NY在住の旅行会社が見たコロナ禍のニューヨーク最新情報(7月30日更新)

日本人が語るコロナウイルスのニューヨークへの影響(7月30日現在)

コロナの影響が残りながらも少しづつ活気が戻り始めたニューヨークの街中※7月20日撮影
新型コロナウイルスのNYへの影響は、都市封鎖(ロックダウン)が行われた頃に比べると徐々に落ち着き始めています。新規感染者数も7月末の現在で1日あたり100人以下まで下がり、早い段階で緊急事態宣言を発令したクオモ知事の政策は成功したと現地ニューヨーカー、並びにアメリカ国内でも評価されています。しかし、その一方で観光都市であるNYへのCOVID-19の影響はやはり大きく、失業率は10%を超え、閉店してしまったレストラン、ホテルなども数多くあります。NY州では段階的に経済活動を再開するガイドライン(フェーズ)を設けて、経済活動の再開も進めており、7月20日の段階で5段階中のフェーズ4に入りました。
日本でも繰り返し議論されているように、コロナ対策を取りつつ、経済をどこまで復活できるのか、試行錯誤の日々が続いています。

NYの現地旅行会社が語るコロナ禍のニューヨーク観光の今

8月6日から営業が再開されるトップ・オブ・ザ・ロック展望台から撮影したマンハッタン島
7月20日からNYの観光名所である「自由の女神」「エンパイアステートビルディング」が、一部制限を設けたまま、営業再開されました。また、「トップオブザロック」展望台も8月6日からオープンする事が発表されています。
マンハッタン島やブルックリン地区の飲食店も、コロナ対策を徹底した上で徐々に営業を再開しています。ソーシャルディスタンスの必要性から、屋外で飲食をする姿を街中ではよく見かけます。( ▶︎街中のレストランの様子
しかし、実際のところ、人件費や光熱費を考えると「開けるだけ赤字」という所が多いのも事実で、通常通りの営業という訳ではなく、営業時間を短くしたり、週に2日お休みを入れたりと様々な工夫をしてオープンしている店舗が多いようです。

また、一部店舗が閉店に追い込まれる中で、その跡地に同業種の新しい店舗がオープンし、街が生まれ変わっていく姿も見る事が出来ます。つい先日も閉業したアッパーウエスト地区の本屋さんの跡地にNY人気の古本屋「The Strand」の新店舗がオープンしました。(▶︎新オープンした「The Strand」のアッパーウエスト店 )

コロナ前の「世界一刺激的な街:ニューヨーク」にはまだ遠いですが、ゴーストタウンのようだった頃から、徐々に活気が戻っている姿は見ていて嬉しい気持ちになります。

ブロードウェイミュージカルは2021年1月4日から開幕予定

2021年1月4日から開幕するブロードウェイミュージカルの代表作「オペラ座の怪人」
街中の様々な観光施設が徐々にオープンを始めている中で、ブロードウェイミュージカルも2021年1月4日から再び幕が上がる事が発表されています。(2020年7月30日現在)前回の記事 でも述べましたが、観客と演者が同じ場所にいる「舞台」への影響は大きく、再開には新たなガイドラインの制定など、他の観光名所に比べて少し時間がかかります。
しかし、それでもブロードウェイにミュージカルが帰って来る事を考えるだけで胸が躍ります。今は、再開へのカウントダウンが進んでいることを思いながら、楽しみにその日をスタッフ一同待とうと思います。

