米倉涼子主演「シカゴ」観劇レポート

米倉涼子主演シカゴ 2019年7月観劇レポート

こんにちは、スタッフMです。今回、なんと日本の大女優:米倉涼子さんが2年ぶりに主演を務められるブロードェイ・ミュージカル「シカゴ」のを見て参りました!2019年7月1日から7月14日までの、2週間限定で米倉涼子さんが、主役「ロキシー」として、舞台に立たれるという事で、テンションMAXで見に行ってきましたので、公開初日の様子を緊急レポートしたいと思います。

ミュージカル「シカゴ(CHICAGO)について

名曲「All that Jazz」の様子。やはり肉体美に目が行ってしまいます。
言わずと知れたロングラン作品である「シカゴ」は、「オペラ座の怪人」と同じくらい、初めてミュージカルを観られる方に必ずお勧めしている作品です。他のミュージカルに比べて、シンプルな演出で有名な作品ではあるのですが、この作品の魅力は、決して色褪せる事がないと思います。ミュージカル界の登竜門と言われるこの作品は、主演を演じるキャストの入れ替わりが、頻繁に行われることでも有名で、今までも数多くの女優が、この舞台を経て、大女優へと育っていきました。
米倉涼子さんが3回にもわたり、本作品の主役にこだわるのは、そういった事情もあるのかもしれません。
作品についてもっと詳しく ▶

米倉涼子主演「シカゴ」はアンバサダー劇場で公演中

ブロードウェイ側から見た開演前の劇場前の様子。このセクシーな看板が目印となります。
アンバサダー劇場は、7番街と8番街の間、ウェスト49丁目にあります。
ちなみに、本サイトを運営している「あっとニューヨーク」の店舗から、徒歩で10分ほどの距離にあるために、お客様を劇場まで案内する事もしばしば。観劇をした7月は、ちょうど外壁の工事が行われいて、目印である、セクシーな看板が見えずらいですが、劇場の壁一面には、歴代の演者の写真がずらりと並んでいます。

劇場について詳しく ▶︎

開演45分前の劇場の様子。外国人に混じって、多くの日本人を見かけました。
公開初日という事もあって、開演の1時間ほど前から、TBSなど日本のテレビ取材班がカメラを回している姿を見かけました。想像していた通り、米倉さんを目当てに来られた日本人客を多く見かけ、また、彼女に渡すための花束を持っている人が多かったです。
そして、これはチケットを販売したからこそ、わかる事ですが、日本から観に来られる日本人と同じくらい、アメリカに在住している日本人の方からも、多くの問い合わせを受けました。
同じ日本人として、海外に挑戦する日本人の姿というのは、やはり嬉しいものです。

今回の座席は1階オーケストラ席中央の最前列!

お客様から直前キャンセルがあったので私の手に渡ってきたしまった(ラッキー!)座席は、1階オーケストラ 中央席のBB列(最前列)の112番。

座席位置はORCHC BB 112

Orchestra = 1階オーケストラ席 Center BB列(最前列)のシート番号112 ミュージカルの座席で、最前列は、首を終始上げていなければならず、遠慮されがちなのですが、本作品に限っては、それは当てはまりません!というのも、ほとんどの劇場は、オーケストラがステージの下で演奏をしている為に、ステージが高くなりがちなのですが、本公演では、オーケストラがステージの上にいるために、ステージも低く作られており、全く問題はございません。
まさに目と鼻の先で、劇を楽しむことが出来ます。

米倉涼子さんが目の前に!出待ち体験

もちろん、今回も出待ちをして参りました!米倉涼子さんをひと目みたいというお客さんがたくさんいる事は分かっていたので、公演終了後、すぐに外に飛び出したスタッフMですが、意外な展開となりました。

米倉涼子さんが劇場から出てきた瞬間。出待ちしていた全員がカメラを向けて、前へと進んだので、あたりは、ちょっとしたパニックに
すぐに外に飛び出たものの、こちらの写真を見ても分かるように、完全に人で埋まっていて、もはや写真を取るのも難しいほどの人だかり。
30分ほど待って、ようやく目の前に米倉さんが来た!と思ったら、間に人が押し寄せてしまって、大女優を目の前にするも、手が届かない状態に…。
サインが欲しい方は、カーテンコールの間に外に出てしまって、外にある柵の前で陣取るに事を強くオススメ致します。

スタッフMが撮った写真の中でのベストショット。果てしなく遠い、、、
かろうじて取れた、左の写真だけでは、もはや米倉涼子さんかも怪しいレベルなので、このままではボスに怒られる、と完全に冷や汗が出ていたところに、神様(お客様)からの助けが!
なんと、最前列のチケットを弊社よりご購入いただいたお客様より、「良い写真撮れたので、是非使ってください」と、画像を提供いただきました!こちらの3枚の至近距離ショットがお客様から頂戴した、ありがたい写真となります。この画像が無かったら、今回のレポートは、果たしてどうなっていたことやら…(笑)公の場をお借りして、画像提供をしてくださった皆様、本当に本当にありがとうございます!

