トニー賞は、その年の優れたブロードウェイのプロダクション(作品)や俳優、制作者に送られる演劇界で最も栄誉のある賞です。映画のアカデミー賞、音楽のグラミー賞、テレビのエミー賞と並び、アメリカのエンターテイメント業界の中で最も重要な賞の一つです。

歴代受賞作品と受賞者

あっとブロードウェイでは、1949年から現在に至るまでの歴代受賞作品と受賞者、その年のノミネート作品、人物など全てを記載しています。

第72回

2018年
The Band’s Visit
詳細はコチラ ▶︎

第71回

2017年
Dear Evan Hansen
詳細はコチラ ▶︎

第70回

2016年
ハミルトン,hamilton
詳細はコチラ ▶︎

第69回

2015年
fun home
詳細はコチラ ▶︎

もっと見る ▶︎

トニー賞の名前の由来

実はトニー賞は正式にはThe Antoinette Perry Award for Excellence in Theatreといいます。
The American Theatre Wingの創設者の一人である、Antoinette Perry(アントワネット・ペリー)の名前に由来しており、彼女の愛称であるTonyを使い、トニー賞と呼ばれています。

対象作品

一般的にThe Broadway Leagueが「ブロードウェイ劇場」として定めている約40の劇場で、定められた期間内にオープニングナイト(開演日)を迎えた作品が、その年の対象作品に該当します。例えば2016年のトニー賞の対象作品は、2015年4月29日から2016年4月26日までにオープニングナイトを迎えた作品が対象となりました。
トニー賞の委員会が各作品がノミネート対象の基準を満たしているかなどを話し合った上で、最終的な対象作品が決定します。

トニー賞の発表時期

トニー賞授賞式は1947年から続く伝統的な式典で、通常は5月にノミネートの発表(ブロードウェイ専門サイト「PLAYBILL」にてリアルタイム発表)があり、6月に授賞式が開催されます。
授賞式の前の週には、関係者やノミネート者が募ってカクテルパーティーに参加します。
この結果は興行に大きく影響し、トニー賞を受賞した作品はチケットが入手しづらくなったりする一方、何も受賞ができなかった作品はトニー賞授賞式発表後に閉幕に追い込まれることもしばしば起こります。

トニー賞の投票者

トニー賞ができた1947年当時は、The American Theatre Wingの取締役のみ投票権を持っていましたが、現在は846人にまで投票者が増えています。投票者には、Actors’ Equity Association(俳優労働組合)、the Stage Directors and Choreographers Society(演出家と振付家のための団体)、United Scenic Artist(舞台デザイン家の労働組合)などの制作に関わる団体の代表者や、プレスエージェントやマナージャーの団体、そしてブロードウェイ作品のプロデューサーなどが含まれています。
トニー賞受賞というお墨付きが付くとプロモーションが有利になったり、観光客への良い宣伝になったりするため、投票権を持つプロデューサーがビジネスとして儲かるかどうかに重視して投票しており、芸術性が正当に評価されていないという批判も最近ではよくされています。

トニー賞の司会者

司会者によるスペシャルパフォーマンス(前座)が毎年の恒例となっているトニー賞では、毎年司会者に誰が選ばれるか話題になります。トニー賞授賞式の司会者に選ばれるには、タレント歴(俳優・女優・司会者)や脚本家や映画監督、プロデューサーとしても経験豊富、かつ観客を楽しませる笑いのセンスが必要となります。トニー賞授賞式の司会者に選ばれるだけでもかなりの栄誉で、その人のキャリアに大きく繋がると言われています。

日本での放送はWOWWOW

日本では有料放送局「WOWOW」が、2014年の放送からトニー賞授賞式の模様を独占生中継しています。2013年まではNHK BSプレミアムで後日日本語字幕付で放送しておりましたが、現在はWOWOWのみ同日通訳と字幕でトニー賞授賞式を放送しています。

2017年第71回トニー賞授賞式では、番組案内役の宮本亜門さん・八嶋智人さん、スペシャルサポーターの井上芳雄さんとともにスペシャルゲストとして坂本昌行さんが出演しました。実際に坂本昌行はNYに訪れ、ブロードウェイにて今年のトニー賞で注目を浴びている最新のミュージカルを観劇し、レポートされていました。その模様は、トニー賞授賞式の事前番組『トニー賞がやってくる!#2』『坂本昌行 ブロードウェイ・リポート トニー賞直前SP in NY』で無料放送されました。
6月12日(日本時間)の授賞式当日には、トニー賞授賞式の様子を生中継、そして同時通訳で放送。まるで授賞式にいるような体験をすることができます。当日放送を見逃した方には、字幕版にて授賞式の再放送をご覧いただけます。

