Home » 割引ブロードウェイ・ミュージカル一覧 » バンド ビジット:迷子の警察音楽隊
The Band’s Visit

こちらの演目は2019年4月7日で終演となりました。

Ethel Barrymore Theatre地図
上演時間:1時間30分(途中休憩なし)

【公演終了】

Galapro ギャラプロの詳細The Band’s Visit(迷子の警察音楽隊) 観劇レポート

迷子の警察音楽隊(The Band’s Visit)|基本情報

劇場:Ethel Barrymore Theatre 243 W 47th St, New York, NY 10036(地図
公演スケジュール 火~日(日・水・土は昼公演あり)
休演日:月
初公演日 2017年10月07日:プレビュー
2017年11月09日:オープニング
公演終了日 2019年4月7日

迷子の警察音楽隊(The Band’s Visit)|みどころ

カンヌ映画祭で受賞した映画を生で味わう

長年対立してきたエジプト(アラブ人)とイスラエル(ユダヤ人)が言葉・宗教・政治を乗り越えて交流し合う物語は、2007年に公開された同名の映画が原作となっています。映画「迷子の警察音楽隊」は、カンヌ映画際の特別審査賞を獲得、日本では東京国際映画祭で最優秀作品賞を受賞し、世界へ向けた平和への願いを込めた作品として話題になりました。国レベルでなく、人と人との関係が滲み出る人間ドラマを、映画スクリーンではなくブロードウェイの生の舞台で見る事ができます。

キャスト自身による各楽器の生演奏は必見

ミュージカル「バンド ビジット:迷子の警察音楽隊 」
舞台版「迷子の警察音楽隊」の見どころといえば、主要メンバー8人の音楽隊による中東の音楽を生の舞台で楽しめるところです。まるで自分が中東の砂漠に来たかのような感覚にさせてくれる音楽は、どこか寂しく、どこか心温まる、日本では味合うことのできない演奏となっており、特にクライマックスのアンサンブルはちょっと衝撃的で必見です。

第72回トニー賞(2018年)ミュージカル作品賞受賞作品!

トゥフィーク役のTony Shalhoubとディナ役のKatrina Lenk
ブロードウェイの頂点を決めるトニー賞(2018年)にて、本作品が合計11部門でノミネートミュージカル作品賞を含める9部門で受賞しました。さらに、ミュージカル主演男優賞(トゥフィーク役のTony Shalhoub)と、ミュージカル主演女優賞(ディナ役のKatrina Lenk)が、メインキャスト両方が同時受賞!カンヌで評価された映画をも超える評判となった話題の作品です。

迷子の警察音楽隊(The Band’s Visit)|ストーリーあらすじ

舞台は1996年のイスラエルの空港。
エジプトからきた8人の警察音楽隊は、アラブ文化センターで演奏するためこの土地にやってきましたが、何時間立っても空港に迎えはきません。そこで、誇り高い団長トゥフィークは、英語が優れていた若い団員カーレドに目的地「ペタク・チクヴァ(Petah Tikva)」行きのバスチケットを購入させますが、アラブ人は”P”を発音せず、代わりに”B”の発音へ置き換えるため、カーレドと窓口係員の中東の発音の違いから、音楽隊が乗ったバスは目的地とは遠く離れた「ベイト・ハティクヴァ(Beit Hatikva)」というホテルすらない辺境の街に到着してしまいます。

途方に暮れていた音楽隊は小さいなカフェを見つけ、休憩することに。そこでカフェのオーナーであるディナという女性に出会います。彼女は翌日までバスがないことを音楽隊に伝え、食事を提供し、自分の家と常連客イツィクの家と店に寝泊りしているパピの部屋に分散して泊まるように団長に勧めました。団長は最初は留まるも、ディナが独身であったためしぶしぶ受け入れることにしました。

団長とディナは街に出かけ、食堂や外のベンチで音楽について語り合い、心を許しあった2人は長年1人で悩んでいた悩みをお互いに打ち明けます。団長は自分の妻と息子が亡くなったことは自分のせいだったと話し始めます。
夜通し語り合った2人に訪れた翌朝、ついにディナと音楽隊の別れの時がやってきました…。

迷子の警察音楽隊(The Band’s Visit)|動画紹介

迷子の警察音楽隊(The Band’s Visit)|座席表

Ethel Barrymore Theatre の座席表

エセル・バリモア劇場の座席表

迷子の警察音楽隊(The Band’s Visit)|豆知識

オフ・ブロードウェイから戻ってきた話題作

劇中の音楽隊
この作品は、実はオン・ブロードウェイに登場する前にオフ・ブロードウェイとして公演されていました。
1ヶ月の限定公演として(2016年12月8日~翌年1月8日)、収容人数199席の少規模劇場「アトランティック劇場(Atlantic Theater Company)」にて上演され、今までにない「イスラエルを舞台にしたミュージカル作品」として話題となり、8ヶ月後の2017年に10月にオン・ブロードウェイとしてプレビュー公演が始まりました。