黒人デモによるブロードウェイミュージカルへの影響と治安

運営会社「あっとニューヨーク」のオフィスビル屋上から撮影したマンハッタン島の8番街を行進する白人警官に対する抗議デモ隊の様子(6月19日11時撮影)
2020年5月に白人警官が拘束していた黒人男性を死亡させてしまった事に対する抗議デモは、ニューヨーク各地でも行われました。デモが一部暴徒化した6月の前半は、夜間の外出禁止令が発令されるなど治安が不安な時期もありました。しかし、7月に入り大規模なデモは少なくなり、7月22日には市庁舎の近くで最後まで抗議を続けていたグループも排除され、街には平和が戻っています。少し不謹慎になるかも知れませんが、NYの現地で日本からのお客様をお迎えている私達にとって、観光客がいないパンデミック下での今回の出来事は「不幸中の幸い」と言えるタイミングだったのかも知れません。
※画像はクリックすると拡大出来ます。

ワシントンスクエアパーク近くの「W Houston St」で行われていた黒人差別に対する抗議デモ(6月20日15時撮影)
セントラルパークの前にある一流ブランドが数多く入る人気観光スポット「タイムワーナーセンター」にも設置されたデモ対策の木製バリケード
ティファニー本店もあるNY5番街の「トランプタワー」の目の前に車道に大きく書かれた「Black Lives Matter」の文字

コロナ対策とニューヨーク観光の両立

マンハッタン島の7番外沿いにあるロバート・インディアナ(Robert Indiana)の「HOPE」
ユナイテッド空港が成田空港-NY(ニューアーク)空港の直行便を6月に再開してからも、海外旅行客が戻って来ることはありませんでした。日本の報道を見ると7月末に入り第二波が到来し、感染者数が増加、本来は海外観光客でNYが最も混み合うの夏の時期ですが、今年は今までとは全く違う夏となる事は間違いなさそうです。
しかし、先日、本サイトの運営旅行会社(あっとニューヨーク)で、10月のオプショナルツアーのご予約を頂きました。感染症対策を徹底した上で、世界一の街ニューヨークを心ゆくまで楽しんで貰えたらとスタッフ一同テンションが上がった次第です。

「With コロナ」と形容される新しい生活様式の中で、海外旅行がどのような形になっていくか、はっきりとした形は見えていませんが、ニューヨークという街が旅行者を魅了する限り、現地在住の旅行会社としてお客様のお手伝いを出来たらと今は考えています。

ニューヨークはそれでも世界一の観光都市

ニューヨークのブロードウェイミュージカル基本情報
新型コロナウイルスにより、今までの「当たり前」が無くなっていく中で、逆に「当たり前」で忘れていた大事な事に気が付く事があります。
我々スタッフがコロナ禍で気がついたのは、ニューヨークがそれでも世界一の観光都市である事でした。NYの観光スポットを挙げたら切りがありません。自由の女神、エンパイアステートビルディング、セントラルパーク、タイムズスクエア、メトロポリタン美術館。比較的新しい観光地である911メモリアル、ハイライン、ハドソンヤード、エッジ展望台、チェルシーマーケット、など全てが山手線一周程の広さしかない、この小さなマンハッタン島に集中しています。

また、本サイトで取り扱っているミュージカルの演目も挙げたら切りがありません。定番であるオペラ座の怪人シカゴウィキッドライオンキングアラジン。比較的新しい、ハミルトンヘイディズタウンミーン・ガールズハリーポッターと呪いの子。今話題のムーランルージュシックスティナ・ターナーウエストサイドストーリーなど、どの作品にもそれぞれの良さがあり、ニューヨークに来てくれたお客様にピッタリの演目を選ぶのがとても楽しみです。

世界中の観光客を魅了し続ける街:ニューヨーク
前回の記事でも述べたように、我々スタッフはこの街が日本人観光客を魅了する限り、現地にいる頼れる日本人旅行会社として、その手助けをしたいと考えています。いつ海外旅行に行けるのか、それぞれ考える日々が続いている思いますが、ニューヨークと思っている方は、ぜひ本サイトでミュージカルを調べて見てください。それぞれの演目の良さを日本人の観光客目線でわかりやすく紹介しています。
また、現地の様子が気になる方は、気軽に運営サイト「あっとニューヨーク」にお問い合わせ下さい。我々、現地日本人スタッフがご回答いたします。