想を言い合う事間違いなし。またオラフ、トロール、スヴェンをどのように演出してくれるのかもこのミュージカルの楽しみでもあります。ネタバレになるのでここには書きませんが、そうきたか!と思わせてくれるような演出になっていて、映画を裏切らない、ある意味別モノ作品となっています。是非直接その目で観劇して頂き、見比べていただきたい作品です!

フィナーレの様子
また、観劇当日(3/8)は国際女性デー(International Women’s Day)ということもあり、フィナーレを迎えるとアナ役のPatti Murin(パティ・ミュリン)がキャストを代表して女性であることの素晴らしさや劇場や制作に携わっている多くの女性スタッフに感謝の言葉を述べていました。その後女性スタッフを舞台に引っ張り出し、キャスト全員と共に舞台の幕を閉じました。こういうイベントごとを堂々と祝い、特別感を出すアメリカの文化を感じることが出来たので、とても良い経験になりました。

アナと雪の女王 割引チケット絶賛発売中!

アナと雪の女王(Frozen)

アナと雪の女王:Frozen

割引度:★★★★★
オススメ 即チケ発行
あっとブロードウェイで日本から割引チケットがオンラインで購入可能!さらに購入後、すぐにEチケットが発券されるのであとは劇場に行くだけ。
チケット購入方法はコチラ ▶︎

料金:$150$110~
詳細ページはコチラ ▶︎