ミュージカル アナスタシア 観劇レポート

今回はブロードウェイミュージカルの名作「アナスタシア」を観劇してきました。

観劇する前にアナスタシア伝説を知っておくべき

観劇する前にアナスタシアの原点について知ろう

実際にあった歴史的な行方不明事件

冒頭でも述べたようにミュージカル「アナスタシア」は1997年のアニメ映画と、歴史上の謎と言われている「アナスタシア伝説」の実話を元に作成された作品です。実話「アナスタシア伝説」とは、最後のロシア皇帝ニコライ2世の皇帝一家が殺害時に、第4皇女アナスタシア(本名アナスタシア・ニコラエヴナ)のみ生存の伝説が有名となった事件です。
「アナスタシア伝説」を元に劇が進むため、観劇する前に実話を知っておくことで英語が分からなくてもミュージカルを楽しく観ることができます。

アナスタシアの見どころ

動くスクリーンと連携する演技に注目

ミュージカル「アナスタシア(Anastasia)」は日本での知名度は低いですが、海外ファンに根強い支持を集める1997年のアニメ映画をもとにしたミュージカルです。また、歴史上の謎と言われている「アナスタシア伝説」の実話を元に作成された今作品は、最後のロシア皇帝ニコライ2世の第四皇女アナスタシア・ニコラエヴナを参考にしています。

2017年4月からブロードウェイにて開幕、舞台演出はトニー賞を受賞した劇作家テレンス・マクナリー、作曲家シュテファン・フラハティに加え、トニー賞を受賞したダルコ・トレスニャクが演出を担当しており、他ミュージカルではあまりみられないLEDスクリーンを採用し、CGやプ動くスクリーンと連携する演技に注目が見どころです。主人公アーニャ(クリスティー・アルトメア)とキャスト達の息の揃った演技は、見た人の心を弾ませてくれる作品です。

作品の詳細は詳細ページにまとめていますので、是非ご覧ください。
アナスタシア 詳細ページはコチラ ▶︎

アナスタシアの上演劇場

ブロードハースト劇場にて上演中のアナスタシア

ブロードハースト劇場にて上演中

ミュージカル「アナスタシア」は、タイムズスクエアのど真ん中に位置するブロードハースト劇場(Broadhurst Theatre)で上演中です。

ブロードハースト劇場(Broadhurst Theatre)
住所:235 W 44th St, New York, NY 10036(地図

ブロードハースト 劇場詳細ページはコチラ ▶︎

注意!バウチャーチケットは交換してから列に並ぶ

バウチャーチケット(交換券)をお持ちの方は、列に並ぶ前に、先にチケットを交換する必要があるので要注意です。
チケット本券を持っていて、特に手続きなどする必要がない場合は、15分から20分前に劇場に向かえば十分余裕で入場する事が出来ます。

劇場に入る前に簡単な手荷物のチェックがあり、スタッフの方がペンライトで鞄の中を照らして確認します。
この時、事前に鞄の中が見えやすいようにカバンを開けておくとスマートに入場する事が出来ます。
場の扉をくぐって正面に進むと、係員がチケットを確認します。チケットに印刷されているバーコードをスキャナーで読み取った後、チケット自体は返してくれるので、記念に取っておくと良いと思います。

自分の座席がどこか知る

劇場内の係員にチケットを見せると席を案内してくれる
そしてようやく劇場のロビーに到着。
チケットをスタッフに見せるタイミングは、劇場内に入場する時と自分の座席に行く時の2回あります。1階オーケストラ席また2階メザニン席の座席エリアに入るときに、再度チケットの確認があり、その際に、ミュージカル冊子を受け取ることができます。
座席の場所が分からない場合でも、スタッフがすぐに教えてくれるので安心です。

今回の座席はココでした

アナスタシアの座席はMEZZO C 1でした

チケット券面の見方:MEZZO C 1の場合

Mezzanine Odd = 2階メザニン席 の奇数席
C列のシート番号1
シート番号1は、センターよりの通路側の座席となります。
通路側はお手洗いに行きやすい場所ですが、真ん中のお座席の方が座席を立つ際には、必ず立たないといけません。
座席表で説明するとコチラ ▶︎

アナスタシアは2階フロントメザニン席が人気!

