ミュージカル OKLAHOMA! 観劇レポート

Circle In The Square Theatreで公演中の「Oklahoma!」 75年ぶりにブロードウェイに帰ってきた往年の名作「 オクラホマ!(OKLAHOMA!)」に、幸運にもスタッフ2人(藤井と金木)が招待されたのでレポートしたいと思います。現代のブロードウェイ・ミュージカルの基盤を作り上げたと言われる伝説の二人コンビ「ロジャース&ハマースタイン(Rodgers & Hammerstein)」が手がけた脚本に、現代アートの要素が加わり、更に深みを増した本作品はCircle In The Square Theatreで現在絶賛公演中です。1900年初頭のオクラホマの農村を舞台にした、小さな村の恋の三角関係は、誰も予想しなかった結末を迎える事に! 特徴のある劇場から、作品の見所・率直な感想を含めてレポートしたいと思います。

ミュージカル「オクラホマ!(OKLAHOMA!)」について

看板にも大きくロジャース&ハマースタインの文字があります
オクラホマ州のとある農場にを舞台にした恋の三角関係がコミカルに描かれたこの作品では、モテ男の「カーリー」、実はカーリーが好きな「ローリー」、ローリーが好きな「ジャッド」の三人を中心に物語が進行します。年に1回の村祭りで、ローリーを独占できる権利をかけた競りが始まり、ジャッドとカーリーは有り金の全てをはたいて、彼女を競り落とそうとします。昔のアメリカの田舎ならではの世界観で、繰り広げられる分かりやすい物語ではありますが、最後の展開はけっこう意外な事になります。
あらすじ・見どころはコチラ ▶︎

Oklahoma!はCircle In The Square Theatreにて上演中

ウィキッド」が上演している「ガーシュイン劇場」とは姉妹劇場の関係にあり、ガーシュイン劇場の地下、と表現される事もしばしば。

Circle In The Square Theatreの入り口から見たところ。ステージ内に座っているのは演者ではなく観客!
サークル・イン・ザスクエア(広場の中にある円形)とはよく言ったもので、ステージが円形に配置された座席に取り囲まれたような独特な劇場となっています。特徴はなんと言っても、ステージと客席の境目が無いことです。ステージの高さは、最前列の座席と同じ高さにあり、またステージ上に設けられたプレミア席に座れば、目の前の机に演者が腰掛ける、という独特なものになっています。「スラスト・ステージ」と呼ばれるこの形式は、本劇場のみで、またこれによって生み出される演者との距離感も他では決して味わうことが出来ません。この劇場についてもっと詳しく ▶︎

照明はついたままでオーケストラも生音

Circle In The Square Theatreでは、オーケストラ隊との距離がとにかく近く、楽器の音はマイク無しの生音がほとんど。
公演が始まって驚いたのは、まず歌・バンドのほとんどが生音だったこと、そして客席の照明がついたままだった事です。喩えがあまり良くないかも知れませんが「市民会館」のような感じがしました。言いたいことは、他の作品とは違い、全く構える事なく観劇が出来たということです。本作品は朝食を作るシーンから始まるのですが、自分もその新しい一日に入り込んだような気がしました。実際にプレミア席に座る観客には演者から軽い「イジリ」も入ります。(笑)またバンドメンバーも同じ舞台にいることから、演者とバンドメンバーが絡む場面もあります。演者・バンド・観客の垣根が良い意味でなくなる不思議な劇場です。

今回の座席はココでした

ORCH E  225 から見た眺め。1階オーケストラ席 E列(前から5列目)

チケット券面の見方:ORCH E 225 の場合

ORCH= 1階オーケストラ席 E列(前から5列目)
シート番号 225(奇数なのでステージ向かって左側)
欲を言えばステージ上のプレミア席がどうしても気になってしまいますが、正直に言って、バウチャーチケットを購入された方はどこの座席でもステージからの距離が十分近いので、一体感を味わうことが出来ます。また席によっては演者が出入りする「ヴォミトリウム」というトンネルの真横になる可能性もあります。他の作品でもお得に観劇が出来るバウチャーチケットですが、本公演では特にお得感があると思います。
座席表で説明するとコチラ ▶︎

「オクラホマ!(OKLAHOMA!)」を見た感想まとめ

この作品がアメリカ中部、オクラホマ州が舞台、と言われた時に、自分も含めて、日本人の人からすると、今いちパっとしない、想像できないものか思います。期待薄な状態で座席について本編が始まりましたが、いざ観てみると「What a beautiful morning」という劇の始まりで歌われる曲は、どこかで聞き覚えがあったような曲調でした。表題曲「オクラホマ」はオクラホマ州の州歌にもなったとても有名な曲という事を後で知りましたが、会場のアットホームな雰囲気とカントリー調の音楽も相まって、他の作品に比べても自然と入り込んでいったような気がします。

