Home » 割引ブロードウェイ・ミュージカル一覧 » フライング・オーバー・サンセット
Flying Over Sunset

Vivian Beaumont Theater(地図
上演時間:2時間20分(途中休憩1回あり)

こちらの演目は2020年3月12日から公演予定の演目です。
チケットのお問い合わせは、専用のフォームをご利用ください。 お問い合わせフォームはこちら ▶

フライング・オーバー・サンセット(Flying Over Sunset)|基本情報

劇場:Vivian Beaumont Theater 50 Lincoln Center Plaza, New York, NY 10023(地図
公演スケジュール 火~日(水・土・日は昼公演あり)
休演日:月
初公演日 2020年3月12日:プレビュー
2020年4月16日:オープニング

フライング・オーバー・サンセット(Flying Over Sunset)|みどころ

ドラッグ中毒者を題材にしたアメリカらしい作品

ドラッグ中毒者を題材にした笑いあり涙ありの作品:フライ・オーバー・サンセット(Flying Over Sunset)
まだドラッグが合法な1950年代のアメリカを舞台に、欲望、希望、悲しみ、をむき出しにしたドラッグ中毒者たちの人間ドラマが繰り広げられます。著作家、政治家、俳優と、社会的にも地位のある3人がひょんなことから出会い、ドラッグに酔ったまま旅に出るという、何ともアメリカらしい展開も結末も全く予想がつかない物語。実在した人物の生涯にインスピレーションを受けたこの作品は、実は感動的で思慮深く、笑いあり涙ありで見ている方の感情も忙しくなってしまう作品となっています。

ミュージカル「フライングオーバーサンセット」|あらすじ

舞台は、1950年代のアメリカ。
健康のためにとドラッグを服用するのが当たり前のこの時代に、各業界で活躍する3人の男女が偶然出会います。
著名作家のオルダス・ハクスリー、政治家のクララ・ブース・ルース、俳優のケーリー・グラント、3人の共通点は、ドラッグ(薬物)中毒である事。ひょんなことから、彼らはドラッグに酔ったまま旅へ出ることに。
そこで待ち受けていたのは、自分たちの人生について考えさせられる不思議な出来事の数々でした…。

フライ・オーバー・サンセット(Flying Over Sunset)|動画紹介

リンカーン・センター・シアターで行われたリハーサル風景を動画でご紹介します。

フライ・オーバー・サンセット|座席表

Vivian Beaumont Theater の座席表

ビビアン ビューモント劇場

ミュージカル Flying Over Sunset|豆知識

ディズニー映画「イントゥ・ザ・ウッズ」の脚本家が監督を務める

監督は、ディズニー映画「イントゥ・ザ・ウッズ」の脚本を務めたジェイムズ・ラパイン(James Lapine)。彼は、アメリカの舞台監督、脚本家、台本作家として幅広く活躍する人物で、過去に3度のトニー賞ミュージカル脚本賞の受賞経験があります。ミュージカルの代表作として「イントゥ・ザ・ウッズ(Into the Woods)」、「ファルセッツ(Falsettos)」、「パッション(Passion)」が挙げられます。

主役3人はドラッグ経験のある実在した著名人

今作は著作家、政治家、俳優の3人の並外れた才能を持つ男女が薬物を試し、人生に触発されたフィクションですが、その3人の男女というのは、19世紀終わりに活躍した実在の著名人から着想を得ています。

左:オルダス・ハクスリー(本人)、真ん中:クララ・ブース・ルース(本人)、右:ケーリー・グラント(本人)
まず1人目は、著作家のオルダス・ハクスリー(Aldous Huxley)。小説「すばらしい新世界(1932年出版)」の著者として知られる人物であり、神秘主義研究者として人間の思想研究も行っていました。2人目は、政治家のクララ・ブース・ルース(Clare Boothe Luce)。政治家、編集者、記者、劇作家、米下院議員、米駐イタリア大使として活躍した多彩な才能の持ち主。最後に、俳優のケーリー・グラント(Cary Grant)。30年~70年代アメリカの映画シーンで活躍した伝説の大スターです。実は、全員が実生活でドラッグ(LSD*)を使用しており、作中の役名もこの3人の実名が使われています。

*強力な幻覚誘発剤。幻聴・幻覚・精神異常をきたす事が理由で、アメリカでは1960年代後半に販売・使用の規制が開始された。

フライ・オーバー・サンセット(Flying Over Sunset)|制作スタッフ

音楽 Tom Kitt
歌詞 Michael Korie
脚本&監督 James Lapine
舞台デザイン Beowulf Boritt
衣装デザイン Toni-Leslie James
照明デザイン Bradley King
音響デザイン Dan Moses Schreier
プロジェクトデザイン Jeff Sugg
オーケストラ Michael Starobin
音楽デザイン Kimberly Grigsby

フライ・オーバー・サンセット(Flying Over Sunset)の感想|口コミ情報

ミュージカル「フライ・オーバー・サンセット」に関する皆様からのご感想を紹介しております。
ご帰国された後にでもご一筆を賜れますと幸いです。口コミのコメントはリアルタイムに反映されます。皆様からの評価、コメントをお待ちしております。

1
2
3
4
5
投稿する
     
キャンセル

口コミを投稿する ▶

ミュージカル「フライ・オーバー・サンセット」の総合評価

平均評価:  
 1 件の口コミ

このミュージカルの口コミ

気になります
kitamura 様からの口コミ

どんな舞台か非常に気になる作品です。新作ミュージカルということなので挑戦してみようと思います。
実在の人物に焦点を当てているということなので事前予習が必要ですね
また他にも情報がありましたら、是非記載して欲しいです。