※クリックして画像を拡大

気さくに、ファンからのサインに応じる米倉涼子さん。
演じた直後とあってか、メイクが「ロキシー」仕様のままでした。
ファンからの「花束」や「うまか棒」を笑顔で受け取る、米倉涼子さん

米倉涼子さん主演「シカゴ」観劇後の感想まとめ

チケットをご案内させて頂く中で、「米倉涼子さんは、全て英語でやられるんですか?」という質問を受けました。もちろん全て、英語で行いますし、日本の活動では、あまりイメージが沸かないかもしれませんが、バレエで鍛えられた身体能力を生かして、歌いも踊りもこなされています。そして、シカゴの衣装は、肌の露出が多く、割と際どいモノが多いのですが、米倉さんも、背中の大きく空いた、セクシーな黒のドレスを着て、演じられていました。

米倉涼子さんはヴェルマ役はなく「ロキシー」役

本作品を語る上で外せない、2人の女性「ヴェルマ」と「ロキシー」。愛人を殺してしまった「ロキシー」は、どちらかというと、頼りなく、可憐で小悪魔のような女性。対して、ヴェルマは元スターということもあってか、自己主張も強く、逞しい印象を受けます。
ちなみに、映画版「シカゴ」では、キャサリンゼタ=ジョーンズがヴェルマ役を、ロキシー役を映画「ブリジットジョーンズ」で有名なレネー・ゼルウィガーが務めています。

米倉涼子さんの、日本での力強く、たくましい、凜とした女性の印象を考えると、どちらかというと、ヴェルマの方が合っている、と思う方も多いかも知れませんが、いざ観てみると、コミカルなダンスや、豊かな顔の表情などで、「ロキシー」役を完璧にこなされていたように思いました。また、差別的な意味ではなく、欧米のキャストに比べると、米倉さんが、小柄で華奢であることが、「ロキシー」の魅力を一層強めていたように思いました。幅広く役をこなせる女優さんである事を、改めて認識した瞬間でした。

米倉涼子さんの英語は努力の賜物

こうして記事を書いている私(スタッフM)も、日本生まれの英語を勉強した身なので、やはり発音に関しては、いつも苦労をしています。米倉涼子さんの発音も、やはり欧米の演者と比べると、どうしても日本語英語に聞こえてしまうの部分が正直なところ少しありました。しかし、英語での「ジョークの間」などは完璧で、会場からもジョークを言うたびに笑いが起きていました。また、「ロキシー」役の設定上、地方の方言訛りのセリフがあったりするのですが、そのあたりをバッチリと演出されていて、今回の公演にあたって、並大抵ではない努力とレッスンをされたのではないかと感じました。

米倉涼子主演の「シカゴ」は特別な演出がされている

もうひとりのメインキャラクター敏腕弁護士役:ビリー・フリンの「All I care About」の様子。映画ではリチャード・ギアが演じています。
基本的には、全てを歴代の「ロキシー」通りに演じていたのですが、所々に、米倉さんが主役をするにあったっての、変更が加えられていました。
ネタバレになりますが、殺人の様子を説明するセリフの途中に、「きものを着て玄関まで見に行った」、とあったり。他にも、膝をついて深々と「お辞儀」する演出があったり。外国人から見た、わかりやすい「日本」を表現する場面がありました。
この演出が米倉さんの発案なのか、はたまた演出家の遊び心なのかはわかりませんが、「シカゴ」の長い歴史の中で、確かに日本人が主役を務めた事を証明する、粋な演出だと思いました。

「シカゴ」格安割引チケット

米倉涼子さんが、ロキシー役を務めるのは、わずか2週間という短い期間となりますが、主役に関わらず、一度は観ていきたいのが正直な所。あっとブロードウェイで購入可能な格安・即発行の引換券(バウチャー)は、なんと$69/枚から購入可能となっています!値段重視の方は、週末のマチネ(昼公演)の2階メザニン席後方一番安くなっているのでお勧めです。そもそも「バウチャーチケットって何なの?」と思われた方は、まず「割引バウチャーチケットの説明」をご覧ください。

シカゴ(Chicago)
割引度:★★★★★ オススメ 即チケ発行 あっとブロードウェイで日本から割引チケットがオンラインで購入可能!購入後、すぐに交換券が発行されます。この交換券は、公演30分前までに劇場のチケット窓口で本券と交換してください。

料金:$129$69~ 割引バウチャー購入方法 ▶