ブロードウェイ初の車イス舞台女優 Ali Stroker

本公演が注目を浴びている理由が、原作者が有名であるという事以外に、車椅子の俳優が出演しているという点もあります。話の本筋である恋の三角関係とは別に展開するもう一つの三角関係で、二人の男性を行き来する「アニー」役を演じるアリ・ストローカー(Ali Stroker)はブロードウェイ初の車椅子の舞台女優です。なかなか行動に移せないローリーと違い、アニーはだらしないと思える程に、流されやすく積極的。二人の男性から交互に言い寄られて、どちらにもOKしてしまいます。そんな彼女が歌う「I Can’t Say No」はアメリカの人気テレビ番組でも取り上げられたほどで、全米にその名が広まるきっかけとなりました。TV出演時の動画はこちら▶

2019年トニー賞 授賞式での様子

2019年トニー賞で助演女優賞を受賞!

そしてなんと本作品での好演が評価されて、アリ・ストローカー(Ali Stroker)は2019年トニー賞にて、 助演女優賞受賞という快挙を果たしました。もちろん車椅子演者初のトニー賞受賞者です。アドバンテージを乗り越えての今回の受賞とあって、受賞が決定した際には会場から一際大きな拍手が上がり、またメディアでも大々的に取り上げられました。「ブロードウェイの壁」を破り、さらにトニー賞にも輝いた彼女の魅力的な演技に、ぜひとも注目して下さい。授賞式でのスピーチはこちら▶

黒人少女の舞踏

ちなみに休憩中にはステージ上で軽食が振る舞われます。
途中の休憩時間が終わると、劇場のアットホームな雰囲気が一転します。スモークがたかれ、暗くなったステージに現れたのは一人の黒人の少女。その後、彼女は一言も発する事なく踊り続けます。「現代アートの要素が加わった」と冒頭で説明しましたが、この時間はまさにそれの最たるもの。そして現代アートあるあるかも知れませんが、観る人によって解釈が異なります。今回はスタッフ二人で観劇をしましたが、同行したスタッフの一人である金木の解釈は「主人公(黒人の演者)の子供の頃の前に進みたいけど進めない葛藤」という事でしたが、私個人としては、「当時のアメリカ南部での黒人の苦しみ」と意見が別れました。みなさんの解釈を聞けたら嬉しいです。

原作とは違う話の展開

劇場の壁、いたるところに銃が飾ってありました。
おおまかな話の筋が分かった上での観劇でしたが、ラストシーンに近づくに連れて、聞いていた話となんだか違って来ました。そして問題のラストシーンは、ネタバレになるので言いませんが、最初に公開されて時のそれと異なっています。そして変更がなされた理由はすぐに想像出来ました。舞台はオクラホマがまだアメリカに州として認められる前、日本にも古くから残る「コミュニティの掟」のような物があるように、当時のオクラホマにはそういった物が色濃く残っていました。その強すぎる「掟」は時として、誰かにプラスに働き、時にマイナスに働きます。アメリカ版の「コミュニティの絆」の物語を大都会ニューヨークの真ん中で観るのは少し不思議な感覚でした。

これまでのオクラホマ!とはひと味もふた味も違う

奥の白色の壁に様々な映像が映し出されます
本作品には工夫を凝らした斬新な演出が各所に散りばめられていました。例えば暗闇の会場で、演者を暗視カメラで撮影をし、その映像を壁に写したり、また先程紹介したように、物言わぬ黒人少女の舞踏があったり。またストーリーも基本は原作のまま、そこにメッセージ性が強くなるように細やかな変更がなされていました。お客さんは白人の年配の方が多かったような印象でしたが、昔からの物語のファンに留まらず、新しい物好きなニューヨーカーに好まれる作品だと思います。言うなれば古い物語に、新しい風が吹き込まれた、新しい「オクラホマ!」と呼べる作品になっていると思います!

Oklahoma! 割引チケットの購入

ミュージカル「オクラホマ!」割引チケット販売中

オクラホマ!:Oklahoma!

割引度:★★★★★
オススメ 即チケ発行
あっとブロードウェイで日本から割引チケットがオンラインで購入可能!さらに購入後、すぐにEチケットが発券されるのであとは劇場に行くだけ。
チケット購入方法はコチラ ▶︎

料金:$159$89~