トニー賞の種類・部門

現在のトニー賞のカテゴリーは、基本的にPlay(演劇)とMusical(ミュージカル)に分かれて、以下の24部門と、特別賞(年によって変更する場合あり)から構成されています。演劇は、役者がセリフのみで舞台を演じることを指し、それに対してミュージカルは、役者が舞台の上で歌とダンスを繰り広げながら演技をすることを指します。
また、これらのカテゴリーは改編されることもあり、近年だと2014年に音響デザインに対する部門、Best Sound Design of a PlayとBest Sound Design of a Musicalがカテゴリーから削除されました。

Best Play

演劇作品賞:総合的にてみて最も優秀な演劇作品が対象

Best Musical

ミュージカル作品賞:総合的にてみて最も優秀なミュージカル作品が対象

Best Revival of a Play

演劇リバイバル賞:過去にブロードウェイにて公演されたことがある演劇作品の再演が対象

Best Revival of a Musical

ミュージカルリバイバル賞:過去にブロードウェイにて公演されたことがあるミュージカル作品の再演が対象

Best Performance by an Actor in a Leading Role in a Play

演劇主演男優賞:演劇作品において主演を務めた男優が対象

Best Performance by an Actress in a Leading Role in a Play

演劇主演女優賞:演劇作品において主演を務めた女優が対象

Best Performance by an Actor in a Leading Role in a Musical

ミュージカル主演男優賞:ミュージカル作品において主演を務めた男優が対象

Best Performance by an Actress in a Leading Role in a Musical

ミュージカル主演女優賞:ミュージカル作品において主演を務めた女優が対象

Best Performance by an Actor in a Featured Role in a Play

演劇助演男優賞:演劇作品において助演を務めた男優が対象

Best Performance by an Actress in a Featured Role in a Play

演劇助演女優賞:演劇作品において助演を務めた女優が対象

Best Performance by an Actor in a Featured Role in a Musical

ミュージカル助演男優賞:ミュージカル作品において助演を務めた男優が対象

Best Performance by an Actress in a Featured Role in a Musical

ミュージカル助演女優賞:ミュージカル作品において助演を務めた女優が対象

Best Book of a Musical

ミュージカル脚本賞:ミュージカル作品において最も優れた脚本家が対象

Best Original Score

オリジナル楽曲賞(ミュージカル作品、演劇作品ともに対象):初演の作品で作成された楽曲が対象

Best Direction of a Play

演劇演出賞:演劇作品において最も優れた演出家が対象

Best Direction of a Musical

ミュージカル演出賞:ミュージカル作品において最も優れた演出家が対象

Best Scenic Design of a Play

演劇装置デザイン賞:演劇作品において、劇の舞台装置、衣装、演出家の意向を汲んで制作する指揮家が対象

Best Scenic Design of a Musical

ミュージカル装置デザイン賞:ミュージカル作品において、劇の舞台装置、衣装、演出家の意向を汲んで制作する指揮家が対象

Best Costume Design of a Play

演劇衣装デザイン賞:演劇作品において最も優れた衣装担当が対象

Best Costume Design of a Musical

ミュージカル衣装デザイン賞:ミュージカル作品において最も優れた衣装担当が対象

Best Lighting Design of a Play

演劇照明デザイン賞:演劇作品において最も優れた照明担当が対象

Best Lighting Design of a Musical

ミュージカル照明デザイン賞:ミュージカル作品において最も優れた照明担当が対象

Best Choreography

振付賞(ミュージカル作品、演劇作品ともに対象):作品の振付担当が対象

Best Orchestrations

編曲賞(ミュージカル作品、演劇作品ともに対象): 優れた編曲作品が対象

【特別賞】Regional Theatre Tony Award

地方劇場トニー賞:NY市以外にある地方劇場の功績を称える賞

【特別賞】Special Tony Awards

スペシャルトニー賞:シアターへの偉大な功績を称える賞

【特別賞】Special Tony Award for Lifetime Achievement in the Theatre

個人の功績の功績を称える賞

【特別賞】The Isabelle Stevenson Tony Award

ボランティア活動に敬意を表す賞

【特別賞】Tony Honors for Excellence in the Theatre

上記のカテゴリーに当てはまらない個人または団体の功績を称える賞)