映画「ミセス・ダウト」の大ファンであるロブ・マクルーアがミュージカル版で主役を務める心境とは

原作映画「ミセス・ダウト」の大ファンである主役ロブ・マクルーアが舞台について語る

新作ミュージカル「ミセスダウト(Mrs. Doubtfire)」は3月9日より公演開始

あのスピルバーグに認められて「グーニーズ」や「グレムリン」などの脚本を手掛けたクリス・コロンバスが、初の舞台監督を務める事で注目を浴びている新作ミュージカル「ミセス・ダウト(Mrs. Doubtfire)」。いよいよ3月9日からスティーヴン・ソンドハイム劇場にてプレビュー公演が始まります。今回、1週間後に公演開始を控えた主役を演じるロブ・マクルーア(Rob McClure)のインタビュー動画が公開されたので、その様子をご紹介したいと思います。

ご存知の方も多いかと思いますが、1993年に公開された原作映画は、今はなき名俳優:ロビン・ウィリアムズ氏が女装して演じた事で話題となり、興行的にも大成功となりました。この映画の大ファンであると公言する舞台俳優:ロブ・マクルーアが、映画と舞台の違いや役を演じる心境について語ってくれました。このブロードウェイ公演が決定するまでの道のりは長く、トライアウト(地方公演)では演出内容を良く思わないLGBTQ団体から非難の声が上がるなど公演準備が難航しましたが、無事にブロードウェイの舞台で幕を上げれそうです。

大ヒットコメディ映画を題材にした新作ミュージカル「ミセス・ダウト:Mrs. Doubtfire」

ミセス・ダウト:Mrs. Doubtfire|作品について

1993年に公開されたアメリカのコメディ映画で、今日では故ロビン・ウィリアムズの代表作として知られる作品です。翌年のアカデミー賞ではアカデミーメイクアップ賞を受賞し、興行収入は約4億4000万ドル(当時の日本円:約55億円)を叩き出しました。離婚して子供たちに会えなくなった父親が家政婦に女装して家に侵入する、というなんともアメリカらしいコメディ作品ですが、実は親と子供の愛の形を描いた家族愛をテーマにしたヒューマンドラマでもあります。
作品についてもっと詳しく ▶︎

【動画】ミセスダウト:主役ロブ・マクルーアのインタビュー

チャップリン役でトニー賞にノミネートした実力派俳優:Rob McClure

主役ミセス・ダウト役を担当するロブ・マクルーア。2020年3月9日初公演にあたりインタビューに応じた。
今回インタビューに応じたのは、主役ミセス・ダウト役を担当するロブ・マクルーア(Rob McClure)。ロブは、主にアメリカ国内の舞台を中心に活躍する俳優で、これまでにブロードウェイでは「アベニュー Q」「チャップリン」「ハネムーン・イン・べガス」「サムシング・ロッテン!」「ビートルジュース」などのコメディ・ミュージカルに出演しています。中でも2013年に公開された「チャップリン(Chaplin)」では、チャップリン役を見事に演じきり、トニー賞でミュージカル主演男優賞にノミネートしています。プライベートでは、ニュージャージーで行われたミュージカル「グリース(2005年公開)」で共演したマギー・ラキ(Maggie Lakis)と2009年に結婚し、2歳になる娘を持つ父親です。

様々な「家族の形」や「愛し方」があることを教えてくれる作品

映画では、育児放棄をして愛想を尽かされた主人公が奥さんに離婚調停を申し立てられ、週に1度しか子供に会えない状況の打開策として、女装して家政婦として家に出入りして子供に会う、という物語になっています。今回の舞台では、特に子供たちに焦点が当てられており、両親の不仲による離婚から生まれる悩みや不安、そして恐れから抜け出して克服をするという姿が色濃く描かれています。

舞台版ミセス・ダウトの物語は、3人の子供たちが親の離婚を目の前にしながら苦悩を克服する姿が「芯」になっている、とロブ(写真右側)は語る。
ロブがこの映画を見た際に、離婚した両親をもつ友達に映画の感想を聞いてみると「不仲だった親が仲直りして、再婚せずにハッピーエンドを迎える映画にやっと出会えて嬉しい。」と答えたそうです。ロブ・マクルーアは離婚というものについて「離婚が意味することは、家族ではなくなる、親と子どもが愛し合っていない、大丈夫ではない、ということではありません。親と子どもの愛というものに距離や時間は関係ない。愛し方や家族の在り方は、100組あれば100通りの形があるんだ。」と語ります。
2003年公開のミュージカル「アベニューQ」でロッド役を演じた際の様子。2006年と2009年ブロードウェイ公演、2007年ナショナルツアーに出演した。
また、彼は役を演じる心境について、「ロビン・ウィリアムズ主演のオリジナル映画がどれだけ面白かったかを知っているからこそ、主役を演じることにプレッシャーがあるけれどそれと同時に奮い立たせてくれる。彼が映画で見せたパフォーマンスが目標かどうかではなく、自分が持っている声と表情でミセス・ダウトを演じきりたい。」と語りました。実際に2歳の娘を持つ父親でもある彼は、休日は娘を動物園やセントラルパークへ連れていき、一緒にサンドイッチを食べたりゆっくり過ごす事が好きなそうで、役者でありながら家族を想うお父さんでもある、という事がとても伝わってきました。

ミセス・ダウト:Mrs. Doubtfire|インタビュー動画の紹介

ミセス・ダウト 割引チケット絶賛発売中!

ミセス・ダウト(Mrs. Doubtfire)

家族愛を題材にしたコメディを見るならこれに決定!

30着もの衣装を全部女装で早着替えする、という俳優魂を見せる主役ロブ・マクルーアの演技と歌声に注目!原作映画はアカデミー賞やゴールデングローブ賞など、数々の賞を受賞した大ヒットコメディ映画なので、おもしろくないはずがありません!まさにこれから始まる出来たてほやほやの新作ミュージカルですが、あっとブロードウェイではなんと最安値$69/枚~からチケットを販売しています。是非このチャンスを見逃さないで!
Mrs. Doubtfire 詳細ページ ▶︎