オフ・ブロードウェイ版「迷子の警察音楽隊」の受賞歴

この作品は、たった1ヶ月間のオフ・ブロードウェイ公演の中で、数々の賞を受賞しています。
2017年度オビー賞授賞式では、本作品の主演女優カトリーナ・レンク(Katrina Lenk)が劇中の楽曲「Omar Sharif」を披露し、力強いセクシーで繊細な歌声で観客を魅力した事でも話題になりました。

ドラマ・デスク賞
(Drama Desk Award)

4部門ノミネート、3部門受賞

毎年ニューヨークのブロードウェイ、オフ・ブロードウェイ、オフ・オフ・ブロードウェイの優秀な舞台作品や著名な役者、脚本家、デザイナーの他、新人劇作家に贈られる賞

オビー賞
(Off-Broadway Theater Awards)

2部門受賞

ニューヨークで上演されたオフ・ブロードウェイとオフ・オフ・ブロードウェイ作品を対象とする賞

ルシール・ローテル賞
(Lucille Lortel Awards)

2部門ノミネート、2部門受賞

オフ・ブロードウェイの作品を対象にした賞

シアター・ワールド賞
(Theatre World Award)

1部門受賞

ブロードウェイとオフ・ブロードウェイ作品に出演した俳優・女優を対象として贈られる賞

アウター・クリティクス・サークル賞
(Outer Critics Circle Awards)

5部門ノミネート、2部門受賞

オン・ブロードウェイとオフ・ブロードウェイで開幕した作品を対象に、同市近郊の新聞や雑誌といったメディアで活躍する批評家たちによって選出される演劇賞

The Band’s Visit が伝えたいメッセージ

ミュージカル「バンド ビジット:迷子の警察音楽隊 」の舞台の様子
日本人にとってあまり馴染みのない中東の物語ですが、中東内ではアラブ人とユダヤ人の争い事が日常茶飯事。しかし今作品では、90年代初期の和平進行中の両国を描いており、政治的な対立のない両者が心開き合っていく人間味のある作品となっています。
対立がないとはいえど、劇中では文化・宗教・言語によるすれ違いがしっかりと表現されており、家族・友達・恋人を愛する気持ち、音楽を楽しむ気持ちは、異なる人種・文化を通して世界共通であることを改めて感じさせてくれます。この作品では、お互いが自国の文化を尊重しつつ他文化に協調しようとする姿が、今の世界に足りないものであるかのように指摘しているように思います。

迷子の警察音楽隊(The Band’s Visit)|制作スタッフ

音楽・歌詞 David Yazbek
脚本 Itamar Moses
映画脚本 Eran Kolirin
監督 David Cromer
振付 Patrick McCollum
舞台デザイン Scott Pask
衣装デザイン Sarah Laux
照明デザイン Tyler Micoleau
音響デザイン Kai Harada
オーケストラ Jamshied Sharifi
音楽デザイン Andrea Grody
音楽監督者 Andrea Grody
     Dean Sharenow

バンド ビジット:迷子の警察音楽隊 (The Band’s Visit)の感想|口コミ情報

ミュージカル「バンド ビジット:迷子の警察音楽隊 」に関する皆様からのご感想を紹介しております。
ご帰国された後にでもご一筆を賜れますと幸いです。口コミのコメントはリアルタイムに反映されます。皆様からの評価、コメントをお待ちしております。

1
2
3
4
5
投稿する
     
キャンセル

口コミを投稿する ▶

ミュージカル「バンド ビジット:迷子の警察音楽隊 」の総合評価

平均評価:  
 23 件の口コミ

このミュージカルの口コミ

主演女優のオーラがやばい
前田 様からの口コミ

主演の女性の人のオーラがなんかすごかったです。楽器隊のメンバーの訛った英語が逆にききやすくて分かりやすかった。すごいシンプルな舞台だけど、なんか異国の地の文化感が出てて、何か雰囲気が好きでした。実際に全部、楽器を演奏してるんですよね。あればすごいと思いました。役者のオーディションとかも、そういう技量でやってるのでしょうか。

うーん
わかめ 様からの口コミ

なんかシュール過ぎて自分には難しかったです。結局、何を伝えたいミュージカルなのか、、、、うーん。

なんかほっこり
斉藤 様からの口コミ

なんかほっこりする物語で、しっとりしました。ミュージカルをいろいろ見た人が何か新しいミュージカルを見たいと思った時にはこの作品でしょうか。パリのアメリカ人とか、好きな人はハマるかと思います。舞台セットとかが非常にシンプルで、ブロードウェイ!っていう感じがあまりなかったのが少し残念ですが、作品が作品なので、仕方ないですね。

予習が必要
55 様からの口コミ

難しいといえば難しい。

英語がわからなければ内容を理解するのに時間がかかります。

予習や映画をみてから観劇することをオススメします。

王道ではない
ブロードウェイ 様からの口コミ

お勧めです。王道のミュージカルが見たい方にはあれですが、王道は違った雰囲気のミュージカルを見た方に是非お勧めです。

«
 
 
1
2
3
4
5
 
»