フロントメザニン席から舞台が近い
ブロードハースト劇場の規模は収容人数1,218人と会場がさほど大きくないため、2階メザニン席は非常に舞台から近いです。舞台との距離感をそこまで感じないため、1階オーケストラ後方で観劇するよりも、メザニン席の前列で見ることもお勧めです。
また、アナスタシアの舞台はLEDスクリーンを使用しており、舞台の大半がスクリーン上でCGやプロジェクションマッピングを使って劇が繰り広げられます。この2階フロントメザニン席のセンターから観るプロジェクションは非常に迫力があり、スクリーンまたキャストの演劇を間近で観ることができます。
アナスタシアのグッズも忘れずに

休憩時間は公式グッズをチェックしよう。

ミュージカルの前半が終わり、20分ほどの途中休憩があります。
その間に、お手洗いに行ったり、劇場内を散策したりしてみましょう。但し、劇場内のお手洗いはとても混雑していて、トイレの前には行列が出来るので、お手洗いに行きたい場案は舞台の幕が降りた瞬間に席を立つ勢いで行きましょう。
また、休憩中の間に劇場内で販売しているアナスタシアのグッズも是非チェックしましょう。1階と2階にグッズ販売エリアがございます。

アナスタシア観劇後の感想まとめ

日本人向けミュージカル作品

今回観劇したミュージカル「アナスタシア」は、日本人にはまだあまり馴染みのないミュージカルですが、舞台構成・音楽・内容ともに日本人が好む作品だと思いました。特にアナスタシアの代表曲である「Once Upon a December」は、日本人の耳に残るメロディーラインになっており、歌詞・音楽ともに心に残る曲です。是非、観劇前に一度聴いてみて下さい。また、キャストの華やかなドレスやタキシードの衣装、社交ダンスに思わず見とれてしまいます。

大迫力のLEDスクリーン

観劇する前は、メザニン席からでもきちんと舞台が観えるか不安でしたが、実際に座ってみるとメザニン席でも舞台上のキャストの顔、舞台構成、衣装がきちんと確認することができ、劇を十分楽しむことができます。舞台構成はシンプルながら、背景の演出にLEDスクリーンを使用しており、劇の途中で会場全体がプロジェクションマッピングで施されるのですが、そんな会場全体を眺めることができるのは2階メザニン席の特権だと感じました。

キャスト郡が魅せる息の揃った演技

最後のフィナーレ
そして何よりも、劇を楽しませてくれたのは「アナスタシア」を作り上げるキャスト軍です。主役アーニャと二人の詐欺師ディミトリとヴラドのメインキャスト3名の絶望の生活から一転、希望に満ち溢れた生活が始まりますが、思いがけないピンチに幾度となく直面します。その喜怒哀楽の感情の起伏、シーンごとの温度差と展開を、メインキャスト以外のアンサンブルが身体を張って会場を盛り上げてくれます。
実話「アナスタシア伝説」の多くの作品は暗く悲しい物語が多いのですが、ミュージカル「アナスタシア」は楽観的に、また会場全体の人々が笑顔になるほど楽しい作品となっています。

アナスタシア 割引チケット絶賛発売中!

アナスタシア,Anastasia

アナスタシア:Anastasia

割引度:★★★★★
オススメ 即チケ発行
あっとブロードウェイで日本から割引チケットがオンラインで購入可能!さらに購入後、すぐにEチケットが発券されるのであとは劇場に行くだけ。
チケット購入方法はコチラ ▶︎

料金:$159$89~
アナスタシア 詳細ページ ▶︎