New World Stages – Stage One(地図
上演時間:2時間30分(途中休憩1回あり)

料金:$130~$89~

ジャージー・ボーイズ(Jersey Boys)|基本情報

劇場:New World Stages 340 West 50th Street New York, NY 10019(地図
公演スケジュール 水~月(土・日は昼公演あり)
休演日:火
初公演日 2017年11月22日:プレビュー
年齢制限 4歳以上 ※子供料金設定なし

ジャージー・ボーイズ(Jersey Boys)|みどころ

トニー賞受賞大ヒットミュージカル作品「ジャージーボーイズ(Jersey Boys)」が、オフ・ブロードウェイとして戻ってきました。
1960年代世界的な人気を誇った伝説の米ポップス・グループ「ザ・フォー・シーズンズ(The Four Seasons)」の実話をもとにしたミュージカル作品です。

トニー賞受賞ロングラン作品の1つ

オン・ブロードウェイとして、2005年に初演した「ジャージーボーイズ(Jersey Boys)」は、同年の第60回トニー賞ミュージカル作品賞を含む4部門を受賞し、それから約11年もの間ブロードウェイで上演されたロングラン作品の1つです。
また、米国に限らず世界中で公演をしており、今までに2度の全米ツアーを行なった他、カナダのトロント、メルボルンを含むオーストラリア各地、シンガポール、南アフリカ、オランダに加え、ロンドンのウエスト・エンドでは約9年に渡り上演をしました。日本では、2016年に東京で初演を迎え、2018年9月に再公演が決定しています。

約11年間公演されたオン・ブロードウェイ「ジャージーボーイズ」では、絶大なる人気から、舞台となるポップス・グループ「ザ・フォー・シーズンズ(The Four Seasons)」の熱狂的なファン、メディアから多くの注目を浴びました。ニューヨーク・タイムズ紙には、“everything that had led up to that curtain call feels as real and vivid as the sting of your hands clapping together.(カーテンコールまでの全ての時間は、その場に本物のザ・フォーシーズンズがいるかのようなリアルさだった。そしてその輝きは拍手で手が痛くなるほどであった)”と記すほど、多くの人を虜にしたミュージカル作品です。

世界が愛した4人のロック・バンド「ザ・フォーシーズンズ」

伝説のロック・バンド「ザ・フォーシーズンズ」
物語の舞台となる「ザ・フォーシーズンズ(The Four Seasons)」は、1960年代後半のアメリカ合衆国において、絶大な人気を誇り、世界規模で成功したロックおよびポップス・バンドです。
彼らの代表作である「Sherry」「Big Girl Don’t Cry」「Walk Like A Men」は、世界で約1億枚以上を売上げを達成し、3曲連続で全米1位を獲得するなど、彼らと同様に人気のあったビートルズと共に、この時代の音楽を引っ張っていました。
20世紀のアメリカを代表する世界的人気絶頂を極めた伝説のポップグループ「ザ・フォーシーズンズ」の名曲を舞台「ジャージー・ボーイズ」でお楽しみいただけます。

オフ・ブロードウェイ版・ジャージー・ボーイズ

オフ・ブロードウェイ版のジャージー・ボーイズ
再公演となるオフ・ブロードウェイ「ジャージー・ボーイズ」は、新しいキャストメンバーによる公演となります。
主役フランキー・ヴァリ演じるのは、全米ツアーラスベガス公演にて主役を演じたアーロン・デ・ジーサス(Aaron De Jesus)。トミー・デビート役には、ブロードウェイ最終日に演じたことのあるニコラス・ドロマード(Nicolas Dromard)が登場します。
新しいジャージー・ボーイズが魅せる演技・歌声に期待が高まります。今も愛される懐かしい音楽と、家族愛、友情のメッセージが込められた今作品を、どうぞお楽しみください。

ジャージー・ボーイズ(Jersey Boys)|ストーリーあらすじ

ニュージャージー州生まれの貧しい町で育ったフランキー・ヴァリ(アーロン・デ・ジーサス)は、歌が上手と有名で、貧しい生活から抜け出すために歌手を目指していました。
ある日、友人であるトミー・デビート(ニコラス・ドロマード)に誘われ、青年4人グループのバンドを結成します。
しかし、実力があっても歌手として成功できるほど甘くないニューヨークでは、下積みの生活は10年近く続きます。

せっぱ詰まった状況の中、フランキー率いる4人組のグループは、グループ名を「ザ・フォー・シーズンズ」と改めます。
そして黒人音楽の名門レーベルから、再デビューを飾り見事にスター街道を突っ走ることになるのです。

コネも金もない彼らだが、天性の歌声と曲作りの才能、そして素晴らしいチームワークが生んだ最高のハーモニーは、瞬く間にトップスターの座に就くのだが…。

ジャージー・ボーイズ(Jersey Boys)|動画紹介

ジャージー・ボーイズ(Jersey Boys)|座席表

New World Stages の座席表

ニュー・ワールド・ステージ劇場の座席表

ジャージー・ボーイズ(Jersey Boys)|制作スタッフ

音楽 Bob Gaudio
歌詞 Bob Crewe
台本 Marshall Brickman
Rick Elice
監督 Des McAnuff
振付 Sergio Trujillo
舞台デザイン Klara Zieglerova
照明デザイン Howell Binkley
衣装デザイン Jess Goldstein
オーケストラ Larry Hochman
音響デザイン Steven Canyon Kennedy

ジャージー・ボーイズ(Jersey Boys)の感想|口コミ情報

  1. みりこ
    |

    成功にまっしぐらに向かう4人の姿は非常に活気が溢れていて楽しかったです。
    以前から見たいと思っていましたが、そう思ったときには公演終了。。
    オフ・ブロードウェイとして戻ってきたときいて非常に嬉しかったです。

    もう一度見たくなるそんなミュージカルでした。

    4
  2. MATSURA
    |

    先日こちらでバウチャーチケットを購入させていただきました松浦です。
    以前オン・ブロードウェイをニューヨークでみたことあって、またみたいな~と思っていたので、オフ・ブロードウェイとして登場すると聞いて嬉しかったです。見に行くのが楽しみです!!

    3
  3. rikemama
    |

    2009年3月に観ました。フォーシーズンズの懐かしい曲に周りのアメリカ人がノリノリでした。
    洋楽が好きな方にお勧めのミュージカルです。
    トニー賞を受賞した時のオリジナルキャストと変わっていましたが、
    フランキー・バレー役のジャレッド・スペクターは子役で舞台TVで活躍してきた超実力派です。

    フォーシーズンズ・オリジナル曲より少しアップテンポの
    ジャジー・ボーイズのフォーシーズン曲のほうが好みです。
    歌が流れる度にリズムをとりたくなる楽しいミュージカルです

    3
  4. Mary
    |

    ちょっと経ちましたが、わたしはゴールデンウィークに見に行きました。
    こちらでリザーブできたのが
    このミュージカルであまり期待せずに行きましたが、予想以上の物でした。

    ドリーミングガールズならぬドリーミングボーイズと言ったところですが、 なにしろ無条件に楽しめます。
    周りの観客は年配ですが皆さん若返っていました。

    ニューヨーク在住のアメリカ人にジャージーボーイズを見たことを話したら、
    とても羨ましい様子でチケットを手に入れるのに半年待ちと言っていました。

    4

口コミ情報をお寄せください